堀井計プロフィールページ

2008年12月31日

大晦日やちゅうのに

12月31日


大晦日。


朝6時半に起床し。


なぜかゴルフ場に。


突然の誘いの電話で。


「二人で行くと違うペアと組まされるんでもう一人いるねん。」

「あぁ人数合わせね・・」

「それだけちゃうで、二人ともへたくそなんで気い使わんでえー奴と行きたいねん。」

「要はへたくそを探してたちゅうことやな・・」


で、失礼な誘いに断ることもできず。


今年はコースどころかクラブも握った記憶もなく。


ぶっつけ本番パンチ


それにしても師走の最終日にゴルフなんかする奴いるんかいと思って来たんですが、これが朝から満員でがく〜(落胆した顔)


この光景だけ見てるとホンマに日本は大不況なんかと思います。


あらゆる情報をメディアからキャッチし、自分の中に取り込んでおくことは大切ですが。


自分の眼や身体で現場を確かめ感じることも大事です目


その中から必ず顧客貢献のヒントが掴める筈。


100年に一度の大チャンスを掴めるか掴めないかは。


情報力と現場力からチャンスの種を見つけ出し。


後は兎に角めちゃくちゃ行動することでしょうちっ(怒った顔)


来年が愉しみでするんるん


今年ブログを愛読いただいた皆さん。


本当にありがとうございました手(パー)


来年も中身より掴みを重要視し・・


更新していく所存です。


で、ゴルフのスコアですが。


この華麗なフォームを披露して。


              2008123111380000.jpg


想像にお任せしますゴルフ





posted by 堀井計 at 19:24| 京都 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月28日

年末年始の過ごし方

12月28日


年末年始。


帰省でぼんくらツィンズが帰ってくるようになったお陰で。


出かける予定が入れられず。


過ごし方はもっぱら読書になりそう。


で、今日は本屋さんに買出しに。


ビジネス書、雑誌、小説、心理学系、スピリチュアル系とごちゃまぜでカゴに放り込んでると。


ツィンズ2号が。


「この本、めっちゃおもろいらしいでるんるん


と持ってきたのが。


                2008122816170000.jpg



「社長失格」ドコモポイント



ベンチャー起業家の実録本のようです。


読むのが少し怖いですが言われないように今のうちに勉強しておこう本
posted by 堀井計 at 22:47| 京都 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月27日

スリッパの気づき

12月26日


今日は歯石取りの最終日。


小学校以来虫歯にはなったことがないのですが。


歯石はたまりやすいようで。


年末の大掃除の如く。


口内を綺麗にしてから新年を迎えようと。


通っていました。(3回コース)



その歯医者さんに設置してあるのが。


                dispenser_setti.gif


「スリッパ殺菌ディスペンサーパンチ


履いたスリッパを上に置いたら格納されて。


中で殺菌。


履くときはボタンを押せば下から殺菌されたスリッパが出てきます。



これを見てると目・・



凄いできたニンゲンのように見えてきて。



様々なヒトからの悩みやグチや不満を受け止めて。


中で殺菌してあげて。


綺麗な言葉に変えて出していくって感じ。



このスリッパマシンのように。


ネガティブな言葉を吐き出すヒト(汚れたスリッパ)を受け止めて。


自分のフィルターを通ったあとには。


ポジティブな気分で帰っていくような(殺菌されたスリッパ)


ニンゲン殺菌ディスペンサーを目指そう。

(これも2009年の目標にしておこう・・)
posted by 堀井計 at 18:44| 京都 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月26日

酸欠寸前

12月24日


東京青山にあるHOLOS-BRAINSのオフィス。


スタッフ増員による増床以来始めての訪問。


かなり狭いという噂でしたが。


噂以上に狭い目


7年前の起業時に借りたオフィスは8坪でした。
(なぜか暖房設備がなく冬は室内でコートを着ていました)


ここはそれより狭くその半分程度の広さに。


なんと常駐5名がく〜(落胆した顔)


              P1000339.jpg



実は年明けには引っ越す予定でしたが。


この突然の経済環境下で。


しばらく見送ることに。


社長以下スタッフ全員の総意ですパンチ


分社して1年経過し、急成長した教育事業ですが。


ベンチャースピリッツを忘れてません。


厳しい経済環境にも揺がない経営基盤を築くまで。


贅沢をせずにもう少し我慢をと。


これも1つの勇気ある決断です決定

(二酸化炭素中毒で倒れないければいいんですが・・)


当社はホロス本体含めまだまだ創業期のベンチャー企業。


そのときは辛くて厳しかった状況も。


あとでギャグにして笑い飛ばせる会社にしていきましょう手(パー)




posted by 堀井計 at 01:03| 京都 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月25日

視界良好

12月24日


先が見えない見えないと。


不安視されるご時勢ですが。


本年最後の出張に出かけました。


まずは飛行機で仙台へ飛行機


本年お世話になったお客様へのご挨拶と今後についての打合せ。


その機内から観えた景色はがく〜(落胆した顔)
続きを読む
posted by 堀井計 at 16:08| 京都 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月23日

ロームVS京セラ

12月23日


ロームと京セラ。


京都を代表する超一流企業2社。


お互いが意識してるかどうかはわかりませんが。


この季節になると競い合うかのように。


街をイルミネーションで彩りますぴかぴか(新しい)


          P1000239.JPG
              ローム


ロームさんは初めてから既に14年目、なんと60万個の白色LEDを点灯され。


            P1000327.jpg
               京セラ


かたや京セラさんも10年目、こちらは白、緑、オレンジとカラフルな彩りで年々パワーアップ。


更に本社ビルの高さを活かした巨大X'masツリーも圧巻です。


              P1000331.jpg



光に包まれると気持ちが穏やかになったり。


癒されたり。


逆に心が躍りだしたりと。


光にはヒトの心を動かす力があるようです。



企業が本業とは別にヒトの心を動かすお手伝いをすることがCSR(企業の社会的責任)の意義。


そのためには企業にも余力が必要です。


この景気低迷局面で。


余力がなくなるとCSRに手もカネも回らなくなる可能性もありますふらふら


街から灯りを消さないためにも。


経営者は利益を生み出すことが使命ですパンチ



当社もまだまだCSRを行えるまでの余力が持てないレベルですが。


日々のコミュニケーションや行動で。


せめて本業で社会貢献をし。


経営者の存在そのものが光り輝く。


人間イルミネーションを目指そうではあーりませんか。

(2009年の目標にしよう・・)
posted by 堀井計 at 23:10| 京都 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

同い年の大物

12月23日


暮れも押し迫り。


当年とって50歳パンチ


で、同い年の大物が誕生日ということで祝福されました。


ワタシと同い年の大物とは?
続きを読む
posted by 堀井計 at 21:56| 京都 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

能登かき

12月23日


毎年この頃に。


能登の親戚が送ってきてくれる「能登かき」。


            P1000326.jpg



実はワタシは大の海産物好きです。



特にもずくやワカメが(もう暫くは保ってもらわねば・・)



新鮮な生食用。



即三つほどペロンペロンと大根おろしとポン酢でいただきますと。



「うみゃ〜るんるん(ってなぜか名古屋なまりに)



こりゃ止まらんなと思ったのもつかの間。



後はカキフライにして年末帰省してくるボンクラツィンズのためにキープという指令が下りふらふら


いくつになっても優先順位はコドモということで。


一家の主は二の次ですな。


産地直送「能登かき」を食べたいヒトは⇒山口水産(0767-66-0446)まで手(パー)
posted by 堀井計 at 17:24| 京都 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月20日

最終回

12月20日


風のガーデン。


終わりましたね。(今日ビデオで観ました)


緒方拳さんの遺作でもありましたが。


主演の中井貴一氏や神木隆之介クンの名演技に。


富良野の美しい花々やその花言葉に。



泣きましたもうやだ〜(悲しい顔)



いかに活き。


いかに往くべきかを。


考えさせられました。


もし私が自分の死期を知ったとき。


どんな行動をするだろう。


目の前の仕事はどうするだろうか。



仕事柄・・・



生命保険の重要性やプランナーの価値を最大限にPRしTV


最後はご縁があった方々を集めた大宴会を催そうるんるん(リビングニーズを活用して手(チョキ)



そのときに。


別れを惜しんで足を運んでくれる。


利害や地位や立場を超えた。


人間関係を作っておこう。
(でないと企画倒れでサミシイやん)


posted by 堀井計 at 23:45| 京都 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月17日

忘年会の鍋

12月15日


例年より少し早いホロス本社+営業本部の忘年会ビール


今年もアッと驚く為五郎でした。


ではなく・・アッと言う間の1年でした(失礼)


年々スタッフ数が増えていることに感慨ヒトシオです。


ただメンバーを見渡す目と平均年齢は高そうで(恐らく30代後半か・・)


もちろん私がほぼ最高齢なんですがもうやだ〜(悲しい顔)


企業が永続的に成長するには途切れない年齢分布、特に20代の層を厚くすることが求められます。


今まで新卒を採用し、育てるだけの余裕もなく。


即戦力としてのキャリア採用で組織していました。


このご時勢ですから来年就職活動を行う学生たちはかなり苦労されるでしょう。


所謂買手市場です。


当社のようなベンチャー中小企業でも良い人材を採用できるチャンス。


これも1つの追疾風(オイカゼ)手(チョキ)


その為の人材投資に回せるだけの時間的金銭的体力造りが課題です。



まっ、ということで忘年会といえば鍋。(えらい急展開やな・・)


で、本日は寄せ鍋で。


魚オンパレードだったのですが。


タラの切り身になにやらモゾモゾ動く物体を発見目


アッと驚くがく〜(落胆した顔)寄生虫ではあーりませんか。


火にかければ大丈夫ですが生で食べると危険ですので。


くれぐれも皆さんナマモノは気をつけて食するように(アンコウのキモも・・)








posted by 堀井計 at 00:39| 京都 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月14日

変(へん)

12月13日


2008年の漢字に選ばれた「変」。


当社今村プランナーの予測が見事的中。
(FPは一流。研修講師は名人級。ギャグは八流です・・)


ご存知オバマ氏の大統領就任メッセージ「CHANGE」の影響も強く。


時代の趨勢から選ばれるべくして選ばれたキーメッセージ。


実は既に1年以上前から。


私のセミナーで多発していたメッセージは。


「変化(へんか)の前に変化(へんげ)せよパンチ



金融業界が郵政の民営化や銀行の窓販全面解禁を受け、大変化することは既成の事実で、その大変化が判ってるなら自らが揺ぎ無い体制を構築するために変化(へんげ)していきましょう、というメッセージでした。


私なりの定義では、変化(へんか)は受動的。


自分とは直接関係なく起こる環境の変化や時代の変化。


日本の一般人のほとんどはサブプライムローンとは直接関係なくても回りまわってリストラの対象にさらされています。


そして変化(へんげ)は主体的。


自らの意志で変わっていくこと、選んでいくことを指します。


変化(へんか)を情報や直感から事前に察知し、その前に変化(へんげ)していくヒトが世の中には存在します。


そんなヒトは他者から選ばれる立場ではなく常に自らが選ぶ、選択する立場にあります。(結果的には選ばれる、推挙されるケースが多く、その意志決定を自らが行える立場にあります)


100年に一度といわれる金融恐慌ふらふら


世界の超大手企業が倒産の危機に晒され。


日本の超優良企業も大リストラの敢行を決定し。


そのリストラの対象者の方々や。


内定を取り消された学生さんたちも。


大変化(へんか)の犠牲者と思われているでしょう。


起きてしまったことは変化(へんか)です。
(しゃーないと思うしかないやん)


これからは自らが変化(へんげ)すると捉え、これからどう行動するかです。


常に選べる立場になれるスキルや知力を養成し。


得意領域を伸ばしながら。


選ばれたときには謙虚に引き受けられる度量や人間力を身に付けよう。


「CHANGE」の後には「CHANCE」が必ずやってくるのです手(チョキ)










posted by 堀井計 at 12:58| 京都 ☔| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月11日

セミナー納め

12月11日


さて師走を向かえ。


本年最後のセミナーを無事終えました。


新日本保険新聞社さん主催。


「こうすれば勝てるひらめき 乗合代理店の未来戦略」



今回は初のトリプルジョイントで。


業界の知恵袋、シンニチ取締役編集長榊原さん。

             P1030293.JPG


商品検索システムを開発運営するトータスウィンズ亀甲社長。

   P1030332.JPG


そしてワタシの豪華絢爛?スピーカー。

                      P1030321.JPG



有償にも関わらずたくさんの代理店経営者さまに参加いただきました。



今年も研修やらセミナーで、1000人以上の方々との出会いがあり。



それがご縁で一生涯のお付合いが始まるカタもいらっしゃり。



来年も。



足を運んで下さるカタがいらっしゃる限り。


体力や知力が続く限り。


業界を変革しようとする想いが続く限り。


全国を奔走する所存でございます手(パー)
 (あくまでも続く限りですが・・・)
posted by 堀井計 at 23:32| 京都 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月07日

特訓開始

12月7日


実は家にピアノがあります。(電子ピアノですが)


10年ほど前に死んだ母が70の手習いで買ったモノ。


もったいないので家に引き取り。


ただ置かれていました。


年初の抱負にピアノを弾けるようなりたいと口走りちっ(怒った顔)


年末に何もしていないことに焦りふらふら


遂に特訓を始めることに。



プライベートコーチ(義妹)をつけ。


1年がかりで1曲の弾き語りマスターを目指しまするんるん


この話題を。


今後このブログで取り上げなければ。


挫折したと思ってくださいバッド(下向き矢印)


50の手習い。


特訓初回はまるでボケ老人のリハビリのようでした。

             P1000319.jpg


弾語りへの道は険しく長いあせあせ(飛び散る汗)
posted by 堀井計 at 23:09| 京都 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

12月の午睡更新

12月7日


23歳から32歳まで勤めた、初めての就職先は流通業(小売業)でした。


最初の5年は店舗で仕事を経験していました。


半期に一度決算棚卸しという作業があり、売場の商品在庫を全てカウントしなければなりません。


私は細かいことが嫌いなタイプなので、このシゴトはあまり好きではなかったのですが会社にとってはかなり重要な仕事ですパンチ


あるべき商品と実際の商品を照合し決算数値を確定させます。

あるべき数値と実際の数値が合わなければロスとなります。


商品ロスは極力出さず、シビアに管理することが必須です。


では時間のロスはどうでしょう?


⇒午睡サイトへ
http://www.holos.jp/index.php?page=lifecolumn_list&menu_year=2008&menu_month=12&exptitlename=2008-12
posted by 堀井計 at 22:36| 京都 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月03日

技術とは

12月2日


東京から帰りの新幹線新幹線


駅で本を買いました本


「起きていることはすべて正しい」
〜運を戦略的につかむ勝間式4つの技術〜


出す本がことごとくベストセラーの勝間和代さんの著書。(ダイヤモンド社刊)



彼女の著書はすべてロジカルで明快でわかりやすい。(明快とわかりやすいは同じ意味かな・・私の表現はわかりづからい・・・ふらふら



まだ全部読み終えてませんが、冒頭の内容で「運を掴むのは技術であるパンチ」という表現をされている。



運をよくするグッド(上向き矢印)幸運をもたらすグッド(上向き矢印)運気を上げるグッド(上向き矢印)



ことをテーマにした本は星の数ほどあるが、その方法を「技術」と捉える切り口が凄い。


またその技術の定義がこれまた明快です。


以下著書の抜粋ですが、勝間さんは「技術の定義」を次の4つの要件を備えている行動習慣と想定されています。


1.再現性高く実現でき、(実行したほぼ大半のヒトに効果がでる)


2.継続可能で、(日常の習慣の中に落とし込みやすい)


3.比較的早期から効果が現れ、(数日から長くても数週間のうちに効果が実感できる)


4.長期に効果が持続するもの(その効果が頭打ちにならずに、続ければ続けるほど、効果がより増し、持続するもの)



実は、当社の営業研修も「営業職」とはセンスや個性や根性ではなく「技術職」と捉えることで評価をいただいてます。



HPC研修を一度企業に導入すると90%以上のリピートをいただいている理由をこの定義に当てはめると納得できます。



ある導入企業の事後アンケートでは、受講者中半数以上が営業数値に寄与したと返答されており。



翌日から現場で実践して即約定に繋がったり。



数年前の受講生が好業績を維持し続けているとの報告を受けたりと。



嬉しい報告をいただきます。


で。


「運をつかむ」ことも「営業実績をあげる」こともすべて「技術」ということになり。


その方法を知り、何よりも習慣化するまで実践し続けることで。


人生は開けてくるんだなぁ(相田みつを調で・・)



起きていることはすべて正しいんだなぁ(再度相田みつを調で・・・)
posted by 堀井計 at 00:04| 京都 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
人気ブログランキングへ