堀井計プロフィールページ

2007年07月28日

生まれた日の過ごし方

7月27日


今日は誕生日。


ブログコメントやメール、電話でたくさんお祝いコメントをいただきましたもうやだ〜(悲しい顔)


この場を借りまして御礼申し上げます。


記念日の過ごし方。


49歳は茨城県で迎えました。


朝から某大手企業で研修。


受講生の方々18名から暖かい拍手をいただきました(パチパチパチ)


なんで私の誕生日を知ってたか?

(もちろん自分で言ったからです・・・ふらふら

その後夕方から東京オフィスで商談2件。


その後夜遅くまで野上専務と打合せ。


要するにいつもの平日。


来年、記念すべき50歳の誕生日はハワイでのんびりとリゾート


ワイキキビーチを一望できるオーシャンビューのホテルで、夕日を眺めながら迎えたいものですにゃ〜猫
posted by 堀井計 at 00:50| 京都 | Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月27日

昭和33年の出来事

7月26日


久しぶりのブログ。


平常心を亡くしてしまいそうになる日々が続いており・・・


更新ができませんでした手(パー)


ふと気づけばなんと明日は27日がく〜(落胆した顔)


そう。


明日は私の誕生日です。


49歳。

始終臭い(しじゅうくさい)完璧なおっさんふらふら


こうなれば開き直って加齢臭をブンブンふりまくしかありません。


よくオーラを放って近寄りがたいヒトは尊敬されますが、加齢臭を放って近寄りがたいヒトは当然嫌われます。


私的にはどちらも目指さず、ひたすら自然体で近寄りやすいヒトでい続けたいと思います。


それはそうと49歳といえば昭和33年生まれ。


実はこの年、日本史上記念すべき事象が三つあります。
(みなさん一つでもわかりますか?)


まず一つは?
(ヒント:プロスポーツ界のカリスマデビューの年)
続きを読む
posted by 堀井計 at 00:03| 京都 ☀| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月21日

産経新聞に特集が掲載されました

7月20日


「注目企業のトップに聞く」


以前、産経新聞社から受けた取材がアップされました。


産経関西のウェブ版。⇒http://www.sankei-kansai.com/tyumoku/tyumoku-holos.html


当社は大変化直前、いや最中の業界の注目企業。


産経関西のトップページ⇒http://www.sankei-kansai.com/


私の経歴も開示されてます。


これで私がボートピープルとして和歌山に流れ着いたベトナム人とか、元タイのキックボクサーとかの噂は晴れることでしょうもうやだ〜(悲しい顔)


リスクを覚悟し、大いなる使命を持って立ち上げたこの会社。


数多くの共感していただいたスタッフやプランナー、ステークホルダーやお客様。


今回、記事として掲載されたことで、「購買エージェント」を支援し続ける、いい意味で注目され続ける企業になることを再度誓う、「想いのたな卸し」ができました。


取材いただいた産経新聞社の菅野さま、ありがとうございました手(パー)





業界で目立つ存在になればなるほど
posted by 堀井計 at 01:02| 京都 ☔| Comment(0) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月18日

巡行の日に念願の初乗りはしたものの

7月17日

ここ京都では、祇園祭の山鉾巡行。

朝から本社近くでは、観光客や警察官そして鉾を引くヒトタチで大賑わい。

               P1010308.JPG


私といえば、巡行見物する余裕など毛頭なく、ヒトを掻き分けながら地下鉄に飛び乗り、東京へ。


今日は、日帰りで4件の商談。


まずは大坪東京オフィス長のアテンドで、立て続けに3件のアポイント。


日本のFP業界の草分け鰍ePプラネット代表の井畑敏氏。http://www.mrfp.jp/

独立系FPに対するアセットビジネス(資産運用)をいち早く展開するリスクマネジメントラボラトリーの清水社長、セールスエデュケーションラボラトリーの安川社長。http://www.rml.co.jp/

米国から日本におけるFPビジネスをリサーチするために来日されたアメニプライズ社のカーナ女史。



いずれも独立系FPという存在に価値を感じ、日本において認知、普及することが社会貢献に繋がると信じて事業展開を推進している方々です。


それぞれの立ち位置でのそれぞれのミッションやビジョンを拝聴し、大変参考になりました。(大坪さん感謝です手(パー)


今後、情報交換や提携も視野にいれながら、共にFP業界の活性化に寄与したいものです。


その後、研修事業でのパートナー、ブレインズの鳥居社長とMIT(マサチューセッツ工科大学)との提携で経営管理職セミナーを展開するサイコム・インターナショナル社の西田社長と合流。http://www.cicom.co.jp/


教育研修事業でも、互いの強みを活かしながら、新たなコンテンツ開発やエリア戦略を共同で推進するための意見交換を。


それにしても、本日お会いした6人の経営者の皆さん、年齢やキャリア、業種は異なれど、エゴを抑え、自らリスクを取り、社会や顧客、社員やその家族への貢献を真摯に考え、たゆまぬ工夫や努力を重ねられている方々ばかり。


それぞれの方と、一度ゆっくり経営について語り明かしたいものです。

更には経営者の鎧を脱ぎ捨てて、素の個人として、人生について語り明かしたいものです。


そして最終の新大阪行き「のぞみ」に飛乗り。

実は一度乗りたいと思っていた新しい新幹線「N700系」新幹線

              200707172333000.jpg  

座席毎にコンセントが付いてますひらめき

                200707172128000.jpg


いつも座席指定は一番前か後ろの電源が引ける席を押さえるのですが、今回は中の席。


おまけに到着時間も5分程早い。


ただ、なんだか揺れる感覚がいつもの新幹線と違うような気が。


パソコン開けて、ご機嫌さんでブログ書いてたら気分が悪くなってきました。


うぅぅ〜気持ち悪いふらふら


ということで、パソコン中止・・・
posted by 堀井計 at 00:53| 京都 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月15日

ささやかな愉しみ

7月13日


大阪オフィスでセミナー。


お昼時に大阪オフィスに行くときのささやかな愉しみ。


阪神野田駅の改札を出たところにある立ち食いうどんの店。


             200707131239000.jpg


細くてこしのある「ささめうどん」。


あっさりとしたダシになんと土生姜入れ放題。


土生姜は殺菌効果や発汗効果、胃液などの分泌効果があります。


食欲がないほど落ち込んでいる時、、悲しいとき、苦しいとき、淋しいとき、うれしいとき、愉しいとき、要するにいつでもドバッとふんだんに入れます。

                200707131245000.jpg
                かきあげうどん340円


マ、マ、マイウ〜わーい(嬉しい顔)



ハッキリ言ってオススメです手(チョキ)
(ご店主さま、私のPRで入れ放題生姜の使用量が増えても無くさないでくださいね〜)
posted by 堀井計 at 16:34| 京都 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月14日

タダのセミナーはやはりタダ・・

7月13日


タダのセミナーはやはりタダのセミナーではなかった。


大変化直前の保険業界。


変化(へんか)の前に自ら変化(へんげ)しようとする前向きな保険代理店の経営者が参加。

                200707121433000.jpg


私の講演内容「金融機関の窓販解禁を見据えた保険代理業戦略」
(長い・・・)が呼び水となり、参加者から積極的な質問や発言が。


変化は怖い。


でも変化は避けられない。


生き残りを賭けて。


個人も組織も。


その変化を受け入れよう。


顧客から選ばれるために。


捨てる勇気と変わる覚悟が必要だ。


明るい未来を信じて変身、転進、前進しようひらめき


参加者の皆さんありがとうございました。


そしてDMを出し、アポイントを取り、プレゼン資料を作成し、受付から司会、アンケート集計と準備に関わってくれたスタッフの皆さんありがとう。


我々の跡に道は創られていくのですにゃ〜猫
posted by 堀井計 at 01:00| 京都 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月11日

タダのセミナー

7月10日


タダのセミナーがあります。


タダですがタダのセミナーではありません。


要するに無料ですが値打ちのあるセミナーということです手(チョキ)


どんなヒトに値打ちがあるかというと、


日本人には見えない日本人を見たいカタ目


ではなくて、


保険業を営む経営者やプランナー。


タイトルは、


「保険代理業生き残りの次の一手とは!」
〜金融機関の窓販解禁を見据えた保険代理業戦略〜



日時は、

第一回 2007年7月12日(木)/京都

第二回 2007年7月13日(金)/大阪

第三回 2007年7月18日(水)/京都

第四回 2007年7月19日(木)/大阪


詳しくは⇒http://www.holosclub.jp/topics/mail/070612_seminar.pdf


講師は、パッと見たらタイ人、よ〜く見たらマイティモー、年齢不詳、国籍不明、カタコトの日本語と流暢なシモネタを操る謎の人物。


お陰様でたくさんの方々から参加申込をいただき、残席わずかです。


皆様のご参加、心よりお待ちしておりますワン犬
posted by 堀井計 at 00:56| 京都 ☔| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月08日

クスリのキープ

7月6日


京都祇園。


言わずと知れた日本を代表する歓楽街。


お客様である不動産会社社長の大型物件売却祝いに久しぶりにご接待。(をしてもらいました・・・ふらふら


タクシーを降りて、まず立ち寄ったのが祇園の中の薬屋さん。


「おばちゃん、スペシャル頂戴パンチ今日で三日連続や。」

「???」


スペシャルとは、悪酔いせず、次の日も酒が残らないスペシャルブレンドサプリのことでした。


ふとカウンターの中を見ると、そこには祇園のオネエチャンたちのサプリキープがびっしりがく〜(落胆した顔)

                200707061902000.jpg              


普段はお客さんにボトルキープを盛んに薦める彼女たちも、自分の健康の為にきっちりサプリキープをしているんですねぇ。


う〜ん流石プロフェッショナルはどこの世界でも健康管理が欠かせない。


そういえば最近の私、サプリも飲まず、運動もせず。


経営のプロとしてはこれではイカンちっ(怒った顔)


と、祇園花街の石畳で心身、知力、気力、霊力をマネジメントすることを誓うのであった三日月


                 img_0337.jpg
posted by 堀井計 at 13:16| 京都 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月03日

新風は競走か共創か

7月3日


最近保険業界の経営者との面談が多い。


先週は代理店協議会発起人の会合。


大型広域代理店の経営者たちが集まり情報交換。


業界の社会的地位向上や顧客満足を高めようという想いを共有でき、かなり有意義でした。


昨日は、業界では今をときめくネットに特化した保険会社設立に向け準備をされている某ベンチャー企業を訪問。


社長さん、副社長さんらと1時間ほど情報交換。


お二人とも業界には似つかわしくない程目?ピュアでクリーンなイメージ。


社長曰く、


「新規参入者がいつの時代も業界を変えていくグッド(上向き矢印)


ひょっとしたらかなり手強い競合かもしれないのに、なぜか応援したくなりました。


そういえば、私が初めて保険業界に足を踏み入れた某保険会社も当時は業界外からの新規参入でした。


「今日から保険が変わる。ライフプランナーが変えるぴかぴか(新しい)


このキャッチコピーに痺れたことを思い出しました。


ネットVSリアル。


ネットで完結さすのかリアルを融合させるのか。


どちらが勝つとか強いではなく、敵対するのでもなく、お互いがお互いの素晴らしさを認め合いながら、業界の活性化や永続的にお客様に満足を提供できる仕組みを構築していきたいものですワン犬
posted by 堀井計 at 23:06| 京都 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月01日

雲の上のヒト

7月1日


「雲の上のヒトですから・・・」

某食品会社の工場長が、社長の不正指示を受け入れ続けていたことをインタビューで指摘されたときに出た言葉。


「社長は雲の上のヒト。」


雲の上のヒトからの命令は絶対。

クロでもシロ。

雲の上とは、尊敬、崇拝、憧れ、カリスマ、君臨、畏怖、恐怖。

工場長の解釈は畏怖もしくは恐怖というところでしょうか。

悪いことして儲けに走る経営者とその暴走に従うしかない役員、社員。


ヒトの心は弱くて脆い。


欲や富、権力、プライドや保身に心がグラつくのが人間です。

もちろん私も弱い人間の一人ですふらふら


企業を上場することは、社内の部門間や職位で牽制機能を働かせ、俗人的判断や経営者の独断を廃し、株主やお客様に健全な経営状態を公開したうえで、マーケットと良好なコミュニケーションを取りながら成長させていくことです。(でもグッドウィルグループは上場してましたね・・)


当社が上場を目指すことは、私のような心の弱い経営者を監視しながら、健全な成長をしていくことも目的の一つかもしれません。(もちろんそれだけが目的ではありませんが)


では尊敬されながらも雲の上には登らない(自惚れない)活き方とは?
 ⇒7月の堀井計の午睡へhttp://www.holos.jp/index.php?page=lifecolumn_list
posted by 堀井計 at 22:16| 京都 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
人気ブログランキングへ