堀井計プロフィールページ

2006年09月30日

ザッツ営業!

9月30日

知的な営業人の実践的専門誌


「ザッツ営業」

           
秋号が発刊されました。

             thats0609.gif
          http://www.njh.co.jp/that/that.html

創刊以来、出稿をさせていただいております。

今回の特集は、

クロージングの達人になるパンチ

です。

そのテーマで、私は敢えて

「決めゼリフ」(クロージング)は本当に必要か?

という問題提起をしました。


様々な業界の営業の達人たちが本人のトップセールス経験に基づくノウハウを惜しみなく披露されている営業の専門誌。


営業職のみなさん、営業という仕事はもはや専門性や資格を持たないヒトが仕方なくやる職業ではありません!


コミュニケーションスキルという技術を駆使して、

顧客とのWINWINの関係を構築する技術職であり、専門職です。

トップセールスの個性をマネすることは難しいですが、技術(スキル)は意識と反復で修得していくことは誰にでも可能です。

今営業職のヒトもこれから営業に携わるヒトも、そしてこれからどんな仕事に就くか迷っている学生諸氏も、

「知的な営業人」

目指しませんか?



顧客から喜ばれながら営業実績を確実に上げるヒントを知りたければこちらにわーい(嬉しい顔)

http://www.holos-elp.jp/index.htm
posted by 堀井計 at 14:42| 京都 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月29日

同窓会

9月26日


今日は同窓会。

といっても私が5年前に取締役を務めた会社のメンバーです。

ほぼひと回り以上年下の、当時の部下たち有志が企画してくれました。


当時の社名はADMS。


レンタルビデオのTSUTAYAを展開するCCCの子会社です。

膨大な会員データを活用し、企業のプロモーションやマーケティングの支援

を行う会社です。


わずか1年でしたが、営業部隊の統括責任者を務めました。


私にとって、マーケティングを生業とする未知の分野で、いきなり責任者を

引き受けたことは、それなりの勇気を必要としました。


今までの地位(たいしたこと無いですが)や収入を捨て、単身赴任で東京へ。


突然の宣言に家族もそのときばかりは流石に驚きました。


ずぶの素人がいきなり責任者で着任し、部下たちもさぞかし驚いたことでしょう。


辛い思い出もそれなりにありますが、この1年間の体験や出会いが、その後独立した今のビジネスに大きな影響を与えてくれました。

恐らく本の出版も教育事業も生まれなかったでしょう。


そして、久々の再会でした。


「堀井さんご無沙汰ですぅ、ちょっと頭うすくなってません?」

「あほかちっ(怒った顔)


「来月子供が生まれるんです!で、ビデオカメラがいるんですよね」

「ふ〜ん、使い捨てカメラカメラやったら買ったるけどな」


「●●君、会社やめるんですよ。外資系のコンサル会社に転職です。」

「ほぉ〜がく〜(落胆した顔)、新卒で入社したあいつがのぉ〜」


「そういえば当時、大クレームで某広告代理店に監禁されましたよねぇ」

「米ツキバッタのような誤り方、教えたったん覚えてるんかもうやだ〜(悲しい顔)


現状報告やら懐かしい話やら。


みんな元気に社会で活躍している元部下たちとのヒトトキ。


「●●も是非来たいっていってたんですよ。次は絶対来ますって!」

「子供の名前、考えといてくださいね」

「折り入って相談ありますので今度時間とって下さいよ」

「堀井さん、いつになったら雇ってくれるんすか」


出会いに感謝。

人生に回り道なし。


人生の先輩として、彼ら、彼女らの10年後の理想の姿として、まだやることは一杯あるなと、改めて感じた貴重なヒトトキでした。
posted by 堀井計 at 01:44| 京都 ☁| Comment(0) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月24日

流れ橋

9月24日


9月最後の日曜日。


家からクルマで30分くらい走ると、「八幡の流れ橋」があります。


全長356.5m、現存する日本最長級の木造橋です。

           s-P1000134.jpg


天気もいいのでちょっと気晴らしに出かけました。


ここは、時代劇のロケ地 映画 としてあまりにも有名です。


かつて、銭形平次や暴れん坊将軍、水戸の黄門さまなど数多くのお歴々がこ

の橋を渡りました。(ホンモノではなくロケですが)



実は私も始めて渡りました。


秋風が心地よく、欄干のない木造橋から見える景色も上々で、中々風情があります。


すると、江戸時代にタイムスリップしたような気が。


通り過ぎるヒトタチがなんだかチョンマゲや着物姿に見えてきました。


唯一気になったことがあります。


橋のたもとに、建て看板があり、「危険!自転車やバイクは押して渡って下さい。」と書いてあります。


確かに下までの距離も相当あり、幅も広くはないので、交錯するときにはかなり気を使います。


でも、これがかなりいるんですよね〜。乗りながら渡る人が。


自転車2台で通っていく子連れの親父が、逆に「危ないから歩くヒトは端を通ってくれ!」なんて言いいながら、橋の真中をチャリンコで通っていきます。


思わず私は、心の中で助さん角さんになっていました。


助さん、

「ええ〜い、下がれ下がれぃ!そこのチャリンコ親子!この御紋が眼に入らぬくぁ!」


「ひ、ひゃ〜がく〜(落胆した顔)


角さん、

「橋のたもとの建て看板を見た上でのその狼藉ぶり、親として恥ずかしくないのか!」


更に助さん、

「規則を破っているのはそちの方なのに、お年寄りや子供を端へ追いやるとは何事ぞ!」


「・・・・ふらふら


黄門サマ、

「これこれ、助さん、もう良いではないか。そこのチャリンコ親子さんや。
親として子供の手本になる行動をせんとのぉ・・子供は親の鏡ぞ、未来の国を支える子供たちのためにもこれからは心して行動するのだぞ。」


「は、ははぁ〜もうやだ〜(悲しい顔)


ここで、一件落着。


この親父はラッキーでした。


私のイメージが必殺仕置人の念仏の鉄なら、


「のさばる悪をなんとする

天の裁きは待っておれぬ

この世の正義もあてにはならぬ

闇に裁いて仕置きする

南無阿弥陀仏・・・」


この親父の首は一瞬にして「ゴキゴキッ」といかれてたでしょうな・・


いつの世も、子供は親の言動ではなく、行動を見て成長していくものですね。


それにしてもほんと、この親父はラッキーでしたわーい(嬉しい顔)

posted by 堀井計 at 19:34| 京都 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月23日

ある秋分の日

9月23日


秋分の日。


土曜日ですが、今日は祝日。


普段の土曜日はほとんど会社でデスクワークをしていますが、今日はなんとなく家で仕事することに。


しばらくすると窓から見える秋晴れの澄んだ空に誘われて、外に出たくなりました。


で、コーヒーが美味しいと評判の喫茶店に出かけました。


会社でも家でも喫茶店でもやることは同じですが、たまには気分転換になっていいですね。

            s-P1000127.jpg

      

まずは「HOLOSオーナーズカンファレンス」のプレゼン資料作成を・・


オーナーズカンファレンスは、半期に一度の恒例イベントです。


設立当初から、当社の業績や方向性をプランナーさんやスタッフ、お取引先企業さまに可能な限りオープンにし、成長へのプロセスを関係者全員で共有していきたい。


そんな思いで始めてから、もう13回目。


今では200名近くのヒトたちが集います。


イベントでも、会議でも、研修でも、仕事はすべて前始末で決まりますよね。


パシャパシャPC叩いていると携帯電話が鳴りました。


「堀井さん、今どこにいるんすか?」


福原常務からです。


「近所のサテンやけど」


「たまたま今近くにいるんですよ」


「おおっ、そうかいな。ほな待ってるわ・・」


ということで合流することに。


福原常務は当社創業メンバーの1人。


10坪足らずの暖房設備もないオフィスのときから参画してくれました。


最近、お互いにバタバタして直接二人で話す機会が無い中、久しぶりに
それなりに話ができました。


直接会って話しをすることは、メールによる文字情報の交換や電話での音声情報の交換によるコミュニケではできない価値があります。


顔の表情や身振り手振りによる動作、体温、服装など五感による血が通うコミュニケーションって大切ですね。


コミュニケーションは企業の動脈ですコンビニひらめき


サラサラと流れる健康な血液(コミュニケーション)が隅々まで行き渡ることで、身体(企業)全体に栄養が運ばれていきます。


ドロドロ血は身体(企業)を蝕み、脳梗塞や心筋梗塞(減収や退職)を誘発し、死(倒産)への一途を辿ります。



今更ながらの気づきに、

有意義な秋の祝日に感謝
晴れ
posted by 堀井計 at 23:15| 京都 ☀| Comment(0) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

一喜一憂

9月22日


朝東京を出て、京都へ。


そのまま、立て続けに夜まで5社、延べ8名と面談。


合間合間に、電話やメールでの報連相。


軽いモノから重たいモノまで様々な話しがマサに湧いてでてきます。


良い話しグッド(上向き矢印)


「今日トライアル研修してきたんですが、スッゴイ理事長に評価していただいて、ひょっとして全社プロジェクトとして取り組んでくれるかもしれません。」


「おおお〜、やったね!」


困った話しバッド(下向き矢印)


「●●保険会社の明細が未だこないんです。このままだと週明けに集中しそうです・・」


「相変わらずタイトやの〜。もっと交渉していかんとあかんなぁ・・」


日々一喜一憂です。


一喜一憂・・


事実をどう受取るかも大切ですが、まだこれなら健全な精神状況でいられます。


「喜」ばかりなら自惚れや油断が生まれ、傲慢な人間になるかもしれません。


「憂」ばかりなら落ち込んでウツになり、心神喪失に陥るかもしれません。



良い事も困ったこともあるから人生。



賞賛も批判もあるから人間。



焦燥感や不安感に襲われて平常心をなくしてしまいそうな日もありますが、


それも成長へのプロセス。



自分も会社もまだまだ発展途上。


とてつもない可能性を秘めているっていうことですよねわーい(嬉しい顔)
posted by 堀井計 at 21:45| 京都 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月22日

凄いホテル

9月21日


某保険会社のご招待で、コンラッド東京に泊めていただきました。


噂通りの、お洒落、モダン、広々の正に上質のホテルでした。


           P1000126.JPG
       バスルームから夜景が一望できます


チェックインも23時、アウトも8時とほぼ寝るだけにしか使用できなかったの


が誠に残念ふらふら


いつか自腹で、ゆっくりとくつろぎのヒトトキを過ごしたいモノです・・


勝負ホテルとしてもお勧めですよ〜バー




このブログがコンラッドさんの眼に留まり、招待券が届くことを願いながら眠い(睡眠)
posted by 堀井計 at 01:07| 京都 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月18日

研修サイトがオープンしました!

9月18日


ホロスの研修事業専用サイトがオープンしました。


http://www.holos-elp.jp/


教育研修事業は、私が独立を決意したときから、やりたかった事業です。


「21世紀は心の時代」


当時、ソニーの創業者井深大氏が晩年に提唱されていた言葉に共感しました。


「最先端の科学技術を駆使し、いくら人々が喜ぶ商品を開発し続けても、世の中は一向によくならない。21世紀はモノの時代から心の時代に変わらなければならない。」


世界を代表する経営者であり、科学技術者であった井深大氏の予見、というより切なる思いは、21世紀を迎えた今、実現の方向にむかっているのでしょうか?


ビジネスにせよ、家庭、社会にせよ、コミュニケーションスキルの重要性が益々必要になる。


生き残りを賭けた完全歩合性の生命保険営業の世界で培った、営業スキルやマネジメントスキル。

たくさんの成功者や失敗者とともに働き、観察した経験値。

自己研鑽で学んだ、様々な教育メソッド。


井深さんの切なる思いをカタチに・・


ヒトや社会に、営業パーソンやビジネスパーソンに、そして大人や子供に役に立つ、元気を与える教育研修事業を・・



そんな思いで始めたホロスの教育研修事業。



まだ始まったばかりですぴかぴか(新しい)


その新しいホームページから、受講者の声を紹介します。
続きを読む
posted by 堀井計 at 11:22| 京都 ☁| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月16日

mixi VS HOLOS

9月15日


mixiに値が付きましたね。初値295万円。

              10009900913_s.jpg
       

公開価格が155万円でしたので、抽選に当たったヒトたちは

ホントラッキーでした。

株主は、企業の将来価値、つまり今後の成長に期待して投資をするのですから、その期待に応えるべく経営を任された社長の責任は重大ですね。


mixiの笠原社長齢30歳。会社の時価総額はなんと2200億!


HOLOSの堀井シャチョー御歳48歳。会社の時価総額は???



少し落ち込みますふらふら・・・


が、気を取り直してわーい(嬉しい顔)


SNSの急増を私なりに解釈すると、安心できる仲間との相互コミュニケーションを求めるヒトたちから支持されたこと。


そして、それをネットで仕組化することにより、時間や距離、そして羞恥心を失くせたこと。


SNSやブログの普及により、一般生活者が主体的に情報を受発信するネットワークが構築され、ビジネスやマーケティングの考え方の根本に変化が生じてきています。


まとめると、今求められているキーワードは、「安心」「仲間」「コミュニケーション」。


どうやらここにビジネスチャンスがありそうです。


どうやらホロスにもビジネスチャンスがありそうです。


・「安心」を提供する保険。
・「仲間」をネットワークするプランナーという組織。
・「コミュニケーション」をコアにした教育事業。



ヴァーチャルとリアルに差はあるものの、今、人々が求めるウォンツに共通点を感じます。(こじつけすぎ?)


ここで、突然GMOの熊谷社長のブログコメント抜粋・・


「何億円も掛けて、数千万人の視聴者にCMを流すより、本当に素晴らしいナンバー1のサービスや商品を提供して、100人のお客様が感動し、SNSや、掲示板、ブログ等でコメントを書くほうが、よっぽど消費者の心を動かす時代なんですね。

だから、最高のサービス・商品を研究し、それを淡々と媚びずに、提供すれば、お客様が口コミで広げてくれる時代なんです。

面白い時代ですね。技術の進歩が、商売の原点回帰を要求しているなんて。



更にサイバーエージェントの藤田社長のブログコメント抜粋・・


「Web2.0と言われる変化によって、個人のメディア力が増し、
クチコミの影響力が強まった。

多額の広告費を払っても、良くないサービスを提供していれば
ブログに書かれて広告費が無駄になる。

良いサービスでなければ、派手に宣伝しても消費者にバレます。

その意味では、品質に対するお客様の目はより厳しい時代に

なった。



その一方で、本当に素晴らしいサービスを提供していれば、

ユーザーがクチコミで評判を上げてくれる。


大きな資金力の無い会社でも、最高のサービスを提供することに

よってチャンスが広がったともいえます。


いずれにしても本質的なサービスの品質改善がかつてないほど重要な時代に
なった。」


要するに、ホンモノでなければ生き残れない。ホンモノであれば確実に

支持されて広がっていく。


そんな時代が到来したということですね。


ホンモノの商品。ホンモノのサービス。ホンモノの人間性。


そして、いつかホンモノの経営者に・・・
ぴかぴか(新しい)
posted by 堀井計 at 16:58| 京都 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

褒められると嬉しい

9月14日


今日は一日、コミュニケーションスキル強化研修。

大手損害保険会社さま主催。

対象者は保険代理店の若手経営者トップクラスの方々でした。

流石に、皆さんハイレベル、また業務を中断し、自ら時間とコストをかけ

て、参加されるだけあって、真剣そのものでした。



研修の最後に、皆さんに受講後の感想をいただきました。


その中のコメント抜粋。

「コミュニケーション、特に聴く事が自分の中では、できてるつもりでしたが、全くできてないことに気づかされました。」


「傾聴し、お客さまに関心を持ち、理解することで、相手が自らニーズに気づき、購入に向かっていくプロセスを体感できました。アウトプットが肝心なので、実践し、これから身に付けることを課題として取り組んでいきます。」


「今まで、何十回と色々な研修を自ら受講してきましたが、お世辞抜きで
今回の研修が一番為になりました。一日では物足りないので、次回機会があればもとじっくり受講させていただきたい。」



スキルアップ(技能研修)という位置づけにもかかわらず、いつも受講生はモチベーション(やる気)を高めて帰られます。

ENJOYMENT(愉しみながら)
LEARNING (学び)
PERFORMANCE(結果をだす)


上記は、ホロスプランニングの提唱する教育の三原則ですが、

これは実は仕事、人生における三原則でもあります。


三つのキーワードを大きく、そしてバランスよく成長させていきたいもので

す。


間もなく、研修事業専用サイトがオープンされます。乞うご期待!

http://www.holos-elp.jp
posted by 堀井計 at 14:02| 京都 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月14日

「信じる者」と書いて「儲ける」と読む

9月13日


昨晩から東京です。

今日は朝からアポイントが5件。

いつも思うことですが、東京の地下鉄は深い。

エスカレーターでどんどん地下に潜る時、


「それにしても地下鉄電車はどこから入れるんでしょうねえ?」


という往年の漫才コンビ、三球照代の名フレーズを口ずさんでしまうのは私

だけでしょうか?(これって私だけ?)


そして階段が多い。

2泊分の出張バッグを引きずりながらの移動は老体にはかなりこたえますね

ー。

まぁ、普段運動不足ですから、トレーニングだと思えば一石二鳥です。



昼食は久しぶりにジャパンインベスターズクラブ代表の河井伸介さんと食事

をしました。

河井さんは知るヒトぞ知る投資教育のプロで、(もちろんプロの投資家でも

あります)
             kawai02.jpg
                http://www.104fan.co.jp/
             

成長割安株投資™という独自の投資手法が注目され、各種媒体に引っ張りだこ

です。


今回は新たに「日本投資クラブ協会」なるものを発足させるということでし

た。

この財団法人の理念は、

『株式投資はギャンブルではなく「社会に貢献する企業への資本参加」とい

う本来の株主となることを意識した株式投資のあり方を広く社会に発信し、

浸透を図っていく活動を行う』



という、株式投資とは、本来単に短期売買による儲け主義に偏重するもので

はなく、長期的な視点に立って、公器としての企業の成長を支援していくこ

とであり、それが株主の使命である、というかなり崇高なものです。


健全なる個人投資家が日本の資本市場や経済を支える日が来ることを目指し

て、100万人の会員を目指されていくそうです。

具体的な活動はこれからということですが、恐らく近々マスコミでも注目さ

れていくことでしょう。


崇高な理念を熱く語る河井さんの言葉を遮り、


「ところで、なんか儲かる株あったら教えてーな!」


と、自分の利益しか考えない質問を飛ばす、なんて私は破廉恥な奴なんでし

ょうふらふら


でも、知りたい方々は、こちらへどーぞわーい(嬉しい顔)http://www.104fan.com/archives/cat_10002976.html
posted by 堀井計 at 23:54| 京都 ☀| Comment(0) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月12日

甦るトラウマ

9月11日

9.11


テロ撲滅。


いや、正義という名のエゴ撲滅。


そんな忌まわしい記念日に、世界平和を祈りつつ、


僕は7年ぶりの人間ドックへ病院


実は人間ドックにはトラウマがあります。


正確には人間ドックではなく、胃カメラですが。


その昔、精密検査を勧められて、某京都の大学病院に行ったときのこと。


胃カメラ初体験の僕は、かなり緊張しながら検査室へ。


子供の頃から僕は薬を飲み込むのも苦手で、エヅク質ちでしたので、


あの太い管を飲み込むことは恐怖以外の何モノでもなかったのです。


「ング、ング、オエッ、オエッ〜」


予想通りの状態。早く終わってくでぇ〜と心の中で叫んでいるとき、


信じられない出来事が起こったのです。


な、なんとその京都の某大学病院が突然・・
続きを読む
posted by 堀井計 at 00:53| 京都 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月10日

熊本で感動のパーティに

9月9日


今日は、ホロス熊本の岩本CFPの自社ビル竣工パーティに。(凄いビルです)


熊本を支える経済界のお歴々、ご親族含め参加者総勢100名。


とっても盛大でした。


そして、とっても感動しました。


その家族愛に。


岩本さんは、ホロスに所属しながら、独立系FPとしてコンサルティング
から証券仲介、ビル管理業、そしてボランティア活動と幅広く地域で活動
をされているのですが、最近お嬢さんが手伝われれることになりました。


そのとっても美しいお嬢さんとパーティの席上、話しをしました。

          P1000099.JPG
         右から私、尚子さん、西村プランナー


「いつから手伝ってるの?」

「つい最近からです。」

「へぇ〜、今はどんなことしてるんですか?」

「今は、事務とか、あと言われたことを・・」

「なるほど。今までは何をしてたの?」

「今までは・・・」

ってな会話をしつつ、いよいよ本題の質問に。

「で、そもそもどうしてお父さんを手伝おうと思ったの?」

すると、お嬢さんは間髪を入れずに、
続きを読む
posted by 堀井計 at 14:15| 京都 ☁| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月09日

もうすぐ恐怖の・・・

9月8日

ここ数日、本社に缶詰。


ほぼ途絶えることなく来客、商談、打合せの繰り返しです。


それもそれぞれにジャンルが異なるため、頭を切り替えないと対応できません。


流石にちょっと疲れました。


歳ですねぇ・・


実は、このまま週明けを迎えると大変なんです。


えっ?なぜかって?


それは、来週の月曜は・・・



続きを読む
posted by 堀井計 at 00:39| 京都 ☀| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月06日

ニュースリリース

9月5日


昨日のSBI(ソフトバンク)ホールディングのホームページで当社との提


携が発表されました。


以下抜粋ですひらめき


日本で初めて生命保険代理店と提携した本格的な住宅ローン代理店制度を構築
〜10月初旬に住宅金融公庫との協力により共同で「代理店募集セミナー」を開催〜


2006年9月4日
SBIモーゲージ株式会社


 SBIホールディングス株式会社(本社:東京都港区、代表者:北尾 吉孝、証券コード:8473)の子会社で、長期固定金利住宅ローン「スーパー【フラット35】」を提供するSBIモーゲージ株式会社(本社:東京都港区、代表者:円山 法昭、以下「SBIモーゲージ」)は、この度、住宅ローン代理店制度を構築の上、全国の独立系有力生命保険代理店12社と代理店契約を締結し、順次業務を開始いたします。



                             記

1.住宅ローン代理店制度について
 SBIモーゲージは、この代理店制度により、生命保険代理店に対して、”ワンストップ”のファイナンシャル・サービスを提案して参ります。この代理店制度は、金融商品の利用において人生で最も高い出費といわれる、住宅と生命保険に関わるニーズにワンストップで応えることにより、保険代理店顧客に対して、利便性の向上と金融商品選択の機会の拡大を目的とするものです。
 現在、SBIモーゲージは、直営店4拠点(六本木、新宿、大阪、札幌)のほか、全国の契約代理店21拠点の計25拠点にてビジネスを展開しております。この代理店制度により、SBIモーゲージは、顧客へのきめ細かなサービスをより一層身近に提供することが可能になり、今後更なる全国拠点の拡大をすすめて参ります。尚、このたびの取り組みは、モーゲージバンク(※1)が生命保険代理店のネットワークを本格的に住宅ローン代理店のネットワークとしても利用する日本初(※2)の試みとなります。

http://www.sbigroup.co.jp/news/group/2006/0904_a.html


ホロスプランニングは、

    真の「ザ・購買エージェント」として、

これからも、お客さまのお役に立てる、

     商品やサービスを提供し続けます
決定





posted by 堀井計 at 00:06| 京都 ☁| Comment(1) | TrackBack(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月03日

それぞれの秋にそれぞれのテーマを考えてみる

9月3日


目覚まし代わりだったセミの音がいつの間にか聞こえなくなり、秋の虫たち


の合唱を子守唄にして寝床についている今日この頃。



日本に住む私たち全員に訪れる秋という季節。



でも、ヒトそれぞれの秋の過ごし方がありますよね。



皆さんはどんな秋にしたいですか?


私の秋の過ごし方は、「堀井計の午睡」でと・・・

http://www.holos.jp/index.php?page=lifecolumn_list

       s-P1000089.jpg

    


     
posted by 堀井計 at 19:09| 京都 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

営業合宿

8月31日


某大阪市内のホテルで二日間の合宿でした。


AGENDAに沿って会議は進行。

久々にブレーンストーミング(ブレスト)も行いました。

ブレストは直訳すると脳の嵐。メンバーが次々と制約をはずして、とにかく

アイデアをどんどん出していく手法です。出た意見に否定的なコメントをす

るのはご法度。テーマからそれてもお咎めなし。ここから新しい価値や発想

が生まれていくというものです。

          P1000075.JPG
       この写真クリックしたら動画に・・なりません(残念)

  
再認識できたことは、


1、組織内コミュニケーションの大切さをメンバー全員が意識し、いかに実

践するか。(組織崩壊はコミュニケーション不足から)


2、組織として進むべき方向性や意味、意思を伝え、どう相互理解できる仕

組みやシステム作りをするか。


3、事業計画を推進するための足場固め、早期体制作りと早期仕組化のため

の人財採用が急務。


4、我々が目指す企業の方向性が価値あるモノであるという認識共有と達成

プロセスの確認。


5、あとはそのプロセスの工程をいかにマネジメントしていくか、確実にP

DCAをまわしていくことが可能か。


それぞれがそれぞれのミッションを認識し、実践しながら相互チェック、相

互フォローをし、まずは今期計画を達成させましょう!



笠原副本部長、素晴らしいファシリテーターぶりでした!


そしてメンバーのみなさんも二日間お疲れさまでした。
posted by 堀井計 at 13:45| 京都 ☀| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
人気ブログランキングへ