堀井計プロフィールページ

2007年02月27日

実況放送であーる

2月27日


先日、当社がビジネスモデル特許を活用したマーケティングシステムであるホロスカフェ.ネット&コモンズを題材にして、京都のFMラジオにて知見者たちとブレーンストーミングした内容が放送されたのであーる。
参考⇒新しいカフェで脳の嵐はいかが
    http://kei-horii.seesaa.net/article/33388521.html



年齢、経験、業界、職業など様々なジャンルの知見者が、一つのビジネスモデルをテーマにアイデアや企画を出し合う様子をラジオで放送するという新しい試みであーる。



また、ネットの世界で展開されるオープンソース現象をリアルな世界で実現しようという新しい試みでもあったのであーる。



WEB進化論の著者である梅田望夫氏よると、

「リナックス」の成功によって証明されたオープンソース現象の本質とは何か。

それは第一に、「何か素晴らしい知的資産の種がネット上に無償で公開されると、世界中の知的リソースがその種の周囲に自発的に結び付くことがある」ということである。


そして第二に、「モチベーションの高い優秀な才能が自発的に結びついた状態では、司令塔にあたる集権的リーダーシップが中央になくとも、解決すべき課題(たとえそれがどんな難題であれ)に関する情報が共有されるだけで、その課題が次々と解決されていくことがある」ということである。

 現代における最も複雑な構築物の一つである大規模ソフトウエアが、こんな不思議な原理原則に基づいて開発できるものなのだという発見は、単なるソフトウエア開発手法にとどまらないオープンソース現象の新しい可能性へと、私たちを導こうとしている。」

ということなのであーる。




こんな知的資源の自発的な結合を誘発する可能性を秘めた「チャレンジ」だったのであーる。



我輩は猫であーるは夏目漱石であーる猫(すいません・・・)




能書きが長くなりましたが、更にお時間いただける方々は是非この放送内容をクリックして聴いてくださいませ。             
             021[1].gif
           http://podcast.radiocafe.jp/

   
⇒こちらです!
http://podcast.radiocafe.jp/library/070224wakeupjapan.mp3

(MP3ダウンロードが必要かも・・)
posted by 堀井計 at 21:15| 京都 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月25日

経営者の使命

2月25日


昨日から喉がヒリヒリふらふら


鼻水がポタポタもうやだ〜(悲しい顔)


身体がブルブルちっ(怒った顔)



こらどう見ても風邪の症状やがな〜バッド(下向き矢印)


で、昨日も早めに仕事を切り上げて(といっても21時半)早めに寝ることに。



そして、今朝は完治でスッキリ!

と思っていましたが今一ですな〜ドコモ提供



体調を崩すと、弱気になります。


「このまま逝ってしまうと、会社はどーなるかなー。」


「ただでさせ、過積載なのが更に過積載になるだろーなー。
みんな大丈夫かな〜。」


「保険も充分でないので、やっぱり治ったら入ったほうがいーよなー。」




まぁ、風邪で死ぬことはないと思いますが、私も今年49歳(始終臭い)ですから、周りから臭い臭いと言われてもそれは年齢によるものだから仕方なくて、逆に臭くなければ始終臭い(49歳)という年齢の意味もない訳で・・・・ありりり熱で思考回路がかなりマヒしてますどんっ(衝撃)




経営者の最重要課題は自分の存在を一早く無くす事exclamation


無くしてからも成長し続ける仕組みを構築することexclamation&question


無くしてからもそれ以上の人財が定着し続けることexclamation×2




明日には完治わーい(嬉しい顔)
posted by 堀井計 at 18:21| 京都 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月24日

高野孟氏との語らい

2月23日


朝から名古屋。



京都、大阪、神戸、長崎、北九州、東京、広島、豊橋と全国行脚も終盤を迎えてます。



名古屋オフィスでは本田健ファミリーの本堀プランナーと聡明アシスタントの小池さんに当社新サービスのラインナップを理解していただきました。



(次回は小池さんには関西風ノリツッコミ講座を個別にさせていただきたいと思います)




その後東京へ移動。



某上場企業さまとの業務提携打ち合わせ。


聞けば来期予算に保険事業をしっかり組み入れられたとか・・
いよいよ本格始動ですパンチ





それから高野孟氏と会食ビール

            P1000769.JPG  



当社メンバーと酒を酌み交わしながら、6月に北九州で経営者約300名が集まり開催予定の中小企業経営者協議会のイベントの打ち合わせや、当社オーナーズカンファレンスのゲストスピーカー依頼、今後の日本社会の動向や歴代政治家列伝まで、時間を忘れて熱く熱く語らいました。



高野さんによると、歴代政治家NO1は、「コンピューター付ブルトーザー」こと田中角栄氏。



なんでも角さんがブルトーザーなら小泉さんは軽トラくらいだそうですバッド(下向き矢印)



あっという間に時間が過ぎ、今後の当社とインサイダー社(高野孟氏の会社)との強力な協力関係を約束し、無事お開きに。





そして、今日はなぜか都内のホテルはどこも満室で、ツィンズ1号(双子の長男)のところに転がり込むことに。



おまけに奮発して夜食にカップラーメンとレトルトカレーをご馳走してくれました
(ぶつぶつ言いながら・・・)


息子たちよちっ(怒った顔)



俺が親父にできなかった親孝行。


後悔先に立たず。


私の変わりに君たちが私に一杯するのだぞ〜
わーい(嬉しい顔)
posted by 堀井計 at 02:26| 京都 ☁| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月22日

保険なんでも相談センター

2月21日



豊橋出張。


ホロスプランニングの来店型ショップ「保険なんでも相談センター」訪問。

            s-P1000759.jpg   



当社は全国に16拠点あります。


インターネットが普及し、リアルタイムに世界のどこにいても情報交換が行えるようになりましたが、それでもリアルなコミュニケーションは人間関係において極めて重要です。
当社は、半期に一度は「ホロスオーナーズカンファレンス」を開催し、全国のプランナーさんを一同に介したイベントを行うのですが、それでも皆さんとの接触頻度が少ないので、極力拠点を廻り、コミュニケーションを深めようとしています。



もう1年経過した豊橋のメンバーですが、全員が「当社に来てよかった」との感想。




ホッもうやだ〜(悲しい顔)




豊橋のイトーヨーカドーの向かいに位置した、当社では数少ない来店型ショップはかなり広くて綺麗。おまけに駐車場も完備。



そして何よりも当社異能プランナーたちのきめ細かいライフプランニングと生損保20社から最適商品をチョイスするオーダーメイド設計が付加価値です決定


              s-P1000760.jpg
             長老的存在 牛腸プランナー


息子への事業承継も視野に・・


  s-P1000761.jpg
   1年で見違えるほど男前になった?藤原プランナー

                   s-P1000762.jpg
             愛称ウ●コマン 人間味溢れる瀧本プランナー


(三重オフィスの社労士兼FP、伊藤プランナーも参加ありがとうございました)



豊橋の皆様exclamation


よ〜く考えよ〜。お金は大事だよ〜るんるん(ちょっと古い・・)



命も大事やで〜。死んだら保険やで〜るんるん



保険の相談は〜。ホ〜ォ、ホ〜ォ、ホ〜ロ〜ス〜るんるん



大激震直前の保険業界の中でも、しっかり生き残り、豊橋の皆様から支持されること間違いなしのメンバーです。



保険なんでも相談は→フリーダイアル0120−927−326ですよ〜猫
posted by 堀井計 at 01:12| 京都 | Comment(0) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月19日

加齢なる一族

2月18日


久しぶりに「株式会社ヤマホ」の社長にお会いしました。


社長の堀井元紀さん。私のいとこです。


私の実家は元々京都で醤油屋を営んでおりました。


父の晩年には不況業種ということでたたんでしまったのですが、(なぜか突然外車のディーラーに業種変更)父の兄、いわゆる伯父さんは分社後もしっかり経営されていたようで、現在はその息子、つまり私のいとこの元紀さんが社長で頑張ってられます。


ホームページhttp://savor-yamaho.co.jp/index.htmlの沿革を見ますと、


【沿 革】

    
大正元年  京都市上京区下立売千本西入にて 堀井商店設立 名古屋の味噌たまりの専門店として、禅宗大本山妙心寺の各塔頭をはじめ京都市内の大口需要者を中心に販売。

昭和15年  関西造酢合名会社と合併して、丸隆醸造株式会社を設立 醤油、酢、ソース、アミノ酸の製造販売。

昭和18年  アミノ酸製造統制会社に統合。

昭和25年  有限会社 堀井商店設立 醸造原材料の販売を始める。

昭和33年  有限会社 ヤマホ商店 改称 米菓用たまり及び各種調味料製造を主力とする。

昭和39年  京都府、愛知県、大阪府、各米菓工業協同組合より表彰を受く。
                          
昭和41年  米菓業界の発展と、業績の進展により販売会社 株式会社ヤマホ設立。
               
昭和50年  岐阜県最大味噌だまりメーカー、キンカ食品株式会社と技術提携。
 
昭和51年  丸金醤油株式会社の米菓用醤油部門と技術提携して特約を結び販売を拡げる。あられラック、米菓用無乾燥、食用接着剤を開発特許申請。

昭和54年  特許確定 特許番号974272号 キンカ食品株式会社、米菓用たまりの総販売会社となる。

昭和56年  特許により京都府知事表彰を受く 日本発明協会近畿地区奨励賞を受賞。
 
昭和59年  米菓調味料と製造法特許確定 特許番号1239398号。



う〜ん、昭和初期から今流行の合併なんかを繰り返し、さながら華麗なる一族のようですな〜。
まぁ決して成長産業ではないこの業界ですから、若い人材確保も難しいのが現状のようで、堀井家は「華麗」というより「加齢なる一族」というところですが(笑)




メインは米菓子「おかき」や「あられ」用の醤油や艶出しの技術を菓子製造メーカーに販売しているのですが、今京都の某有名料亭や表参道の芸能人御用達和食ダイニング「黙知」http://www.mokuchi.com/info.phpなどで静かなブームを呼んでいる超高級醤油をプロデュースしています。



           
             3years_murasaki[1].gif
            その名も「三年むらさき」。
 


国内産丸大豆と天然塩を原料に、四季の温度変化に任せた天然醸造でじっくり熟成。



お魚、お肉、お漬物、あらゆる食材の味を際立たせます。



グルメの方、はまりますよ〜わーい(嬉しい顔)


はまった代表:

作家の村松友視
 http://www.rakuten.ne.jp/gold/veritas/comment/soy-MT.html
歌手の尾崎亜美
 http://www.rakuten.ne.jp/gold/veritas/comment/soy-OA.html

ここで買えます決定
 http://www.rakuten.co.jp/veritas/454478/506760/809642/



日本人には欠かせない伝統食品「お醤油」。



伝統産業は高齢化により存続すら難しいのが現状ですが、ご子息も後継者として東京で修行中です。



是非守り、成長し続けて欲しいものですぴかぴか(新しい)
posted by 堀井計 at 00:37| 京都 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月17日

借りパク

2月17日


うちのぼんくらツィンズ(双子の息子)が東京に行って困ること・・・


カジュアルな服装のレパートリーが減りました。


というのは、体格がほぼ3人同じ(要するにチビです)で、彼らの服を結構借用していたわけです。




ワカモノ御用達ブランドをこっそりと。




こんな理由で「行かないでくれ!」とも言えないし、それ以外はせいせいしてるのも事実だし。




今日も土曜日でカジュアルな服装で会社に行こうとしてたら・・



おおおっパンチ 有りました有りました。忘れ物のマフラーが。



これだけでも借りパクしておこぉっと手(チョキ)

            
 P1000744.JPG 
元レオン編集長岸田一郎氏直伝のチョイワル親父巻きできめてみました。カリモノを(笑)




そういえば、その岸田一郎氏ですが、新雑誌「zino」を創刊される模様です。
              


この「zino」って単語の由来が、サスガにいかしてます。


まず、後半の「ino」について・・・

元来、イタリア語で・・・・ino とか・・・・ina が語尾につくとかわいいとかお茶目な、といった意味合いの愛称になります。
「Cicciolina」 (チッチョリーナ)とか 「Piccolino」 (ピッコリーノ)がそーですね。


さて次に、「Z」。


といえば・・・



Aから始まって、最後がZ。


いうまでもなく “最上級” なわけです。


つまり 「お茶目な最上級」 だそうです。



そして、その雑誌のキャッチフレーズが、


「リッチを誇るな、センスで光れ!」。



う〜ん、中高年富裕層を惹きつけるカリスマ編集長の動向や制作物は、商品違えど同じターゲットをマーケットとするビジネスには参考になりますね〜。
posted by 堀井計 at 21:52| 京都 ☔| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月15日

業界の首領(ドン)大集結

2月14日


大型代理店組織発起人会。


保険代理業で全国展開する経営者が東京銀座に集結しました。


様々な保険会社のコンベンションで常に上位を独占するトップ代理店ばかりです。
著名保険ジャーナリストやシステムコンサルタントの方もオブザーブ参加。


目的は、組織の大型化に伴う様々な共通する問題を共有し、力を合わせて解決していこうというもの。



そういえば、昨日もビールメーカー大手5社が一同に介して共同イベントをしてましたね〜ビール



どの業界もモラルを守りながらも付加価値競争し、業界の活性化のためには力を合わすということですね。



我々も購買代理をコンセプトに、複数の保険会社と委託契約をし、大型化を推進する企業が、業界のディフェクトスタンダードとなり、それがお客さま、販売者、メーカーの三者共々ハッピーとなることが必要です。
決して圧力団体となることが目的ではありません。




流石業界の変革者たちむかっ(怒り)



活発な意見が飛び交い、今後の方向性や理念のすり合わせを行うも時間切れに。



でも始めての試みとしては上出来ではないでしょうか決定



保険流通維新パンチ



業界大変革ひらめき



この業界かなり面白くなってきましたよ〜わーい(嬉しい顔)
posted by 堀井計 at 01:31| 京都 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月12日

連日の日本発世界初イベントは大成功

2月11日


スマコロジーとはスマイル(笑い)+サイコロジー(心理学)。




笑いは幸せの象徴。許しの状態。



そして心理学にはコミュニケーションのノウハウが凝縮されています。




日々の社会生活の中で心理学のノウハウを実践しながら相互理解を深め、いつも皆が笑っている状態が創れたらどんなにいいだろう・・・




いつもユーモアやスマイルを心がけ、人を愉しませることが自分の喜びとなりライフワークになれば少しは社会のお役にたてるのでは・・・




スマコロジーはそんな思いを込めて、6年前に私が提唱し、落語家の桂春菜くんと始めたものです。





そして今回、初めて本格的に、




「笑いと心理学が日本を救う! スマコロジーセミナー」
〜300年の伝統芸能「落語」とアメリカ最新心理学「NLP(神経言語プログラミング)」の初のコラボレーションが実現〜




と銘打ったイベントを京都ハートンホテルにて開催いたしました。




会場は満員御礼手(チョキ)



事前に地方新聞やメディアにも取り上げられ、当日も専門誌が取材にこられました。



総合司会は今年2代目桂春蝶を襲名することが決まっている「桂春菜」氏。




私の挨拶の後、ダシモノその1。

NLP界の第一人者「那珂河 偲夏雪」トレーナーと当社教育研修事業本部長「伊東 泰司」トレーナー、そして春菜コーディネーターによるパネルディスカッション。

             P1000705.JPG               



来場者からの質問が途中でバンバン飛び出し大盛り上がり。

那珂河先生が何人もの登校拒否児を実際に治癒した秘伝のゲームも披露し、大好評でした。(知りたいヒトはNLPプレセミナーで教えますよ)




ダシモノその2。

桂春菜氏による心理学落語「天災」。

来場者の中には初めて落語を聴く人も多く、会場は大爆笑。
無条件に笑う皆さんの表情を見ているだけで私も幸せな気分になりました。

            .    



ダシモノその3。

那珂河トレーナーによるNLPミニセミナー。

来場者参加型で、デモンストレーションを交えたとてもわかりやすい心理学講座。理屈ではなく体感。
心のアンバランスは無意識に身体のアンバランスを招き、そのアンバランスをワークで調整することにより正常に戻すスキルは非常に明快で納得性がありました。



最後のアンケート結果では、「もっと詳しくNLPを学びたい」、「NLP資格取得講座を受講したい」、という方々がたくさんいらっしゃいました。




世界初の産学芸共同企画は大成功もうやだ〜(悲しい顔)




当社はこれからも「コミュニケーション力が個人や企業を元気にする」をコンセプトに、「愉しみながら学び、学んだことを実践で発揮する。発揮できたから更に愉しくなっていく」状態を自社でも実践し、更に社会に啓蒙していく企業になることを追求していきます。



スタッフの中倉さん、平出さん、山本さん、出演者の春菜さん、那珂河先生、伊東本部長お疲れさまでした。



そしてご来場いただきました皆様、本当にありがとうございました。
今後は主要都市で開催していく予定でっすわーい(嬉しい顔)
posted by 堀井計 at 00:52| 京都 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月11日

新しいカフェで脳の嵐はいかが

2月10日


FM79.7MHz京都三条ラジオカフェ。

           
        021[1].gif    
           http://radiocafe.jp/index.html



日本初のNPO放送局。

 
市民が運営、放送するFMラジオ局です。



その日本初の放送局で、これまた日本初のビジネスモデル「ホロスカフェ.ネット」を、更に日本初の試みとして、様々なジャンルの参加者を集め、そのビジネスモデルの可能性をブレーンストーミングで探っていくという企画を催しました。もちろんその模様をラジオで放映していきます。


スタジオ参加者は20名。



大学教授。
経営者。
公認会計士。
ベンチャーキャピタリスト。
大学院生。
元上場企業の役員。
経営コンサルタント。
元NHKのプロデューサー。


年齢差40歳以上、本当に様々なヒトがスタジオにぞろぞろ集まりだしました。



その中で、まず私が、ホロスカフェのプレゼンテーションをカラオケ




その後、3テーブルに分けて、このビジネスモデルの可能性をブレスト(脳の嵐)していただきました。




ファシリテーターは、何冊もの本も出版されている著名コンサルタントの後藤国彦先生。



流石にブレストのやり方を理解されてます。



ブレーンストーミングの原則


1、批判厳禁

2、便乗発展

3、質より量

4、自由奔放





しっかり説明しても、提案そのものや、でた意見に対して批判的になる傾向はある程度仕方ないものの、それでも各グループでユニークな意見が次々と出され、最後に発表を聞かせていただきました。



中にはすぐに取り入れたいものもいくつかいただき大感謝。





因みに今回の企画は当社プランナーの安楽武夫氏によるもの。




安楽さんは、京セラの技術者から保険営業の世界に転進した超変人。16年前、ソニープルコ生命の時代から同じ釜の飯を食った仕事仲間でもあります。



氏は、シニアを初め、様々なジャンルのヒトタチのリソースをネットやリアルで融合する場を提供し、知と知をすり合わせ、新しい価値を創造していくことで社会を活性化することをライフワークにしています。




豊富な人生経験やノウハウを持ったシニアと柔軟で斬新な発想の学生。
技術者や営業職、そして大学教授や士業職。
ネットとリアル。
口コミとメディア。



伝統と革新の街京都は面白いにゃー猫
posted by 堀井計 at 00:26| 京都 | Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月10日

師匠に遭遇

2月9日



「営業という仕事に行き詰まり、先行きに不安を感じていました。でも今回の研修を受講してもう一度頑張れると思いました。」




「最近、結果が出ずにヘコム日々が続いていたんですが、スッゴイ元気をもらいました。今からすぐに飛込み営業に行きたくなりました。」




「今まで色々研修を受けてきましたが、こんなにためになった研修は生まれて初めてです。一生忘れたくない営業マインドとスキルをいただきました。」





二日間に渡り、当社4名と鳥居さん(ブレインズ代表)を講師とした今回の大手企業さまへの営業研修。





一人でも多くの方々が行動変化し、実績に繋がるようにと我々講師陣は連日深夜に渡る打合せを行い望みました。





冒頭のコメントはそれぞれの教室でいただいた終了後コメントの一例です。




講師冥利につきる素晴らしい受講生の方々との出会いに感謝もうやだ〜(悲しい顔)




過積載で脱輪寸前の中、「受講生への愛」を持って取り組んでくれた当社講師陣、そして総てを企画、コーディネートしていただいたブレインズ内藤プランナーに感謝もうやだ〜(悲しい顔)





その後、東京でITベンチャー企業3社との打合せ。
各社さまとも保険事業への取り組みを始めていただくことになりました決定




帰りの新幹線は三連休の前日からか超満員新幹線




眠りに堕ちて、目覚めたら名古屋。
隣の席には2月入社の経営企画室山本くん。
東京での事業提携はほとんど彼のアレンジです。




と、そのとき名古屋から乗ってきた超有名人はがく〜(落胆した顔)
続きを読む
posted by 堀井計 at 01:51| 京都 🌁| Comment(1) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月07日

疲労すれども疲弊せず

2月6日


昨日から東京。

急成長のネットベンチャー2社を訪問。


私より20歳近く若い経営者のパワーとスピード、そして頭の柔軟さにはいつも驚かされます。



自分の若い頃と比べては「俺は大器晩成型や」と言い聞かして納得するしかないですねぇ(笑)



今日は朝から仙台へ新幹線



仙台に本社を有する上場企業さまへ保険事業のサポートをご提案するためです。


複数保険会社の商品を取り扱うことは、今後の保険販売戦略上不可欠な要素です。


しかし、売上を上げるため、お客さまのニーズに応えるために商品の巾を広げることはいいのですが、お客さまと深く長く関わり、メンテナンスを行うことは複数保険を扱うことで、管理が煩雑にならざるおえませんふらふら



また、顧客数が増えれば増えるほどお客さまへの関与度が落ちてしまい、顧客満足を提供できなくなるというジレンマに陥ります。




当社の顧客管理システム・CSB(カスタマーサティスファクション・バックアップシステム)はその課題を解決するために、乗合代理業経験6年、プランナー数100名、保有契約数10数万件の管理経験を元に生まれましたNEW




このシステムは顧客情報という何よりも貴重な資産をしっかり守りながら、次のアクションに繋げ、顧客満足を最大化するという、管理業務を超えた管理システムです。
是非、これから本格的に保険ビジネスに参入し、購買エージェントとして、お客さまによりベターな商品を提案していこうとされる企業さまに活用していただきたいと思います。




今後リテール事業を強化されようとするこの企業の皆様も常に顧客視点でモノゴトを考えられる素晴らしい方々でした。当社とは比較にならないほど立派な企業さまですが、是非末永いお付合いをお願いしたいものです。



無事商談終了後、そのまま東京へ。



当社役員の野上、笠原と合流し、プランナー面接。その後打合せ。

みんな日々飛び回っているので中々時間調整が難しい。
会えるときに必要な意思決定を集中して行う必要に迫られます。



野上専務は昨晩東京で一緒でしたが、今朝大阪に戻り、また今東京に来ています。


笠原取締役も一昨日長崎から福岡に入り、昨日大阪にいたのですが、今日は東京です。


私も昨日から京都、東京、仙台、東京そして京都。



出張コストもバカにできません。
特に東京はひっきりなしに誰かが出張しています。
どうやらマンションでも借りたほうが安くつきそうですなぁ。



も、もっとバカにできないのはなんといっても時間コスト。


平等に与えられた1日24時間をいかに無駄なく効率的に使うか。


組織、個人ともに業務の効率化と高質化を同時に推進しなければ。


いかに移動時間を早く短く無駄なく有効に使うか。



スローライフに憧れながらスピード経営を推進する中年経営者の悩みは尽きないのであった。


・・・・・・・・


現在午後11時。くたびれて就寝中のビジネスパーソンで埋め尽くされた新幹線の車内。
ブログ書きながら少し転寝をしていたようです。



真っ暗なトンネルの向こうに見える明るい光ひらめき
その光がグングン近づいてきます。
もうすぐ光の世界に突入する。明るい未来が現実になるぞ〜ぴかぴか(新しい)



目が覚めたとき、そのイメージだけが僕の脳裏に焼きついていましたわーい(嬉しい顔)
posted by 堀井計 at 00:19| 京都 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月04日

直感的先行力を磨け!?

2月4日



2007年も2月に入って早4日。
1ヶ月が過ぎるのはあっという間ですねぇ。


2月といえばまだ旧暦ではお正月です。


中国では昔から正月になると、家々のドアや壁に赤い地に黄色文字で「福」と書かれた紙を逆さま(倒)に貼ります。




中国語で「倒」(dao)と到着の「到」(dao)が同じ発音であり、福を倒すと「福倒了=福到了」→福が到着する、という意味があり、幸福になるようにという願いが込められています。




               0512_07_p03.jpg




 それにしても中国では赤色を使う看板やチラシが非常に多いです。



色彩心理学的には、は刺激、興奮を与える色で、何か新しいことに挑戦してみようという時、難しいこと立ち向かわなければいけない時には有効とされています。



または購買色と言われ、カラーマーケティングではを入れるかどうかで、売上が20%前後も違うといわれています。



流石中国4000年の歴史。学問として解析できなくても経験的に生活や文化に取り込まれているのでしょう。



と、いうことで続きはホロスの午睡でご覧あれわーい(嬉しい顔)

http://www.holos.jp/index.php?page=lifecolumn_list

posted by 堀井計 at 18:05| 京都 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ようこそ社長になれる会社へ

2月2日


朝6時45分の新幹線で名古屋へ。



8時半から某大手リース会社名古屋支店でセミナーです。
当社との提携を期に保険事業に本格参入をされます。


リースのみに留まらず、様々なお客さまの思いや悩みに応えることを使命とされるこの企業さまは、我々の購買エージェント思考にピッタリフィット。



名古屋支店を皮切りに、全国の支店で説明会を開催します。



終了後は当社名古屋オフィス、豊橋オフィス合同の提携説明会。
ほとんどの方に賛同を得ました。


そしてそのまま新幹線で広島へ移動。
今度は当社広島のプランナーにまず説明会をした後、某リース会社さま広島支店にて説明会。


みなさん当社異能プランナーの実力に超期待されてます
今後の展開が愉しみですね〜。




急ぎ京都に戻り、本社の新人歓迎会に向かいました。
場所は野菜の美味しい冬しか営業しないという超こだわりの、知るヒトぞ知るちゃんこ鍋屋さん「串虎」。(鍋のお店にもかかわらず屋号に串がつくのはなぜ?)
特に白葱が絶品!なんですが、だし汁の中をオタマで探索すること10分。
シ、シロネギがない〜もうやだ〜(悲しい顔)
上山さんになんとか一切れだけ発見してもらいました。



うまかった〜わーい(嬉しい顔)



ところで今度、本社研修事業本部に2名。経営企画室に1名を迎えました。


            P1000646.JPG
       ホロスきってのイケメン
       研修事業本部能力開発プランナー 平出くん
       前職のITベンチャー企業では法人開拓営業部隊のリーダーとして活躍してました

    
P1000398.JPG
  京大卒の才女
  ライフワークはゴスペル
  研修事業本部 能力開発プランナー 中倉さん


                     P1000653.JPG
                    心理カウンセラー
                    MBA修士取得中
                    経営企画室 山本くん
                    前職のIT上場企業では社長室長を歴任



なんとこの3名の平均年齢は30歳未満。
高齢化に悩む?当社の平均年齢を見事に下げてくれました。



未だ創業期にある当社なら数年後に社長になることも充分可能です。



もちろん社長を夢見ることだけがビジネスパーソンの目標ではありませんが、組織一丸となって新たな価値想像にチャレンジすることにやりがいを持って、更に愉しく仕事をしていただきたいですねぇ。



やっぱヤングパワー(当社では30歳は極めてヤングです・・)は凄い!



家に帰ったのは3時でしたふらふら



チームホロスに乾杯ビール



posted by 堀井計 at 12:15| 京都 ☔| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月01日

お気に入りに追加

1月31日


1日東京でした。
今日の東京は、1月とは思えないほどの上天気晴れなにやら最高気温が14.8度だったとか。いつもながらですが、時間がタイトで移動は常に小走り、もしくは全力疾走の私としては、暖かいというより、汗ダクの日でしたたらーっ(汗)


それにしても最近毎週東京にいます。
マンション借りたほうが経済的かも・・


朝9時〜大手リース会社さまと業務提携の商談。ざっくばらんでパワフルな社長さまでした。部長からは、「これからは兄弟同然。一生のお付き合いをしましょう!」と、熱いコメントをいただきました。



10時半〜某大手企業さまと業務提携の商談。予定通り4月からスタートできそうです。



11時半〜某大手生命保険会社さまと食事を兼ねて商談。久々に社長、専務にお会いしました。



その後、著名ライフスタイル雑誌の出版会社社長とホロスCafe.netについての打合せ。
某大手コンサルティング会社の関連会社とシステム導入についての打合せ、某生命保険会社に教育研修プログラムの打合せ、当社部長との打合せ、ダメ押しに帰りの新幹線での打合せと立て続けに7社との面談と社内打合せを終え、京都駅着が23時30分。



あーしんど。(京都弁)
けど「保険業界夜明け前」、という感じを肌で感じる今日この頃です。



ところで、最近商談時に使用しているマルチボールペン。



かなり気に入ってます。


今日のハードな商談もこいつのお陰でかなりPOP揺れるハートに進めることができました。



その名も「ゼブラ クリップオンマルチ1000」


                P1000649.JPG



クロ・の4色+シャープペン。五つの機能に加え、高級感あるメタリック仕上げ。おまけに可動式バインダークリップがついているので厚めのノートにも挟めます。

機能、デザイン、色、お手ごろ価格と四拍子揃った優れもの。



重厚な高級万年筆もイイですが、これで1,000円はお買い得です。



できるビジネスパーソン必携ですな(ゼブラさん、サンプル送ってくれるかな・・・)
posted by 堀井計 at 01:44| 京都 ☀| Comment(0) | TrackBack(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
人気ブログランキングへ