堀井計プロフィールページ

2012年03月31日

「ヤンチャであれ、そしてハングリーであれ」と嘯くクソボンクラ双子のコメンスメント

3月31日

卒業式のことを英語ではコメンスメント(COMMENCEMENT)と呼び「始まり」を意味します。卒業は終焉ではなく、新たな出発なんだというこの言葉、ちょっと素敵だと思いません?

実はワタスには通称ボンクラツインズ、俗称ホリーマンブラザースと呼ばれる双子の息子がおりまして。

こやつらは生まれてから27歳の今に至るまでどこでも誰といる時も人目もはばからず小競り合いを初めやがるクソボンクラ小僧であります故に。

基本普段はとてもとても穏やかで温厚なワタスを、唯一どこでも誰といる時も人目もはばからず烈火の如く鬼の形相で怒らせてしまいやがるボンクラオブボンクラ野郎どもなのであります。

で、どうやらそのボンクラツィンズがコメンスメントを向かえたらしく。

以前にもコラムで書きましたが、就職活動の時にワタスが漫才師を目指せと誠に有り難いアドバイスをしたことを完全無視して、起業するという目標を持ってITベンチャー企業に就職し(それも同じ会社に)、それから5年間その会社にお世話になり、2号(弟)が1月末にそして1号(兄)が3月末という若干の時間差はあるもののほぼ同時期に退社、そして念願の独立起業を果たしたということです。

こやつらを5年もの間育てていただいた企業の社長様はじめ上司、先輩、同期、後輩の皆さま方におかれましては、恐らく日々お見苦しい小競り合いを見て気分を害されたことと推察され、この場を借りまして(といってもほぼ誰もこのブログを見られてないとは思いますが)お詫び致しますとともに、それでもなお今まで居場所を与えていただいた懐の深さに改めて感謝する次第でございます。


ワタスの独立は42歳だったので彼らの方が15年も早い訳ですが、少し前に彼らから独立の意志を聞いたとき、なぜこのタイミングなのかと尋ねたところ、IT業界ではこの歳でも遅いくらいなんだとか。

確かにIT業界で起業して成功するには、アタマの柔軟性や時代変化に対応するスピード感、そして24時間働ける情熱や体力を考えると20代に決断する必要性があるのかもと思ったものです。

いずれにせよいくら目標の起業を果たしたとはいえ、それはスタートラインに立ったばかりだということ。

まがりなりにもお給料をいただいていたものを一旦ゼロリセットして、未だ当ての無い無収入の世界に踏み込んだ勇気は認めてはいるものの。

男のロマンに付き合わされる家族を筆頭に恐らく周りのヒトタチには様々な迷惑をかけているはずなので。

これからが恩返しの始まりです。

かのザッカーバーグ氏と同い歳でもあるようなので。

2人がかりでもイイのでどうせなら世界を変えるようなサービスを開発して欲しいものであります。

でもこのボンクラツィンズ、幾つになっても、よしんば成功しても一生小競り合いは無くならんのやろな〜

                 180661_1878320239826_1295871304_32463931_7692775_s.jpg

スタートアップで働く双子の弟のblog「ヤンチャであれ,そしてハングリーであれ」↓
http://shotahorii.com/%E6%97%A5%E8%A8%98/%E3%83%A4%E3%83%B3%E3%83%81%E3%83%A3%E3%81%A7%E3%81%82%E3%82%8C%E3%81%9D%E3%81%97%E3%81%A6%E3%83%8F%E3%83%B3%E3%82%B0%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%81%A7%E3%81%82%E3%82%8C/


  ワタス含めて転覆トリオにだけはならないように気を引締める先輩社長に激励の↓を
                 
人気ブログランキングへ

posted by 堀井計 at 22:01| 京都 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月30日のつぶやき

holoskun / 堀井計
3月の営業日も終了。今月は私もプランナーとして奔走し6社の法人契約を頂戴した。様々な業界の経営者と情報交換しライブで現場を知ることはとても大切であり、ニーズに基づいた商品提案は基よりそれ以外の付加価値を提供することでより関係性は深まることを改めて実感。課題はこの経験の社内承継だ。 at 03/30 17:42

holoskun / 堀井計
『2012年03月29日のつぶやき』伝統と革新の街・京都ではたらく社長のb…|http://t.co/KBcakvNu at 03/30 02:29

holoskun / 堀井計
『AKB前田敦子が教えてくれたこと』伝統と革新の街・京都ではたらく社長のb…|http://t.co/fPtQvFN5 at 03/30 00:01
posted by 堀井計 at 00:01| 京都 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月30日

AKB前田敦子が教えてくれたこと

3月29日

ワタスは特にAKB48の熱狂的ファンでもなく、ましてマエアツに特別の感情を抱いていたわけでもないのですが(しいて言えば篠田麻里子ファン・・)

               20091217_970832.jpg

メディアでは彼女がAKB48を卒業するという話題で持ちきりなので。

彼女が本当に自らの意志で卒業を決意したのかプロダクションや秋元総合プロデューサーの戦略なのかは神のみぞ知ることとして。

あくまでも自らの意志で人気絶頂のセンターポジションにあるにもかかわらず退くという決断をしたと仮定すると。

彼女の勇気ある決断は熱狂的ファンでなくても特筆に値することではないかと思うわけです。

ヒトは中々ピークの絶頂でそのポジションから退くという決断はできません。

サーフィンで例えると、せっかく苦労してテークオフした波に乗って気持ちよさの絶頂時にわざわざ自ら海に落ちて波に揉まれるようなものです(例えがイマイチ・・)

引き合いに出すとマエアツファンに怒られそうですが、ワタスも某生命保険会社の支社長をしているときにその座を自ら退きました。

当時の収入を鑑みると、一般的にはそのポジションを捨てることは相当意外だったと思います。

もし彼女とワタスの共通点があるとすれば、それは次なるステップを踏もうと決めたことではないかと思うわけです。

捨てるものと得るものを秤にかけて、保証はされてなくても得る方にかけてみようと思いきった結果の発言だったというわけです。


ワタスの実体験や長年生きてきて数々の成功者と失敗者?を見てきた経験値から申しますと。

ヒトはとかく現状不満や既にピークを過ぎて下降線を辿っているときに次のことを考えて行動を取りますが、その場合はその当時の最もピークにあった時より上に行くことはほとんどありません。

逆に登り調子のピークに差し掛かっているときや絶頂前後に決断した場合には、そのピークより更に上に行く可能性が高いということです。

その理由は、自分のポテンシャルはまだまだこんなもんじゃないと可能性の大きさを信じているヒトである、もしくは人生の目標が明確にありそこを目指すことにぶれない意志を持っているからではないかと。

間違いなく言えるのは現状不満の延長線上には右肩上がりの成功は無い可能性が高いということです。

ちょっと視点をかえてまたまたサーフィンで例えると、今乗ってる波はそれはそれで気持ちよく乗っているのだけれど、その波のポテンシャルには限界がありやがてパワーは衰えていくので、乗ってるうちに次に来るより大きな波を見定めてそっちに乗り移る方が、もちろん危険はあるのだけれどよりスリルがあって断然愉しいという感じでしょうか。

ここでいう波をビジネスに例えると、波そのものは経済環境でもあり、運の流れでもあり、またサーフボードは商品とかサービスという道具で、いずれにせよやはり乗れるか乗れないかはサーファーの意志とかスキルとかマインド次第ということです。


学生の時は卒業が3年とか4年とか決まっていて自ら卒業時期を決める必要はありませんが、社会に出るとそのほとんどは自らの意志で卒業を決めなければいけません。


前田敦子さんはAKB48を卒業する意思を表明されましたが、必ず今以上に成功するとは限りません。むしろピンで売れるほうが難しいでしょう。

それでもセンターポジションを捨てた彼女の決断に惜しみないエールを送りたいと思います。


今春、あなたは何を卒業し何を始めますか?


   どちらかというとAKB48より江頭2:50の方が好きなキワモノ社長に微笑の↓を
                  
人気ブログランキングへ
posted by 堀井計 at 00:01| 京都 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月29日のつぶやき

holoskun / 堀井計
隣のドトールコーヒー、最近の改装をきっかけにスタッフの声の大きさや態度も変わっている。特に朝のテークアウト時の全員で「いってらっしゃいませ!」は気持ちいい。ただ改装という大きな投資が無くても顧客対応は常にブラッシュアップしておくに越したことない。と日々我振返る。 at 03/29 09:21

holoskun / 堀井計
『2012年03月28日のつぶやき』伝統と革新の街・京都ではたらく社長のb…|http://t.co/f6fzytt8 at 03/29 02:36
posted by 堀井計 at 00:01| 京都 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月29日

2012年03月28日のつぶやき

holoskun / 堀井計
今日は朝から滋賀県近江八幡のお客様に直行。いい仕事ができたのでクラブハリエで有名なたねや本店でバームクーヘンを買って帰ろう(^-^)/ http://t.co/iFNsUppj at 03/28 11:29

holoskun / 堀井計
『2012年03月27日のつぶやき』伝統と革新の街・京都ではたらく社長のb…|http://t.co/q1HUV6zk at 03/28 02:32
posted by 堀井計 at 00:01| 京都 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月28日

2012年03月27日のつぶやき

holoskun / 堀井計
本日携帯電話3台持ちのうちの1台を解約してきた。2台になってだけでなんか解放感があって軽やか(^O^) at 03/27 20:18

holoskun / 堀井計
成功する起業家の秘密:人間関係の研究 http://t.co/YZs1Dtht @wired_jpさんから at 03/27 11:51

holoskun / 堀井計
『2012年03月26日のつぶやき』伝統と革新の街・京都ではたらく社長のb…|http://t.co/fmjYRJLM at 03/27 02:36
posted by 堀井計 at 00:01| 京都 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月27日

2012年03月26日のつぶやき

holoskun / 堀井計
私含め7名がまだ会社で仕事している。笑い声がでてるのが救いだけれど、もっと早く帰れる体制にせんとあかんな〜 at 03/26 21:26

holoskun / 堀井計
『2012年03月25日のつぶやき』伝統と革新の街・京都ではたらく社長のb…|http://t.co/1qd9KI2l at 03/26 02:38
posted by 堀井計 at 00:01| 京都 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月26日

2012年03月25日のつぶやき

holoskun / 堀井計
『人間関係という河で大切なものは堤防ではなく橋である』伝統と革新の街・京都ではたらく社長のb…|http://t.co/C2KGZm3O at 03/25 21:31

holoskun / 堀井計
『2012年03月24日のつぶやき』伝統と革新の街・京都ではたらく社長のb…|http://t.co/Pl9cpKGA at 03/25 02:37
posted by 堀井計 at 00:01| 京都 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月25日

人間関係という河で大切なものは堤防ではなく橋である

3月25日

今週で3月が終わりますね。

この時期は1年のうちで卒業式や人事異動や組織変更や決算などで一つの区切りを向かえ、新しい環境に変わるヒトが最も多いのではないでしょうか?

そんなあなたは今不安の方が大きいですか?それとも期待の方が膨らんでいますか?

置いてきた人間関係に心残りはないですか?またこれから育んでいく人間関係に一抹の不安はないですか?


「今まではあまりヒトに恵まれなかったので今度はイイヒトがいてくれたらいいな・・」


なんて思っているヒトのほとんどは新たな環境でも同じことが繰り返されるものです。

なぜならその原因は常に自分が生み出しているからです。


あなたが距離を感じているヒトを一人思い浮かべてください。

きっとあなたとそのヒトとの間には深い河があるはずです。

ではあなたのいる岸の方からその河を越えて橋を架けていくところをイメージしてみてください。

橋が向こう岸に届くと相手が繋がろうとして近づいてきます。あなたも相手に会いに近づいていきます。そのヒトのエネルギーがあなたに近づいてくるのを感じ、あなたの側のエネルギーも相手に近づいていくのを感じます。

それがどんなに気持ちがイイことかを感じてみましょう。お互いの間で交流が始まった結果、状況がどのように変化していくのかに気づいてください。

橋を架けたときには両岸が手に入ります。どちらも同じ河の一部分なのです。
(「傷つくなら、それは愛ではない」VOICE出版から引用)


とかくヒトは関係性が上手くいかない時ほど、その河に「橋」を架けるどころか「堤防」を高く作ってしまい、流れる川を挟んで分断してしまいます。


でも本当は自分と相手、つまり河の両岸は同じ河の一部なんだということです。河の底では大地の一部として繋がっているということです。


梅が咲き、桜が咲き、コートを脱ぎ、セーターを脱ぐこの季節。

今週は自分の殻も脱ぎ捨てて、軽やかにまず橋を架ける所から始めてみませんか?


   すぐ脱ぎ捨てすぎて猥褻物陳列罪で逮捕されそうになる破廉恥社長に軽蔑の↓を
                 
人気ブログランキングへ
posted by 堀井計 at 21:31| 京都 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月24日のつぶやき

holoskun / 堀井計
『あなたは何歳くらいからこれ以上歳を取りたくないと思いましたか?』伝統と革新の街・京都ではたらく社長のb…|http://t.co/tZjKwmYa at 03/24 22:19

holoskun / 堀井計
今からご契約をいただきに名古屋まで。毎週東京を往復してると名古屋がとても近く感じます( ̄^ ̄)ゞ at 03/24 16:30

holoskun / 堀井計
『2012年03月23日のつぶやき』伝統と革新の街・京都ではたらく社長のb…|http://t.co/oiTkKiQc at 03/24 02:42

holoskun / 堀井計
『リーダーになった時に伸び悩まないための処方箋』伝統と革新の街・京都ではたらく社長のb…|http://t.co/G5vSkKu4 at 03/24 02:07
posted by 堀井計 at 00:01| 京都 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月24日

あなたは何歳くらいからこれ以上歳を取りたくないと思いましたか?

3月24日

「ユダヤ人大富豪の教え」を初め数々の著作の販売部数が累計で400万部を超える本田健氏。

その「お金と幸せの専門家」として名高い本田健さんは、当社の「あなたらしい素敵な活き方を応援します」というコンセプトとお金の専門家であるフィナンシャルプランナーを組織化し、サポートするというビジネスモデルに共感いただき、株主としても応援をいただいているのですが。

「50代にしておいきたい17のこと」を上梓されたので、当然50代のワタスは買って読んだ次第です。

その17の中の1つに「愛を育む」という単元があり、更にその中に「愛とニーズの違いを知る」という章がありました。

そこで心理学者でもあり高名なセラピストでもあるチャックスペザーノ博士の著書「傷つくならばそれは「愛」ではない」が引用されていました。

                 写真 12-03-24 20 52 29.jpg


10年以上前、40歳前後に読んだ記憶があったので、書棚を探してみると出てきました。この本は当時かなりインパクトがあったので捨てずにいたのですが、366日版という建付けで、日々直感的に開けたページのメッセージや問いかけにより、人間関係に悩む読者が気づきを得られるような構成になっています。

本当に久しぶりにページをめくりましたが年齢やその時の精神状態などで、受け取り方や心に留まるフレーズが異なりますね。当時ピンとこなかったメッセージも今読むと共感できることがあったり、当時気づきを貰ったメッセージを見つけて、若かったな〜と(といっても40歳・・)回想してみたり。

で、何かをして傷つくとしたらそれは愛ではなくニーズなんだと。

家事を毎日しているのに、感謝してくれない。
料理を作っても褒めてくれない。
これだけやってあげているのに全然振り向いてくれない。

なんて思うのものですが、本当の愛とは見返りを求めないもの(子供や親に対してはそうですよね)なので本来は傷つくことはないということでしょう。

でもニーズを持つことがダメなのではなく、どこかで見返りを期待している行為は実は愛ではなくニーズに過ぎないことを自覚することで、自分の今の混乱している心を整理し、他者批判や自己否定から解放され、適切な行動を取るきっかけになるのかもしれません。

本田健さんの著書に話を戻しますと。

50代になれば、「どう攻めていくかで決まる」「健康は自分でつくるもの」「時間=命と考える」「年相応なことはしない」等々心に刻んでおきたいメッセージが随所に散りばめられていてこれからの活きかたの指針としてとても参考になりました。


まだ50代になっていないカタガタへ。

50代も相当イケてます。それなりの経験を積んできてる部分、ある意味何があっても動じない耐性ができているのでストレスが少ない。若い頃より先が短い分不安感も少ない(逆の見方をしたら期待感も少ないということになるのですが)。残された時間を大切にしようという意識が強くなる分、「今」を大事に「今」を輝かせることに集中できる。

どうです?早く50代になりたくなりました?

歳を重ねるごとに愉しみや期待が持てる活き方を表情や行動で示していきたいものですね。

      頻尿時にはこれ以上歳は取りたくないと思う哀愁社長に憐憫の↓を
                  
人気ブログランキングへ

posted by 堀井計 at 22:19| 京都 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

リーダーになった時に伸び悩まないための処方箋

3月23日

あなたはいきなり畑違いの業界や環境でリーダーになったことがありますか?

ワタスは今から遡ること11年前、保険業界とは全く畑違いのマーケティング会社の取締役ゼネラルマネージャーとして営業部隊のリーダーを経験したことがあります。

当時最も東京で最先端だった?晴れた日には富士山が見える恵比須ガーデンプレイスタワーの高層階のオフィスに着任した日、朝礼で挨拶をしながら部下の顔ぶれを見て、「みんなお洒落で時代の先端を走る仕事のできそうな若者たちばっかりやなぁ」と感じながら、「門外漢の俺に彼らをマネジメントなんてできるやろか・・」と不安がよぎったことを覚えています。

事実優秀な若者が多かったのですが、その中に部内でも異色でちょっと尖った若者がいました。

スマートでいかにも仕事のできるタイプ。育て方によってはかなり伸びるタイプであると感じる一方で、プライドもそれなりに高そうなのでマネジメントする側にはそれなりの度量がいるとも感じました。

例えるなら、切れるハサミや包丁程使いこなすのには技術が必要ですし、早い馬程乗りこなすのは難しいというところでしょうか。

結局その彼は私が退任して起業するタイミングと同時に、予てからやっていたアメリカンフットボールのプロコーチの道を歩むことを決断し。

そしてそれから11年。

頻度は少ないものの要所要所でコミュニケーションしながら彼の活躍ぶりを見守ってきました。


結果が出ないと選ばれないという厳しい環境に身を置くことで自己成長に磨きがかかり、以前からのスマートさに加えて、年齢を重ねた分人間味が増し、今では日本代表チームのコーチとして活躍する一方で、ビジネスパーソンとプロコーチの経験を活かして人材教育の分野でもその頭角を現し、企業研修の講師としても大活躍をしています。


彼の名は延原典和くん。そしてこの度著書を出版されました。

           nobuhara.jpg

「リーダーになって伸びる人、伸び悩む人」日本実業出版社

               写真 12-03-23 23 13 15.jpg

ワタスも営業現場の一線で活躍するトップセールスをマネジメントするという世界で生きてきましたが、彼もまた第一線で活躍する現役トッププレーヤーをまとめ、全日本クラスのトッププレーヤーとの関係性に苦労しながらも結果を出してきたその実体験をベースに、要所にトップマネジメントの著名人の言葉をわかり易く引用し、更に心理学や脳科学の理論で裏付けながら、リーダーとしての在り方ややり方を非常にわかりやすく解説されています。


1章ではいきなり「ノブコーチとはやりたくない」「ノブコーチとアメフトをやっていても楽しくない」「ノブコーチを変えてほしい」と選手から直訴され、クビを言い渡されるというカミングアウトから始まるのですが、ワタスも過去にビジネスの世界で同じように直訴され、大量の離脱者を出した経験をしているだけにその時の辛さがとても理解できます。またそこから這い上がるために取り組んだ事例もとても共感できると同時に、勉強になるフレーズやビジネスにも活用できるノウハウがたくさんありました。

スポーツでもビジネスでもボランティアでも共同体でも町内会でも。

これからリーダーを目指すヒト。リーダーになりたてのヒト。そして今リーダーではあるものの思うようにメンバーが動いてくれないヒト。更にはリーダーを育てるリーダーのヒトタチのための、常に手元に置いておきたいお勧めの1冊です。

あの頃この本がでていたら、門外漢のワタスももうちょっとまともなリーダーになれたのになぁ・・

         スマートとは一生縁の無い寸足らずリーダーに同情の↓を
                
人気ブログランキングへ
posted by 堀井計 at 02:07| 京都 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月23日のつぶやき

holoskun / 堀井計
京都に帰る新幹線。頭からすっぽりマフラーで覆った芸能人風の女性が同じ車両にいる。隠されると見たい衝動に駆られるのが人間の性。そういえばうちも同じような戦略で研修やDVDコンテンツを売っている( ̄^ ̄)ゞ at 03/23 20:37

holoskun / 堀井計
『2012年03月22日のつぶやき』伝統と革新の街・京都ではたらく社長のb…|http://t.co/xWHEyJVM at 03/23 02:37
posted by 堀井計 at 00:01| 京都 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月23日

2012年03月22日のつぶやき

holoskun / 堀井計
今週2回目の東京行き新幹線。移動時間と移動コストと移動疲れを補って余りある生産性を生まなくては意味が無い。今年の3月は例年にも増してハードですがこの環境を有り難く受け止めてもうひと顔晴りしまふ(ー_ー)!! at 03/22 19:28

holoskun / 堀井計
昨日は加圧トレーニング。トレーナーに余りのヘタレぶりに家でも腕立てだけでなくスクワットもするよう指示されたので最近はエレベーター使わず会社四階の階段を登ってると自慢したら、それなら一段飛ばしで登れと恫喝された。早速今朝やったら心臓マヒになりそうだった(。-_-。) at 03/22 12:23

holoskun / 堀井計
『2012年03月21日のつぶやき』伝統と革新の街・京都ではたらく社長のb…|http://t.co/jlWCRB6p at 03/22 02:38
posted by 堀井計 at 00:01| 京都 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月22日

2012年03月21日のつぶやき

holoskun / 堀井計
今日は何十年ぶりかの大失態。朝起きたら初対面の社長とのアポイントの時間の2分前。そのまま死んだことにしようかと思いましたが気を取り直して電話で詫びを入れ急行。事なきを得ました。イイ社長さまでホント良かった(・_・; at 03/21 19:32

holoskun / 堀井計
『2012年03月20日のつぶやき』伝統と革新の街・京都ではたらく社長のb…|http://t.co/c7skBPTc at 03/21 02:38
posted by 堀井計 at 00:01| 京都 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月21日

2012年03月20日のつぶやき

holoskun / 堀井計
『大安吉日。チャンピオンの披露宴で企業の存在価値を再認識する』伝統と革新の街・京都ではたらく社長のb…|http://t.co/gxF1bV2v at 03/20 22:24

holoskun / 堀井計
本日は当社初の社内結婚披露宴。宇野プランナー愛香夫妻。実はオメデタでもあります〜(^-^)/ http://t.co/gOfthv9c at 03/20 12:47

holoskun / 堀井計
『2012年03月19日のつぶやき』伝統と革新の街・京都ではたらく社長のb…|http://t.co/MR3vNW6E at 03/20 02:38
posted by 堀井計 at 00:01| 京都 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月20日

大安吉日。チャンピオンの披露宴で企業の存在価値を再認識する

3月20日

本日はお日柄もよく。

当社2年連続チャンピオンの宇野文聡プランナーと愛香(あたか)さんのご結婚披露宴が東京銀座はあのひらまつのイタリアンレストラン「ICONIC」にて執り行われました。


当社初の社内結婚であり。

トップオブトップの披露宴でありますのでワタスもお招きいただき、馳せ参じた次第です。

歳を取りますと涙腺が緩んでダメですね。2人の幸せそうな顔やご親族の嬉しそうな顔を拝見しながら、スクリーンに映し出される2人の半生を見ていると涙が溢れてきて困りました。

               写真 12-03-20 12 10 15.jpg

両家ともご両親や家族に愛情たっぷりに育てられ、またその愛をしっかり受け止めて、その何倍もの恩返しをこれからしていこうという気持ちで会場全体が包まれ、とても暖かい気持ちになりました。

今回ワタスは主賓の挨拶と乾杯の発生という大役を一手に授かり、新郎新婦からも和やかかつ笑いに包まれた盛り上がるスピーチを所望されておりました。

実は、色んなところでスピーチをする機会の多い私ですが、経験上主賓の挨拶で大うけをするのはもっとも難易度の高い部類に入ります。

それは主賓のあいさつは聞く側の体制が厳かであることを基本としているので笑う心づもりをしていないからです。

こういう場合は。

まず笑い屋を仕込んでおく必要があります(笑)

ま、今回はとてもイイお客さま?だったこともあり、ワタスの下ネタギリギリの際どいギャグの連発にも快く笑っていただきなんとか及第点はとれたのではとそっと胸を撫で下ろしている次第です(あくまで自己採点ですが・・)


それにしても。

このレストランのお料理も最高に美味しく、新郎新婦が列席者の皆さんにくつろいで愉しんで満足して帰ってもらおうという配慮が至るところに行き届いていて。

          写真 12-03-20 12 41 48.jpg写真 12-03-20 12 39 14.jpg

やはり伊達に、形が見えず、最も厳しいと言われる保険営業の世界で、お客さまが「YES」と言わない限り決して契約はいただけない営業の世界で、プルデンシャル生命でもソニー生命でもエグゼクティブライフプランナー(営業最高位)となり、2年連続MDRTのトップオブザテーブル(世界の中のトップセールス)に輝き、当社においても過去5年中3回チャンピオンとなる実績を上げてはおられないことを感じさせていただきました。

これからも夫唱婦随のオシドリプランナーとして、たくさんのお客さまに感動を与え続け、トップセールスの道を爆進していかれることでしょう。

                 写真 12-03-20 14 19 19.jpg

ワタスとしては、当社の存在があったことで2人が出会い、結ばれ、そしてもうすぐ新しい命が生まれるという事実を聞くにつけ、企業の存在価値というものはただ営利活動をするということに留まらず、縁あってそこに集いしヒトタチの人生そのものを変えるきっかけを提供する場でもあるということを再認識できたとても有意義な日となりました。

当社のコンセプト「あなたらしい素敵な活き方応援します」は社内外、つまりお客さまに留まらず、社員やプランナーさんにも向けられたメッセージなのです。

宇野さん、愛香さん本当におめでとうござました。末永くお幸せに。

         乾杯前に10分以上スピーチする非常識社長に鉄槌の↓を
                  
人気ブログランキングへ
                   

posted by 堀井計 at 22:24| 京都 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月19日のつぶやき

holoskun / 堀井計
いつもの如く怒濤の月曜日。いくつもの会議や打ち合わせや研修を終えて新幹線に飛び乗りました。明日はプランナーさんの結婚披露宴(^ ^) at 03/19 20:05

holoskun / 堀井計
『2012年03月18日のつぶやき』伝統と革新の街・京都ではたらく社長のb…|http://t.co/8e4Dvgm9 at 03/19 02:39
posted by 堀井計 at 00:01| 京都 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月19日

2012年03月18日のつぶやき

holoskun / 堀井計
『薪ストーブが心地よく癒される理由と成長する組織の共通点とは』伝統と革新の街・京都ではたらく社長のb…|http://t.co/ftW7Pv4R at 03/18 12:24

holoskun / 堀井計
『2012年03月17日のつぶやき』伝統と革新の街・京都ではたらく社長のb…|http://t.co/rMSOJcCs at 03/18 02:39

holoskun / 堀井計
桂春蝶くんが昨日の初舞台をブログに書いてくれました(^-^)/
http://t.co/zmpDOh5a
 at 03/18 00:33
posted by 堀井計 at 00:01| 京都 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月18日

薪ストーブが心地よく癒される理由と成長する組織の共通点とは

3月18日

実兄の経営するイタリア車専門店「ホリイトレーディング」には冬場には薪ストーブが設置されているのですが。

                堀井トレーディング1.JPG

このゆらゆらと揺れる炎を見ながら暖を取っているとなぜか落ち着くんですよね。

                 写真 12-02-11 17 23 30.jpg

その場所から離れられなくなります。

なぜかと少し考えてたんですが、それは多分炎の揺らぎのせいだと思うんです。

いわゆるf/1(エフ分の1)揺らぎというやつですね。

「ゆらぎ」とは、理路整然と並んでいるものが少しずれることを意味し、予測のできない空間的、時間的変化や動きの事を言います。

近年、ゆらぎ理論が注目され、とくに人に快感を与えるリズムとして人間工学的に研究されています。

f分の1ゆらぎは、炎やそよ風の他、せせらぎや潮騒の音の強弱、音楽の強弱やテンポ、絵画の濃淡の変化など、身の回りに広くみられる現象で宇宙や大自然の中にもf分の1ゆらぎに合致すると思われる現象が色々とあって、人間の心地よさと深いところでつながっているのではないかと考えられています。


で、この心地よさを感じるかどうかというのは人と人との関係性やコミュニケーションにおいてもとても大事なことではないかと思うわけです。

なぜならヒトは感じないと動かないからです。

あの人といるといつも心地よくて癒される。そんな人の共通点はこのゆらぎ理論と関係あるのではないかと思うわけです。

そう、心地よいヒトはそよ風や薪ストーブの炎のようにゆらいでいるんです(多分・・)

画一的ではない。杓子定規でない。マニュアル通りではない。柔軟である。少しずれている(大きくずれてるとダメかも・・)少し遊びがある(遊び過ぎもどうかと・・)

管理系のビジネスパーソンが常にゆらいでいる訳にはいかないかもしれませんが、トップセールスの中にはこのゆらぎ系の方が結構いらっしゃいます。

また接客サービスの現場では、基本マニュアルはあっても担当レベルの裁量で時にはそのルールを無視してもお客様の要望を優先する対応がこのゆらぎに該当するのかもしれません。

マネジメントにおいてもいつも心地よさを提供してくれている人からの依頼ゴトであれば素直に聞こうと思うのではないでしょうか。

仕組化するのは少々難しいかもしれませんが、自然体で力が抜けてて、そよ風のように爽やかで炎のように暖かい組織作りをしていきたいと思います。

それがこれからの時代の、顧客から支持され、自律的なヒトが育ち、結果業績が上がる企業の条件のような気がするからです。

     経営判断がゆらぎすぎという悪評高きボンクラ社長にお仕置きの↓を
                 
人気ブログランキングへ
posted by 堀井計 at 12:24| 京都 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月17日のつぶやき

holoskun / 堀井計
『プロの噺家に学ぶ。人生という舞台の主役を射止めるための思考と行動とは』伝統と革新の街・京都ではたらく社長のb…|http://t.co/hR4AygsM at 03/17 12:21

holoskun / 堀井計
『2012年03月16日のつぶやき』伝統と革新の街・京都ではたらく社長のb…|http://t.co/XD1QcrKG at 03/17 02:46
posted by 堀井計 at 00:01| 京都 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月17日

プロの噺家に学ぶ。人生という舞台の主役を射止めるための思考と行動とは

3月16日

齢53歳にして初めて高座に上がりました。

「高座」というのは寄席などで演芸をする者のために設けた一段高い席のこと。

当社イベントスペースLAC-座で落語会を企画した時からワタスもいつかこの高座に上がりたいなと思っておりました。

文化的趣味が皆無のワタスが一度はピアノに挑戦して頓挫し、何か一つは長く続けられるライフワーク的なものを持ちたいとも思っておりました。

で、密かに三代目桂春蝶氏に弟子入り?し稽古をつけてもらっていたわけです(といっても述べ1時間程度ですが)

実は15年程前にもチャレンジしたことがあるのですが当時も挫折しており今回は再挑戦でした。

なぜ今回は曲がりなりにも何とか初舞台を踏めたかと申しますと。

それはゴール(3月16日に高座に上がる)を決めて出ると約束したからに他有りません。

どうやらワタスは切羽詰まらないと行動に移せないタイプのようです(今頃気づいたんか・・)

ど素人の気まぐれな我儘?にもかかわらず、プロの噺家が稽古をつけてくれて、演者の名前を書いた「めくり」と言われる名札までプロに制作してもらい、更には囃子方と言われる三味線や太鼓を奏でるプロまで手配してくれたわけですから後には引けません。

で、移動中の新幹線でテープを聴いたり、出張先のホテルやクルマの運転中に一人で練習してたのですが、本番が差し迫った頃にはかなりリアルに感情移入しながらやっていたので、信号待ちでふと横を見たら隣のドライバーが変なオッサン目線でこちらを見ていてかなり恥ずかしかったりもしましたが。

皆さんのご協力の元に何とか無事初高座を終えることができました(マクラもほぼ狙い通りに笑っていただけました)

桂春蝶さんはじめ、着物を借りたばかりか着付けまでしていただいた弟子の紋四郎くん、そして当社スタッフの皆さんには改めて感謝感謝です。

お蔭様で53歳にして一つの夢が叶いました(大げさ?)

               !cid_014A023A-71C7-4B88-AD31-3785A7799185.jpg


で、今回の経験で感じたことは二つ。

一つはプロの所作の美しさに感動しました。

楽屋裏で三名の噺家さんと準備から後片付けまでご一緒させていただいたのですが、風呂敷から出された着物、帯、長襦袢、手拭、扇子の納められ方、着物を着て帯を締める動作、演目が終わって着物を脱いで畳んでまた風呂敷に収める時の畳み方納め方。

               落語A.jpg

そこにはあの星飛雄馬のライバル左門豊作がマスコットバットを放り投げずに丁寧に地面に置くような?仕事師としての道具にたいする畏敬の念が込められていて、その一連の所作振舞いが美しいのです。こんなところを多分噺家の神様はちゃんと見ていて、運とかチャンスを与えてくれるのではないかと思ったわけです。

これを我々ビジネスに置き換えると、ペンや手帳、鞄、名刺入れ、電卓、朱肉、プレゼン用のポインター、PC、これらの道具が無いと仕事ができないわけですから、常に丁寧に畏敬の念や感謝の念を持って扱うことがプロのビジネスパーソンであり、営業の神様を味方につけるポイントなのではないかと思うわけです。


そしてもう一つは、やりたいことや今までやれなかったことや現状の不満や文句や他者批判等を抱えたまま何も行動に移さず死んでしまうときっと後悔するので、まずは主体的に自ら宣言し行動に移すこと。そうするとまさに今回の様に舞台が整いだすのだということを実感しました。

人生の舞台も同じですね。友人や家族、会社の上司や部下や同僚や仲間との関係を大切にしながら、まず自ら何かを発信することで賛同者や協力者が現れ、さざ波が大きな波に変化していくように動きが起こり、そして舞台が整っていくということです。


サミエル・ウルマンの青春の詩の一節。

青春とは人生のある期間を言うのではなく心の様相を言うのだ。
優れた創造力、逞しき意志、炎ゆる情熱、怯懦を却ける勇猛心、安易を振り捨てる冒険心,こう言う様相を青春と言うのだ。
年を重ねただけで人は老いない。理想を失う時に初めて老いがくる。
歳月は皮膚のしわを増すが情熱を失う時に精神はしぼむ。苦悶や、狐疑、不安、恐怖、失望、こう言うものこそ恰も長年月の如く人を老いさせ、精気ある魂をも芥に帰せしめてしまう。
年は七十であろうと十六であろうと、その胸中に抱き得るものは何か。
曰く「驚異えの愛慕心」空にひらめく星晨、その輝きにも似たる事物や思想の対する欽迎、事に處する剛毅な挑戦、小児の如く求めて止まぬ探求心、人生への歓喜と興味。



そう、いくつになってもあなたの人生の舞台は常にあなたが主役なのです。


       既に次のネタのリクエストを出したホロス亭エ●スに応援の↓を
                
人気ブログランキングへ





posted by 堀井計 at 12:21| 京都 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月16日のつぶやき

holoskun / 堀井計
毎金のお掃除Timeを終えて外出。朝からスタッフの女性に、こんなに動く社長さんは今までで始めて、と褒められ?た(喜)今日は保険DAY。夕方まで法人のご相談やら契約が四件。コートは無しで軽やかに行こう(^ ^) at 03/16 09:46

holoskun / 堀井計
『2012年03月15日のつぶやき』伝統と革新の街・京都ではたらく社長のb…|http://t.co/1A1AM0e9 at 03/16 02:39
posted by 堀井計 at 00:01| 京都 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月16日

2012年03月15日のつぶやき

holoskun / 堀井計
10日ぶりに加圧トレーニングに行ったらベンチプレスが全然あがらず、またトレーナーが黙って重くしたと思って問い正したらいつもと同じ重さだったので罰として週二回来いと恫喝された(-_-;) at 03/15 19:21

holoskun / 堀井計
『2012年03月14日のつぶやき』伝統と革新の街・京都ではたらく社長のb…|http://t.co/Vg0UVg9S at 03/15 02:40

holoskun / 堀井計
『いくつになってもモテたいあなたに捧げる7つのチェックポイントとは』伝統と革新の街・京都ではたらく社長のb…|http://t.co/MZLlplVJ at 03/15 00:28
posted by 堀井計 at 00:01| 京都 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月15日

いくつになってもモテたいあなたに捧げる7つのチェックポイントとは

3月14日

今日はホワイトデーでしたがバレンタインデーの時と同様仕事には何ら影響を及ぼさずに平常通りの仕事をこなしていた老いらくの堕天使@堀井ですこんばんわ(意味不明・・)

その悔しさを打開するために本日LAC-座で行ったセミナーが。

「めざせ★モテリーマン(モテるサラリーマン)!やっぱり第一印象で勝負 」

講師はヒューマンスキルアップ協会代表の講師松本 真智子さん。
http://www4.plala.or.jp/hsu_kyoukai/index.html

             matsumoto_machiko.jpg

その美貌と軽妙な関西弁で開始早々参加者を惹きつけ。

会場の参加者はほぼ全員が加齢臭全開の親父でこんなことならいっそのこと花粉症で鼻がつまっている方が幸せなんじゃあないかと思うくらいの熱気と臭気に包まれた中で非常に実のある研修をしていただきました。

それにしてもいくつになってもモテたいんですね〜男ってイキモノは(と他人事のように言い切る)


今回のテーマは「第一印象」


ワタスも営業研修の講師の時は第一印象についての重要性を心理学的分析を織り交ぜながら説明するのですが。

今回、普段は意外と見逃しがちな女性にモテるためにも意識しといて損はないと思えた微細な部分を備忘録としてしたためておきます。


1.女性は結構手を見ている。手が綺麗だと好感度が高い。小指の爪が長いとか爪の先が黒いのは論外。手の手入れをしよう。

2.常に顎の角度は地面と平行に。下だと卑屈、上だと横柄に見られる。

3.ジャケットのボタンは座ってるときは全開で立った時にボタンを留めながら挨拶をすると好印象。

4.鼻毛の手入れは当然だが以外と盲点は耳毛。耳毛のチェックも怠らない。

5.自分の臭いはわからない。枕の臭いを嗅いで臭かったアナタは実はめっちゃ臭いと思え。

6.昼から夕方にかけてタオルで首の後ろをふくと、1日後半の臭さは半減する。

7.相手を思いやる言葉、雨の日なら足元が悪い中来てくれてありがとうとか常に心の配慮を怠らない。




これ実践したら来年のホワイトデーは仕事にならんやろな〜、それも困るな〜、やろかやらんかどうしよかな〜(独り言)


あんまり仕事ならんかったら困るのでほどほどに臭さは残しておこうと思います・・

  ラサール石井や加藤茶の妻が普通と信じる老いらくの堕天使に悲哀の↓を        
                 
人気ブログランキングへ




posted by 堀井計 at 00:28| 京都 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月14日のつぶやき

holoskun / 堀井計
三月は法人の決算が多いので保険契約者さまの見直し案件が集中する。よって私もプランナーとして市内を駆け巡る青春チウ( ̄^ ̄)ゞ at 03/14 15:49
posted by 堀井計 at 00:01| 京都 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月13日

2012年03月12日のつぶやき

holoskun / 堀井計
先月から始まった直販営業チーム研修。間近に控えたお客さまを想定したリアルロールプレイとフィードバックを繰り返すことで少しづつスキルアップしてきた様子。数字も上がってきたし、今までの当り前から新たな当り前に変化する時が来たな(ー_ー)!! at 03/12 23:03

holoskun / 堀井計
『2012年03月11日のつぶやき』伝統と革新の街・京都ではたらく社長のb…|http://t.co/5RjtvgHx at 03/12 02:37
posted by 堀井計 at 00:01| 京都 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月12日

2012年03月11日のつぶやき

holoskun / 堀井計
本日マラソンがある京都はイイ天気に恵まれました。私はお彼岸前ですが一足先に両親のお墓参りに来ています。 at 03/11 12:04

holoskun / 堀井計
『2012年03月10日のつぶやき』伝統と革新の街・京都ではたらく社長のb…|http://t.co/Fg9u8Tiw at 03/11 02:37

holoskun / 堀井計
『野菜と果物の違いがわかれば人間関係が上手くいくという仮説は本当なのか』伝統と革新の街・京都ではたらく社長のb…|http://t.co/CZpLciUM at 03/11 00:10
posted by 堀井計 at 00:01| 京都 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月11日

野菜と果物の違いがわかれば人間関係が上手くいくという仮説は本当なのか

3月10日

「実年齢より20歳若返る!生活術。」

            南雲博士.jpg

著者の南雲吉則医学博士は実年齢56歳なのに、血管年齢26歳、骨年齢28歳、脳年齢38歳、見た目は30代!ということです。確かに装丁の写真はとても56歳には見えません。

ワタスも今まで能天気に生きてきただけに結構若く見られるのですが、この先生には太刀打ちできなさそうです。

著書を拝読していくと当然と言えば当然、ドクターとしての理論に基づいたことを自ら実践されているからでしょう。

そのポイントを思い切り掻い摘んで申しますと。

「糖分塩分脂分を控えて腹6分目、食材は丸ごと(皮のまま、頭から尻尾まで)食べる。」

ということなのですが、現実にこれを実践するのはかなりの意志が必要です。

南雲先生は一日1食、スィーツは年中ほとんど食べず、魚は小魚を丸ごと、りんごはもちろん、みかんや桃まで全部皮ごと食べているそうです。

ただこの著書は単に若返るためのハウツー本というより生き方や価値観まで提唱されておりますので、ワタスのように正真正銘のオッサンのくせに見た目だけでもワカモノに見せたいミーハー野郎だけでなく、男女問わず全年齢にお勧めの一冊です。


で、この中で面白かった単元に「野菜と果物の違い、わかりますか?」というのがあります。

あなたはわかりますか?


答えは野菜は「食べられたくない」食べ物で、果物は「食べられたい」食べ物、だそうです。

野菜は食べられたくないから、緑の保護色で蓚酸(いわゆる灰汁(あく))という毒を持ち(果物に蓚酸は無いそうです)、最も栄養があって食べられる根の部分は地中に隠れていると。

それに対して果物は食べられることを待っていると。

それは種の保存と多様性のためであり、だからこそ甘くて美味しい実を成し、匂いを放ち、綺麗な色を付けるのだということです。

その魅力に惹かれて動物たちが寄ってきてその実をもいで食べ、種は固くてまずくて毒まで仕込んであるので噛み砕かずに飲み込んで、そして遠く離れたところでウンチをしてその種が土の中で子孫としてまた芽生えていくのだということです。

普段当り前のように食べている野菜や果物も、自らの意志を五感を通してわかるよう情報発信し、メッセージとして伝えているんだなと改めて感心した次第。

そしてそのメッセージをキャッチしたら、なぜ野菜は生で食べるより熱を入れた方がイイとか、なぜ旬に食べるのがイイのかが肚に落ちました。


これを日常生活やビジネスに置き換えると。

普段私たちの周りには様々な情報が溢れかえっているわけですが。

いかに表面的な情報に踊らされ、情報の中に隠されたメッセージを深く読むということが欠落していて、その奥にあるメッセージを読み取ることがいかに大切かということを教えてくれます。

発信者のメッセージを浅く理解し、自分自身や自分の生活や仕事以外にはあまり関心を持たず、他者そのものや他者の言動や行動の表面的な部分だけを捉えて、あっさり流すか逆に不満や反発心をも抱いてしまいがちなのではないでしょうか。


その表情はなぜか?その言動はなぜか?その行動はなぜか?なぜか?なぜか?


常になぜかを想像する習慣をつけ、深く理解し、紐解き、仮説を立ててみたうえで会話をしたり、行動することで自らも納得し、相手も心を開き、結果がスムーズに運ぶことがかなりあるような気がします。


いよいよ春が近づいてきましたね。

暖かくなると女性も色を付け(カラフル)匂いを放ち、服装もボディラインがはっきりしてきます。そう、まるで熟した旬の果物のように・・

これを「お、俺に食べてほしいんだな」と猿の如く近づいて食べようとして、結果往復ビンタを食らっても決してワタスのせいではありませんのであしからず。

それと女性は果物と違って蓚酸(あく)があるのもお忘れなく(笑)

  果物も女性もちょっとあくがあるほうが美味しいと思う変態社長に往復ビンタの↓を
               
人気ブログランキングへ


posted by 堀井計 at 00:10| 京都 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月10日のつぶやき

holoskun / 堀井計
『大震災から1年。私たち一人一人ができることは何か(堀井計の午睡)』伝統と革新の街・京都ではたらく社長のb…|http://t.co/6rECmmJz at 03/10 16:00

holoskun / 堀井計
『2012年03月09日のつぶやき』伝統と革新の街・京都ではたらく社長のb…|http://t.co/GBWGP7Ln at 03/10 02:39
posted by 堀井計 at 00:01| 京都 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月10日

大震災から1年。私たち一人一人ができることは何か(堀井計の午睡)

3月10日

早いものですね。東北大震災から1年が経ちました。

               復興への思いこめて力強く↓を
                 
人気ブログランキングへ

地震発生時、私は東京都内のホテルで商談待ちをしておりました。

ホテルの喫茶店に入りコーヒーを少し飲んだ矢先、ホテルが大きく揺れ出し、その大きさに私は思わずテーブルの下に身を隠しました。その後余震の度に館内放送の指示で外に出たり入ったり。近くに見える建築中のビルの 上で作業していたクレーン車がそのまま倒れて落ちそうなくらい大きく揺れており、その震度の大きさを体感とともに実感しました。

私はその日東京駅から京都に戻る予定でしたが電車はすべてストップ。ホテルはどこも満室で結局そのまま翌朝までそのホテルのロビー内でお世話になることになりました。

プチ難民となった私(たち)に、ホテルのスタッフの方々は皆さん親切で、コーヒーや水、ブランケットをサービスで提供していただきました。向かいのおばあちゃんからは「これ、私一人では食べきれないからよかったらどうぞ」とブドウパンまでいただきました。
また、たくさんの通りすがりや近くに居合わせた人達と情報共有で協力し合いました。

「呉越同舟、日本人はまだまだ捨てたもんじゃ無い。」本当に貴重な体験をさせていただきました。

 しかし日本人の素晴らしさを実感したのも束の間、その後の事の大きさに驚愕するとともに何と小さな災難に被害者意識を持ったのかと被災者の方々に申し訳ない気持ちで一杯になりました。(2011年3月のコラムより抜粋)

あれから1年。

                  復興の狼煙1.jpg


続きは→http://www.holos.jp/index.php?page=lifecolumn_list&menu_year=2012&menu_month=03&exptitlename=2012-03
posted by 堀井計 at 16:00| 京都 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月09日のつぶやき

holoskun / 堀井計
京都に帰る新幹線。今日は朝から先程まで金融庁との意見交換会、理事会、定例会、コンプライアンス会、懇親会と一日中保険代理店協議会漬け。もうこうなったら家に帰ってお茶漬けで〆よう( ̄^ ̄)ゞ at 03/09 21:36

holoskun / 堀井計
『2012年03月08日のつぶやき』伝統と革新の街・京都ではたらく社長のb…|http://t.co/cyLCjyNW at 03/09 02:37
posted by 堀井計 at 00:01| 京都 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月09日

2012年03月08日のつぶやき

holoskun / 堀井計
東京は京都に比べて確実に花粉の飛散量が多いな。鼻の反応が格段に違う。飛散系が心配な人が西へ西へ移動する気持ちがわかる。同じ悲惨系でも放射能はすぐに身体に反応が出ない分やっかいだ( ̄^ ̄)ゞ at 03/08 23:10

holoskun / 堀井計
『2012年03月07日のつぶやき』伝統と革新の街・京都ではたらく社長のb…|http://t.co/aTOToVhb at 03/08 02:39
posted by 堀井計 at 00:01| 京都 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月08日

2012年03月07日のつぶやき

holoskun / 堀井計
東京行き新幹線。今日は富士山が見えそうにない。薄手のコートにしたので寒くなければイイな。 at 03/07 15:39

holoskun / 堀井計
『2012年03月06日のつぶやき』伝統と革新の街・京都ではたらく社長のb…|http://t.co/nGmNKtA7 at 03/07 02:40
posted by 堀井計 at 00:01| 京都 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月07日

2012年03月06日のつぶやき

holoskun / 堀井計
京都御所において30年以内に震度6弱以上の揺れに見舞われる確率は約13%。京都府において、地震保険の世帯加入率は21.3%。3.11もマサカでした。マサカはいつあるかわからないからマサカ。年に一度は見直す日を設定してもイイかもしれませんね(。-_-。) at 03/06 10:51

holoskun / 堀井計
『2012年03月05日のつぶやき』伝統と革新の街・京都ではたらく社長のb…|http://t.co/zKfPnQHO at 03/06 02:38

holoskun / 堀井計
『君は必要保証額にのれん代はいれたのか?』伝統と革新の街・京都ではたらく社長のb…|http://t.co/sIxYgAjd at 03/06 01:34
posted by 堀井計 at 00:01| 京都 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月06日

君は必要保証額にのれん代はいれたのか?

3月5日

「あなたの保険は大丈夫?」

              保険本.jpg

経営コンサルタント繻エ氏と保険ジャーナリスト森田氏の共著がダイヤモンド社から出版されました。

一昔前は、生命保険に加入するのは地縁血縁の保険セールスからというのが当り前だったものが、今では自らがネットで検索し、保険ショップをまるで買い物をするかのように何店かを回って決めるというのがスタンダードな買い方になってきました。

こんな生命保険加入のニーズが顕在化した時代ではありますが、じゃあどこで誰からどんな目的で何を根拠に入ったら良いかという「買い方」がイマイチよくわからないという人はまず本から情報収集してからショップに行くのも得策でしょう。

この本は保険加入時のお店選びの基本的な考え方を教えてくれていますのできっと参考になると思います。

実は当社も3ページにわたり紹介されているのですが。

本編の中に保険ショップ選びのポイントとして3点を掲げられています。

1.5社以上の保険会社商品を扱っていること
2.その商品を勧める明確な理由を説明してくれること
3.サポート体制が充実していること


この書籍の帯には「生命保険はプロから入ろう!」とあるのですが、曲がりなりにもこの道20年以上のプロ(あ、ワタスのこと)も同感です。

もしこれを当り前の期待と表現するならば。

もう一歩付加価値の期待値まで引き上げられることがあるとすれば。

その商品を勧める明確な理由の前に、なぜわざわざ保険ショップに訪れたのかという質問から入り、顕在化している加入目的を聴き、更に深く問いかけながら潜在化しているニーズまでを引き出してあげることから始めなければなりません。

そしてニーズを明確化できたなら、そのニーズを満たすためにもライフプランニングを行い、その上で必要保証額を可視化して初めて商品設計が可能となり、ここで初めて各社の商品の中でどれが最もそのニーズにマッチしているかの選別に入るというフローとなります。

で、更にもっとお客さまの期待値を超えるためには何が必要かと申しますと。

それは、お客さまは保険の素人であり、未経験ゾーン(大切は人を無くした経験が無い)の出来事を想定すること自体に無理がある中で引きだした潜在ニーズを、鵜呑みにして必要保証を決めにかかってはいけないということ。

例えば、一家の主が亡くなった時に残された家族の生活が心配だというニーズの場合で、奥さまは働くという気持ちを持っていたとしても。

ご主人が亡くなった後の生活費の考えかたですが、本当に今の生活費の70%で良いのか(ご主人の食い扶持がなくなるので)、奥さまが仕事をするということでその収入を見込んで良いのか、これは杓子定規的にはこれで問題ないのですが、ワタスはそのロジックと決めつけて提案することに疑問があります。

父親を亡くした子供の寂しさを埋めてあげるために必要なことは母親の愛情であり、それは子供と共有できる時間の場合もあるでしょう。その場合は暫くは仕事をせずに子供との接点を優先順位に置いた方がいいかもしれません。

その時には「もしもの場合は父親の存在だけでなく、父親に代わり、お母さんが仕事に出ると決めた場合は、時間的には母親の存在をもお子様は無くして淋しい思いをさせてしまう可能性もあります。それでもお仕事をされることを決めますか?」ここまで問いかけたうえでお客さまの意向を確認してあげる必要がでてきます。

もちろんそれでも働くと決められたならそれで全く良いのですが、経験のないことは人間得てして気が付かないものです。

要するに。

現在の夫の価値を現金に置き換えるだけでなく「無形の愛情」を加味したうえで保障を考えてあげげれる人でなければ、プロが介在する価値が無いと思うわけです。


いわば「無形の愛情」とは企業会計でいう「のれん代」のようなもの。


会計士ものれん代を算出できないようではプロと言えないのと同様、保険設計士もここにしっかり向き合い、適正額を導いてこそプロであり、これができなけりゃ、セルフでネットで加入するのも、単に出来あいのシミュレーションソフトを打ち込んで出た必要保証額に従って設計された商品と左程変わらないと思うわけです。

決して保証額を増やそうと誘導するのではなく、この家庭に万が一のことがあった時にプロの保険営業パーソンとして悔いの無い設計を提案できているかをしつこいくらい、様々な角度から問いかけ、確認し、本気で提案することが必要なのではないかと思うわけです。

次の日曜日は3月11日ですね。

この日大切な人を守ると決めて、改めて保険証券を見直してみてはいかがでしょうか?

で、内容がわからないというカタは是非プロのプランナーが全国に200名所属している当社までご相談ください。→http://www.holos.jp/index.php?page=index

       のれんに腕押しとぬかに釘を併せ持つへっぽこ社長に嘲笑の↓を
                
人気ブログランキングへ


posted by 堀井計 at 01:34| 京都 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月05日のつぶやき

holoskun / 堀井計
今週の加圧トレーニング終了。鬼トレーナーに追い込まれて週初めにすべての力を出し切ってしまいました・・週末まで仕事をしてるふりだけはしよう(ー_ー)!! at 03/05 19:39

holoskun / 堀井計
『2012年03月04日のつぶやき』伝統と革新の街・京都ではたらく社長のb…|http://t.co/YEkCArHf at 03/05 02:40
posted by 堀井計 at 00:01| 京都 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月05日

2012年03月04日のつぶやき

holoskun / 堀井計
今日の京都は終日雨。トタンに落ちる雨音が眠りを誘う子守唄になり、目覚ましになり。今起きてBOSSA BEATLESを聴きながらおもむろに仕事に取り掛かる。あ、ズボンはパジャマのままか。 at 03/04 18:07

holoskun / 堀井計
『2012年03月03日のつぶやき』伝統と革新の街・京都ではたらく社長のb…|http://t.co/s8dbRJ9P at 03/04 02:39
posted by 堀井計 at 00:01| 京都 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月04日

2012年03月03日のつぶやき

holoskun / 堀井計
『雀鬼から学ぶ「運」と「ツキ」から好かれる法則とは』伝統と革新の街・京都ではたらく社長のb…|http://t.co/8ka723dS at 03/03 22:08

holoskun / 堀井計
今日はアタマ(散髪)とクチ(歯医者)をすっきりでけたので、今から働く男のライフスタイル情報誌”一歩先を行く手の届く贅沢”をテーマに、本物志向のビジネスマンに向けて、ハイクオリティなライフスタイル情報をお届けするBiz Style(ビズスタ)。のコラム連載の執筆に取り掛かる at 03/03 17:59

holoskun / 堀井計
今日は朝から歯医者さんと散髪屋さんの日。京都はシャツ一枚でも大丈夫なくらい暖かいです-_-b at 03/03 11:49

holoskun / 堀井計
『2012年03月02日のつぶやき』伝統と革新の街・京都ではたらく社長のb…|http://t.co/UZm4UNon at 03/03 02:35
posted by 堀井計 at 00:01| 京都 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月03日

雀鬼から学ぶ「運」と「ツキ」から好かれる法則とは

3月3日

『洗脳騒動の渦中にあるお笑いコンビ「オセロ」の中島知子(40)が、40代の女霊能師と同居している東京都渋谷区内の自宅マンションから所属事務所関係者らによって救出されたとみられることが3日、分かった。女霊能師との奇妙な関係がクローズアップされてから約1カ月、事態は急展開を迎えたようだ。中島のマインドコントロールは解けるのか。』

ということで、ここしばらく三面記事を賑わせてきた事件?もクライマックスを迎えるようですが。

この余波を受け、ワタスの仲良しの占師さんは発刊予定だった著名女性雑誌の占い特集に掲載される予定だったものが延期になったと嘆いておられました。

ここ暫く、同業の占師や霊能者は向かい風に立たされることでしょうね。

その逆風の中、懲りずに運とかツキのネタをブログで取り上げるワタスは何て妖しい奴なのでしょう。(でも間違っても魚肉ソーセージをパンパン叩きながら走りなさいなんて言いませんから←これ知らないヒトは無視してください)

たまたま会社の隣のローソンで目に留まった、

桜井章一著 『雀鬼流「運に選ばれる」法則76 運とツキに好かれる人になる』

                 運とツキに好かれる人になる.jpg

裏麻雀の世界で20年間無敗の稀代の勝負師が「運をものにする」コツを図解付きでわかり易く説かれております。

決して魚肉ソーセージをパンパン叩きながら走れとは書かかれておりません(しつこい・・)

我々一般民間人でも理解できる部分を抜粋しますと。

『運の流れを感じ取るための3要素は「相互間」「全体感」「時の感覚」』

人と人との関係、そこから生まれる様々な作用を感じとり、より善きものしていく。
部分に集中するのではなく全体を俯瞰する感覚、個として存在しながらも全体を感じられること。
世の中のすべてのものは流れ、動き、常に変化している。その変化のタイミングを捉え、対応していく。

『基本動作ができればスランプはない。』

麻雀にしろ、スポーツにしろ、仕事にしろスムースに事が運んでいるときは基本動作や心構えができている。基本動作は柔らかく円を描くように行動すること。柔らかくするためには素直であること。そして重要なのは「準備、実行、後始末」である。

『楽しいと運は寄ってくる』

人間には「何も楽しめない人」「自分だけ楽しむ人」「まわりにも楽しみを与えられる人」の3タイプがいる。最も運を招くのは3番目の「まわりにも楽しみを与えられる人」である。

『欲望を引き算すれば運は増す。』

欲が大きいと運を逃がす。腹八分目にしておけば2割の隙間に運が入ってくれる。

『部分に捉われず全体観を持つ』

以前コラムでも書きましたが、この感覚は脳科学者池谷祐二さん言う所の「幽体離脱力を高める」ことと合致します→
http://www.holos.jp/index.php?page=lifecolumn_list&menu_year=2009&menu_month=02&exptitlename=2009-02

もうしばらくしたら「運」を引き寄せる法則は脳科学的にも根拠付けできるようになるかもしれませんね。


等々76の運に選ばれる法則が記されておりまして。

この世の中に運が良いとか悪いとかいう現象なんて存在しないと信じて疑わない方にはどうでもいい話ですが。

生まれてから今までで、一度でも「今日はツイテルな」とか「最近運がないなぁ」とか「ラッキー!」「キテルキテル!」とか思ったことある人は潜在意識が運の存在を肯定しているはずです。

どうせなら運を味方につけて生きていきたい方は一読の価値有りかもです。

       魚肉ソーセージは食べてこそ価値があると思うかたは賛同の↓を
                 
人気ブログランキングへ
posted by 堀井計 at 22:08| 京都 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月02日のつぶやき

holoskun / 堀井計
NYの小さな会社の、心打たれるメッセージ http://t.co/07nlpGlj @SIRCUS_TVさんから at 03/02 18:50

holoskun / 堀井計
『ピーチ就航に学ぶ。我々がお客さまに還元できることは何か?』伝統と革新の街・京都ではたらく社長のb…|http://t.co/ZXTdFH95 at 03/02 17:13

holoskun / 堀井計
『2012年03月01日のつぶやき』伝統と革新の街・京都ではたらく社長のb…|http://t.co/luUigyJu at 03/02 02:37
posted by 堀井計 at 00:01| 京都 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月02日

ピーチ就航に学ぶ。我々がお客さまに還元できることは何か?

3月2日

日本初の本格格安航空会社(LCC)「ピーチ・アビエーション」が就航しましたね。

ただ単に「移動するための乗り物」と割り切れば確かに安い(時間も同じ)

この移動手段としての乗り物という概念に、空間価値(ゆとり度)や人によるホスピタリティ性(心の満足度)を求めるヒトはLCCを利用しない可能性はありますが、兎に角シンプルに安けりゃいいならそれなりの需要はあるでしょう。

                  t_OSK201203010021.jpg

そして企業にとっては、いわゆるディスカウント戦略で市場に打って出るために、利益率を抑えて価格を下げるわけですから、相当なローコストオペレーションが必要ですし、かといって赤字を垂れ流して経営を継続することは不可能ですから一定の利益を確保することも必定です。

ただ航空、鉄道含め国内旅客輸送業界は間違いなく今回の新規競合の参入により、生き残りをかけて知恵を振り絞り、切磋琢磨して差別化をはかることになるわけですから。

結果顧客は選択肢が広がり、個々の価値基準に合う交通手段を選べるメリットはあるわけです。


保険業界然り。

最近はネット生保の台頭により、条件次第では保険料が安く入れるものもあり、お客様にとっての選択肢が広がりました。

ですが、基本保険は金融庁の認可商品なのでLCCほどのインパクトはありません。

また、値引きして売ることもできませんので(保険業法で決まっています)同一条件(年齢、性別など)同一商品なら加入する店によって保険料が異なることはありません。

実はこの値引きをする必要が無いビジネスというのは極めて恵まれている業界だと思うわけです。

かつてワタスは流通革命を起こしたことで一世を風靡した大手流通業で働いていたころ、顧客満足の方程式とは、
「顧客満足=(品質+付加価値)÷価格」
と教わりました。

つまり、良い商品に行き届いたサービス(気の利いた接客やアフターサービス)を足した上で価格で割るということは、価格のインパクトが顧客の購買意思決定においてかなり大きいということです。
((A+B)÷C→(1+1)÷1=2<(2+1)÷1=3<(1+1)÷0.5=4 )

その価格を考慮しないでも良いだけでなく、品質(保険商品)もメーカーの商品を複数扱うことができる乗合代理店ならどこもあまり品揃えは変わらないわけですから、この方程式を則るなら「付加価値」の高さ=顧客満足となるわけです。

どうです?価格と品質を気にすることなく付加価値だけで勝負させて貰える保険業界って恵まれていると思いませんか?


ではこの「付加価値」とは何なのかということと。

そしてもう一つ見落としてはいけないことがあります。

一般の流通業界は価格戦略を取るために仕入れる量を増やします。スケールメリットを効かしてメーカーとの交渉力を持ち、仕入れコストを下げるからこそ、お客様に価格メリットを提供できるわけです。だからこそ大型店の出店や多店舗展開が必要なのです。

実は保険業界も今代理店は急速なスピードで大型化が進んでいます。

これは一般流通業同様、スケールメリットを効かすことが目的なのですが、異なるのは、誤解を恐れずに言うなら保険会社からいただける手数料率を高めるために組織拡大を図っているのです(小規模保険代理店はどんどん廃業に追い込まれていくのが実情です)

それによりお客様の保険料率を安くするという直接的な価格メリットで還元できるものではないということです。

要は、お客様に還元できることに「価格」はなく「付加価値」の部分しかないのです。


「組織を拡大することで得た利益を何に投資すれば付加価値となり顧客満足が上がるのか」


保険業界ではないブログ読者の方、要は純粋な保険加入者の方はどんな付加価値があれば嬉しいですか?

保険業界の方はいかがですか?
(業界外の方に敢えてお伝えしますと、大きな物品のプレゼントは「特別な利益の提供」となり値引きにあたるので禁止されています)


ワタス的には。

まず永続的なサポート体制を構築するためには企業が存続しないとダメなのでしっかり内部留保をしておくこと。

そして何より「人質向上」に投資すること。

この事業の付加価値=人質といっても過言ではないでしょう。

お客さまが当初抱いていた期待値を超えて、感動してもらえるまで質を高めること。具体的にはコンサルティング力やコミュニケーション力、コンプライアンス力を向上するための投資をすること。

加えて雑務を軽減し業務効率を高め、お客さまとの接点に時間を持てる体制を作るためのシステム投資やお客様とのコミュニケーションを代行できるサービス構築に投資することではないかと思うわけです。


「我々はお客様への付加価値を上げるために組織を拡大しているんだ」


再度肝に銘じたいと思います。

  ピーチ搭乗の際の隣座席は綺麗な女性をと期待に胸膨らませる変態社長に鉄槌の↓を
                  
人気ブログランキングへ




posted by 堀井計 at 17:13| 京都 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月01日のつぶやき

holoskun / 堀井計
本日から始まった提携先某カード会社主催の保険相談会。予約無しで朝から6名が立て続けに相談に来られた。見込客発掘が保険営業の仕事という時代はもはや完全に過去のもの(+_+) at 03/01 17:37

holoskun / 堀井計
『2012年02月29日のつぶやき』伝統と革新の街・京都ではたらく社長のb…|http://t.co/M303OfCg at 03/01 02:37
posted by 堀井計 at 00:01| 京都 ☁| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月01日

2012年02月29日のつぶやき

holoskun / 堀井計
本日のお昼ご飯は水素水-_-b http://t.co/7oRQ8s2c at 02/29 14:43

holoskun / 堀井計
『2012年02月28日のつぶやき』伝統と革新の街・京都ではたらく社長のb…|http://t.co/6XEoWFcP at 02/29 02:53

holoskun / 堀井計
23時過ぎに会社の戸締りして帰ろうとしたら1階LAC座が空いたままでどこ探しても鍵が無く、諦めて開けたまま帰ろうとして電気消したら、暗闇のセミナー室から幽霊のようにシドロ君が無言で出て来てマジびびった!明日の講師の練習1人でやってたらしい。練習の成果に期待できそう-_-b at 02/29 01:00
posted by 堀井計 at 00:01| 京都 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
人気ブログランキングへ