堀井計プロフィールページ

2006年08月31日

元気が出る絵

8月30日

家の玄関には絵がおいてあります。


横尾忠則画伯のイラスト。


昔、京都のとある社長が発注されたもののリトグラフですが、直筆のサイン

入りです。

            P1000070.JPG


因みにこの絵のテーマは「元気」。


鶴、エンゼル、仏さまなどオメデタイ代名詞に、



「貧乏神封印仕候」「絶好調」「一番企画」「仕事盛」など



キャンバス中に元気が出そうなモノや文字が散りばめられて意味不明。


不思議な絵なんですが、当時横尾氏が「世直しのため、元気を与えるため」


に製作されたと聞いて、購入しました。



今日はなぜか、朝出かけるとき、この絵が目に留まりました。


メッセージが心に響くとき、ヒトは逆の状態におかれていることが多いよう


です。


元気がないから元気という文字に反応してしまう・・・


企業理念でもそうですが、目標として掲げるものはできていないから目指す


場合が多いですものね。


「顧客第一主義」「世のためヒトのため」など、敢えてアピールしなくても


淡々と、目立たずに実践されているヒトこそホンモノなのかもしれません。



これって、ひょっとして心の夏バテ?


明日は営業メンバーの合宿です。


まだまだホンモノには程遠い未完成経営者は、そんなことを考えながらも


アピールするための提案書をシコシコ作成するのであった・・・
posted by 堀井計 at 00:25| 京都 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月27日

贅沢な土曜日

8月26日


土曜日の過ごし方。


出社スタッフと長めの昼食。


平日バタバタしてできない話を結構じっくりと。


この時間気に入ってます。


夕方には相続の相談でお客さまが来社。


ヒトの悩みに貧富は関係ありませんね。



で、今日は早めに切り上げて温泉に行きました。


といっても、近所のスーパー銭湯ですがいい気分(温泉)



少しぬるいめの露天風呂でぼーっとしていると・・・

     2002_0117aa.jpg      



銭湯には色んなヒトがいますね目


子連れのお父さんにお年寄り。

太ったヒト、痩せたヒト。

禿げたヒト、毛むくじゃらのヒト。

みーんな裸です。(当たり前・・)

愉しそうに談笑するヒト、気持ちよさげに居眠りするヒト、

サウナで顔を真っ赤にしてるヒトちっ(怒った顔)、ヒト、ヒト。



裸のヒトタチは結構みんな幸せそうです。


裸なら、誰が金持ちとか、どんな仕事してるとか、どんな地位とか、どんな


悩みがあるのかなんてわかりません。



銭湯が気持ちいいのは、みんな裸になることで、社会のしがらみやヒトの評



価から解放され、ヒトには優劣なんかなくて、ただ個性があるだけなんだと



いうことが実感できるからなのかもしれません。




仕上げは足ツボマッサージ。


イタタタ気持ちイイ〜もうやだ〜(悲しい顔)


スーパー銭湯にはまりそう・・・
posted by 堀井計 at 01:10| 京都 ☁| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月24日

朝から大盛況の●●コーナー!

8月24日


昨日は東京に14時半入り。


それから立て続けに3件の面談で終了が23時。


そして今朝、京都に戻るための8時前の品川駅。


よく利用する駅ですが、ふと見ると、



おぉぉ、こんなところにモバイルコーナーぐぁぁ!



いつの間にか新幹線の構内スペースに無線LANが利用できるコーナーがで


きているではありませんか。


それが朝から利用できるスペースが無いほどの盛況です。

          P1000068.JPG



結構年配の方もパシパシとPCを操られてます。


モバイルはビジネスパーソンにとっての必需品ですね。


ITのインフラが整い、リアルタイムな情報の送受信が


可能となり、どこでもインタラクティブなコミュニケーションが文字情報に


とどまらず、音や映像でもできる今、オフィスやデスクは不要なのかも


しれません。


でも、オフィスに戻って、仲間の顔や声をきくと、


なぜか元気がでるんですよねぇ〜
晴れ



やっぱ古い世代の人間なんですかねぇ・・・

             


posted by 堀井計 at 19:21| 京都 ☀| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月23日

著名ジャーナリストと会食

8月22日


近未来ベンチャーフォーラムという、ベンチャー企業の交流会に参加。


本日のゲストは、サンデープロジェクトでお馴染みの


高野孟さん。

          P1000059.JPG

 都合一時間ほど、ざっくばらんに飲みながらお話しをさせていただきました。


流石に政治から経済はもちろんのこと、これからのビジネスモデルについて

など多岐にわたるジャンルに明るく、普段テレビでは聴けないような裏話も

含めて、貴重な情報をいただきました。


また、参加メンバーも、全国からユニークなビジネスモデルの経営者たちが

集い、あちらこちらで、その若き経営者たちが、熱くプレゼンする光景は、

私も大いに刺激をいただきました。


一番の収穫は、高野さんが代表を務める「ざ・こもんず」という組織が、当

社のコンセプトやビジネスモデルに共感していただき、全面的にバックアッ

プしていただくことを約束していただけたこと。



「ざ こもんず」(村の共有地という意味)という組織は、社会に影響を与

える著名ジャーナリストたちが参画、日本経済を支える中小企業をさらに活

性化させることを目的とし結成されました。メンバーにはあの田原総一朗さ

んや現参議員議員の蓮舫(れんほう)さんらもいます。


その方々が、ウェブ戦略に活用できるビジネスモデル特許を取得、その仕組

みを活かして応援していこうというものです。


当社の、

「異能プランナーを介して、ヒトや企業に安心を提供し、成長を促し、自己

実現に導くトータルライフサポート企業を目指す」


というコンセプトとのシナジーがはかれそうです。


因みに、高野さんの座右の銘は、


「以天下之眼視、以天下之耳聴」


何事も、偏らず天から俯瞰的に眼を凝らして良く視、耳を凝らして良く聴くこと。


ジャーナリストとしての崇高な理念、感動しましたもうやだ〜(悲しい顔)
posted by 堀井計 at 10:50| 京都 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月20日

学び、産みだす。だから産学協同。

8月18日


今日はコミュニケーションに関する産学協同研究会。

「コミュニケーション」という分野を真剣に考察し、ビジネスとして、また社会人として、どんな役に立てるのか、を研究するとともに、新しいスキルやプログラムを開発することが目的です。


メンバーは関西外大助教授、言語学者であり、心理学者の上地先生。

NLP(神経言語プログラム)界の重鎮N先生。

そして、当社3名。

          P1000029.JPG 

   
上地教授が研究者の立場から過去〜現在における様々な心理学のメソッドを披露。
(そのヒト固有のコミュニケーションのクセを会話中に分析し、そのヒト固有の価値観に合わせた心地よいコミュニケーションを展開、終わった後でそれを解説するという離れ技を実践してくれます。ス・ゴ・イです)


N先生もNLPトレーナーとして、セラピストやコーチへのトレーニングを数多くされた経験談を。
(心理学からボディワーク、四柱推命からスピリチュアルなジャンルまで、その領域の幅は身体と同じくらい広かったです)


そして、我々は体験に基づいたビジネスシーンや営業研修の場における実践的スキルを。



それにしてもコミュニケーションって奥が深いですね。


「皆さん、ネコをイメージしてください・・・どんなネコですか猫?」

と、上地教授。


「シロとクロのしま柄のトラ猫をイメージしました」

「僕はクロネコ。」

「私はシャムを・・」

「俺は三毛猫でしたね。」


同じネコをイメージしても、4人4様です。


コミュニケーションの本質はまず相手を理解し、信頼関係を構築すること。(ラポール)


「相手のネコを理解し、こちらのネコを理解してもらって初めて、信頼の架け橋が出来上がります。これがコミュニケーションの入口です。」


なるほどなるほど・・・

(みんな自分のイメージするネコが正しいと決めつめて、話を進めていませんか?)


「説得力がある、ロジカルな正論で押し切る話法や、相手を屈服させる話し方で営業実績を上げたり、会社で評価されるビジネスパーソンも少なからず存在しますが、そのスタイルは決してWIN:WINとはいえないのではないでしょうか?」


ふむふむ・・・

(正義を主張し続けるアメリカは、常にテロの脅威から逃れられません)


知と知が触れ合い、理論と実践が交錯し、知識と経験が融合されながら、新しい何かが産みだされていきます。


これぞまさに、学びから産みだす産学共同開発。


人材採用、育成に携わるビジネスパーソンや自己実現をサポートするコーチやセラピスト、カウンセラーらを対象に、センセーショナルなプログラムが日本で産まれようとしています。


「愉しむ。学ぶ。発揮する。
(ENJOYMENT・LEARNING・PERFORMANCE)




このビジネスパーソンにおけるゴールデントライアングル(黄金の三角形)


をバランスよく、大きく育てていくことがホロスプランニングの目指す教育


の三原則です。
posted by 堀井計 at 01:36| 京都 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月16日

大ブレイク直前の芸人とは?

8月16日

ここ京都では、丁度今しがた大文字に火が灯りました。


これで迷わずご先祖さまたちも、あの世に戻られることでしょう。


今日は、流石に世間ではお盆休みのせいか、人の出入りも少なく、落ち着いて仕事ができました。

そんな中、久々に友人(といっても十数歳年下ですが・・)の落語家、桂春菜君が尋ねてきました。

            P1000026.JPG
          http://www.katsura-haruna.com/ 
              

関西では、知る人ぞ知る、超売れっ子落語家だった桂春蝶さん(故人)の息子さんです。
         syuncyo.jpg
         やっぱ似てますね・・


彼とは、出会ってから10年近くになります。
当時から桂春団治一門の若手落語家として、水面下で わーい(嬉しい顔)活躍しており、私がスポンサーをしていたラジオ番組のゲストとして出演してもらったのが付き合いの始まりです。




その時から、私は彼を落語の師匠とし、彼は私を人生の?師匠とし、
住んでる世界は違えど、なんとなくお互いに認め合う関係が続いています。


そういえば、私が独立して間もない頃、スマコロジーと称して(スマイル+


サイコロジーの造語)、落語と心理学をコラボしたセミナーを企画し、結構


人気を博したこともありました。

http://www.katsura-haruna.com/work/smcology.html



いつも会ったときには、



「仕事の調子どう?ブレイクしそうか?収入は上がってる?」



と問いかけます。


すると、今日はなんと、



「お陰様で、専属のマネージャーがついてくれるようになりました。

プロダクションの落語家の中では、鶴○師匠と僕だけです。」



「へぇ〜、すごいやん。」



と、僕。松○芸能の期待度が伺えます。



「収入も年々、着実に増えてます。」



「ほぉ〜、いいねぇ〜。やっぱり腕があがってきたんやな。」



「いや〜、それが全然実感ないんですね〜。」



「ほな、なんでや?」



「それが思い当たることと言えば、あれしかないんですよね・・・」



「あれってなんやねん?」
続きを読む
posted by 堀井計 at 21:31| 京都 ☁| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月15日

参る・詣る・まいる。

8月14日


昨日は、お墓参りに出かけました。


が、なんと霊園の手前で大渋滞。このままでは3時を超えてしまいそうなので、諦めて引き返しました。

(3時以降のお墓参りは禁止です・・日が暮れだすと邪気がうごめきだします。

う〜ん、オカルトモバQ


ご先祖さまごめんなさいふらふら


家のご仏壇でしっかり般若心経を唱えました。


明日は靖国神社に小泉首相が参拝するかどうかで大騒動。


神社(神様)もお墓(ご先祖さま)もシンプルに、



「お陰様でありがとうございます。」


と、感謝しに行くトコロだと思えば問題なんか起こらないように思うのです


が、世の中は複雑ですね。


「対人」関係も「対神」関係も、良くなる秘訣は感謝のココロ。


これ、「タイ人」のような私が保証しますわーい(嬉しい顔)

(因みに神様にも仏様にもお願い事をしないほうがいいようです。感謝の

み。また、人で一杯の神社などは、神頼みの想念が飛び交っており、パワー

(浄化作用)のない神社に行くと、その想念をもらってしまいかねないので

気をつけましょう。人の気は電波と同じ。無意識にチューニングしてしまう

場合が往々にしてあります。特に自分がネガティブなときはネガティブな感

情を拾いがちですので要注意。お詣りは、なるべく空いてるときのほうがよ

さそうです。

う〜ん、さらにオカルトドコモ提供



ところで、神社といえば、私のルーツは三重県伊賀の神戸神社(神の戸と書い


てカンベ)にあるらしく、(残念ながらタイではなく・・)今でも親戚が神


主をしています。


小さい頃は夏休みには必ず、その田舎に行って、虫取りや魚つりをするのを


愉しみにしてました。


最近はご無沙汰していたのですが、去年伊勢神宮に行ったときにホームペー


ジで検索したところ、実は由緒正しい神社で、元伊勢(伊勢神宮より先に天


照大神が祀られていた)と称されており、更にはヒーリングスポットとして


も定評があるとのことでした。


確かに子供心にも、その境内は霊験あらたかな雰囲気に包まれていたことを


覚えています。


今年は久々に取材を兼ねて?お参りに行ってみようと思います。


皆さんにもお勧めのスピリチュアルスポットですよ!
(因みに、私は怪しい特定の宗教に入信しているわけではありませんので、

あしからず・・)

            kanbej.jpg
           神戸神社

            








posted by 堀井計 at 00:48| 京都 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月12日

君はもう見たか!浴衣姿のカーネルサンダースを・・

8月12日


お盆休み初日。(一般的には)

少し遅めに会社に向かう。

気持ち道が空いているような気が。


いつも通勤途上にそびえ立つ東寺の五重塔を信号待ちでパチリカメラ

    P1000006.JPG      

何気なく通り過ぎる、この五重塔、実は日本最高の57m。


近くで見るとかなりの迫力です。


この伝統的木造建築は地震に強いことで知られていますが、それにしても

1,000年以上昔(現在の東寺は徳川家光により再建)の日本の大工さんの技術

力は凄いですよね。


この大賢人たちの知恵は、建物の揺れの効用を認め、その揺れによって地震

力を吸収させる「柔構造」というそうです。


そして、柔構造は、日本はもちろん世界の超高層建築に採用されており、最

先端の建築技術に生かされています。


「柔らかいほうが強いむかっ(怒り)


どうやら建物にも人間にも当てはまりそうですね。



てなことを思いつつ、信号が青に変わりしばらく走っていると、



な、なんじゃあれは〜目

続きを読む
posted by 堀井計 at 19:13| 京都 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月11日

壮絶!プロ対プロの異種格闘技戦

8月10日


あ〜かコーナー、システムエンジニア〜、ネ〜クストワ〜ン〜!


あ〜おコーナー、購買エ〜ジェントゥ、ホ〜ロスプランナ〜!


さぁ、いよいよ本日のメインイベント、顧客管理システム「CSB2.0」の開


発プロジェクト会議のゴングが鳴りました!


システム開発のプロとコンサルティングセールスのプロとのガチンコ対決

パンチですっ。





勝敗を度外視した、顧客満足を最大化するための現場の想いと技術がぶつ


かります!」



と、いうことで本日は現在稼働中の当社の顧客管理システムCSB(カスタ


マー・サティスファクション・バックアップシステム)
のヴァージョンアッ


プのために、開発をお願いしているネクストワンさんの社長初め、SEの


方々と、当社スタッフ、そして1000件ものお客さまの契約を保全しながら、


営業展開を繰り広げる、強者プランナー有志数名を招き、とってもエキサイ


ティングな開発会議を行ったのでした。


結果は、予想通り領域の異なるプロの知と知が交錯し、化学反応を誘発、


「これなら使うで!」


というプランナーさんたちの声が飛び交い、かなりグッドな使用イメージが


出来上がりましたひらめき


やはり現場感覚を大事にすることが大切だと再認識させられた大変有意義な


会議でした。


これは11月リリースが愉しみですわーい(嬉しい顔)


ネクスト.jpg                    
対決後の懇親会の模様
posted by 堀井計 at 21:00| 京都 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月09日

あのスピリチュアルカウンセラーと面談

8月8日


東京日帰りトンボ帰り出張でした。


これからジョインする妹尾社長との商談に合わせて、今人気急上昇のスピリ


チュアルカウンセラー暁玲華さん
とお話する機会をいただきました。

           

スピリチュアルな世界には結構うるさい私としては、今回のご縁をすごく愉


しみにしておりました。


開口一番、なんでも私は直感力があるそうです・・・


暁さんは噂通りの美貌と相まって、かもし出される雰囲気と、いただくコメ


ントは、やはりタダモノではありませんでした。

           P1000003.JPG
         http://www.akatsukireika.com/


占いもかなりされるそうなんですが、会った時点でチューニングすれば、瞬


間になんでもわかってしまうとか。また、見える能力と祓う能力はベツモノ


で、祓うことも以前はされていたそうなんですが、今は体力を相当消耗され


るということで、基本的にはされていないということでした。


「知らないことを知る」という好奇心旺盛な私としては、暁さんのお話しを


時間も忘れて聞き入るばかりでした。


最後に私へのスピリチュアルメッセージとして、


「新しいこと、面白いことに周期的にチャレンジするといいですよ!」


と、いただきました。


今まさに当社が推進しようとしていることではありませんか。


暁玲華さん、ポスト江原啓之として、これからメディアにどんどん出て行か


れることでしょう。


これ、私の直感ですひらめき


          P1000005.JPG
           週刊女性自身最新号です

因みに、掲載の女性自身とオニキスの玲華パワー注入パワーストーンまでいただきま


した!


う〜ん、ついてるついてる! 
posted by 堀井計 at 00:28| 京都 ☁| Comment(1) | TrackBack(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月06日

消費行動の仮説「AISAS」を体感

8月6日


今日、念願のデジカメを買いました手(チョキ)

       DSC00645.jpg  
        パナソニック LumixFX01  


今までブログに使ってたのは実は借り物でしたふらふら


で、ここでマーケティングにおける消費行動の話しを。


一般的にマーケティングの世界で言われている消費行動の仮説、

「AIDMA」の法則。

A(Attention)―注意
I(Interest) ―興味、関心
D(Desire) ―欲求
M(Memory) ―記憶
A(Action) ―行動

 細かく見ると、例えばダイエット食品(商品)を知らない消費者に呼びか

け注意(Attention)を引き知ってもらい、その商品に興味をもてば感心

(Interest)の段階へ進み、良いなとか使ってみたいなと思えば欲求

(Desire)の段階へ進み、そのときの欲求が強ければ強い程に記憶

(Memory)され、後日買い物に行った時やインターネットでその商品を見つ

けた時に記憶が甦らされ、その商品を買えば最後に行動(Action)に移った

ということになる。このようなプロセスを段階に別け、その段階ごとに段階

に合ったマーケティング戦略を考えるモデルです。


これに対して、最近マーケティングの世界、特にNetの世界で真しやかに

囁かれているのが「AISASの法則」なるものです。

これは、

A(Attention) ―注意
I(Interest) ―興味・関心
S(Search) ―検索
A(Action) ―行動
S(Share) ―情報共有


違いは興味、関心を持ったらPCで検索し(Search)、行動(購入)

し、その後にブログや口コミサイトで、その情報を開示する(Shar

e)、という部分です。

これが最近のネットエイジの典型的購入プロセスということです。

私の今回のデジカメの場合に照らしますと、ブログでの必要性から購入を決

心し、Netで検索しました。そして、スペックや価格、用途に適している

か、購入条件などを入念に調べたうえで、ある程度商品を絞り込み、で、そ

のままNetで購入には到るかというと、そうではなく、私は量販店に出か

けました。

目的は実物商品の確認と価格交渉(ひょっとして関西人だけ?)です。

1店目の価格交渉は玉砕。Netの方が2割は安い。2店目は、Netで最も安

い店には及びませんでしたが、カード決済可でポイントも付けてもらい、か

なり近い価格で購入できました。

もちろん店員さんの商品説明や実物を見て、触って確認した上での納得感も

ありました。

そして、今ブログで情報共有しようとしています。


つまり、私の場合、AISASではなく、AISAAS。

行動(Action)の前に納得(Agree)が入りました。

この納得という作業は恐らく固有の価値観に基づくものではないでしょう

か?例えば、私の場合、実物を見て(視覚)、触れて(触角)、写真やスペ

ックではわかりづらい部分、重さやシャッター感覚を確認し、納得しまし

た。(価格や商品にもよりますが、Netで完結できるヒトは恐らく、視覚

や触覚は購入決定要素としては低いのかもしれません。もしくは年齢的なモ

ノもあるかも・・)



今回の私の場合、価格的にも折り合いましたが、あまりにもNetとの

価格差が埋まらなければ、納得した商品をNetで購入していたと思いま

す。

高額な、高関与な商品であればあるほどこの「納得」するプロセスを販売者

サイドは充分理解することがポイントですね。


以下に整理しますと、

1、マーケティングの仮説に基づき、戦略を立てる。

特に、AISAASの2つのS、

 1)検索(Search)売りたい商品やサービスを自社HPでPRし、
  
 検索エンジンなどで閲覧機会を最大化する。

 2)情報共有(Share)お客さまの満足度を開示し、広めていただく 
 ことで共感を得る場(コミュニティ)を創る。

2、Agree(納得)を得るための個別の顧客の購買価値観を理解するこ

と。

対面販売する営業パーソンがいる場合は、まさにこの接点をどうコミュニケ

ートするかにかかっているといえます。コミュニケーションスキルを磨くこ

とですね。(HPCメタステージ研修はまさにこの部分を磨く研修です


マーケティングにおける消費行動の体感的仮説「AISAAS」。



21世紀。IT戦略の活用とリアルなヒトによるコミュニケーションスキルの

融合を制する企業が選ばれていくのではないでしょうか?
posted by 堀井計 at 23:39| 京都 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月05日

ホルモン会席で乾杯

8月5日

昨日は、本社スタッフと私の誕生会も兼ねた月例の食事会。


毎回、趣向を凝らしてチョイスするお店ですが、


今回はなんとホルモンのフルコース。


今までホルモンを食べれなかったヒトでも大丈夫と評判のお店「はちべー」


です。名前は隣の八兵衛明神からつけたそうです。

           DSC00637.jpg


普通ホルモンといえば、生ならユッケかセンマイ、あとはミノとかてっちゃ


んを焼いて食するというイメージだと思いますが、この店では、


様々な「部位」がお刺身から湯引き、茶碗蒸し、タンのハリハリ鍋など、ま


さに会席風にアレンジされて次々とでてきます。


同じ食材でも、見せ方、工夫の仕方、味のつけかた、即ち企画力や想像力に


より、新たな価値を生み出せる。



いや〜いいお手本見せてもらいました。


お味の方は確かに臭みももなく、普段あまり食べない私でも大変おいしく食


べられました。


見た目を気にしないヒトならホルモン嫌いなヒトでもOKですよ。


一説によるとホルモンの名前の由来は「放るもん」、つまり捨ててしまう


モノからきたらしいですが、手間暇かけられた今回のホオルモンは、


立派なお料理でした。


そして、店主からいただいたバースディプレゼント プレゼント は、

           DSC00634.jpg
              蒸した肺・・・


皆さん、素晴らしい誕生会ありがとうございましたもうやだ〜(悲しい顔)



来月も愉しみです レストラン
posted by 堀井計 at 21:56| 京都 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月04日

赤ちゃんからパワーをいただく

8月3日


今日は、私が某保険会社の支社長をしていたときのクラーク、ひろみちゃん


に赤ちゃんが生まれたのでお祝いに病院へ。


誕生日は7月26日。もう1日遅ければ、私と同じだったのに、残念!


まずは母子ともに健康で、めでたしめでたしです。


お見舞い中、赤ちゃんはずっと眠りっぱなしでしたが、部屋中に生命エネル


ギーを放出し、私たちをとても元気にさせてくれます。


まだ生後まもなくて、眼も見えないとは思いますが、


母親の愛情はもとより、お見舞いに訪れるヒト達の


「よかったね!」「おめでとう!」「可愛いね!」

          DSC00630.jpg
          リホちゃんで〜す      
 

という喜びのシャワーを全身に浴びると、細胞がこの世に生を受けたことを


WELCOME!と感じ取り、それが成長へのパワーとなり、すくすく育っ


ていくのでしょう。


実はいくつになっても、ヒトはほめられたり、励まされたり、喜ばれたりす


ることで成長していく生きものなのかもしれませんね。
posted by 堀井計 at 00:09| 京都 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月02日

革新の街京都のすごい教育改革に注目!

8月2日


本日はプランナー候補者2名の面接をしました。


最近、ホームページからの問い合わせや口コミ、紹介で当社への加盟希望者


が増えてきました。毎週のように全国各地から面接依頼が飛んできます。


当社の理念やサポート体制に共感していただく方が増えていると思うと


本当にありがたいことですもうやだ〜(悲しい顔)


ところで、今日クルマの中で地元のニュースを聴いて感動しました。


今、京都の小学校では、【便きょう会】と称して小学生にトイレ掃除を


実践させているという話です。


 それも素手で手(パー)      
      トイレ掃除.jpg

 約3時間ほど、みんなが便器に顔を近づけ、たわしで磨く。


 元は、あのイエローハット相談役の鍵山秀三郎さんが、草案した教師らに


「どんなに才能があっても、傲慢(ごうまん)な人は人を幸せにできない。


人は謙虚なのが一番。それを学ぶのがトイレ掃除」



と講演したのをきっかけに、昨年から活動が始まったらしい。


京都の教育委員会もなかなかやりますね〜。


1年半で延べ15校で開き、約2000人が参加。


 当初、児童がトイレ掃除をする小学校は5校だったが、現在では全181


校の9割が実施。子どもの一人は、


「最初はくさかったけど、汚れが落ちると、うれしくて夢中になったグッド(上向き矢印)


と話しています。


市教委の担当者も「手を便器に突っ込む瞬間、人生観が変わる。感謝の心や


美しく使おうという公共心が生まれる」
と効果を語っています。


師匠の小林正観さんも、人間の悩み、苦しみを大きく、


1、お金と仕事

2、身体と健康

3、人間関係


と三つのジャンルに分類し、そしてそれぞれの解決策を、


続きを読む
posted by 堀井計 at 21:00| 京都 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月01日

ビッグウェーブを乗りこなせ!

8月1日


ホロスプランニングは本日から新年度。


更なる成長への分岐点となる、とっても大事な年度です。


まずは、オフィシャルホームページに「堀井計の午睡」をアップと・・・

      WA035.jpg
     http://www.holos.jp/index.php?page=lifecolumn_list


こちらもよろしくわーい(嬉しい顔)
posted by 堀井計 at 01:30| 京都 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
人気ブログランキングへ