堀井計プロフィールページ

2014年10月31日

ブログ読者に聞く。親子ガチ対決、果たして消費者にインパクトあるテレビCMはどちらか?

10月31日

先日の日曜日に思い付きで書いたブログ『今日の日経「金融庁、保険ショップの手数料調査 販売手法を是正へ」を読んで思ふこと』のアクセス数が通常の5倍くらいになりワタスが期待されているコンテンツはこういうものだったのかと改めて気づかされたと同時に多少リスキーな執筆内容に身の危険を感じる永遠の前座芸人ホロス亭エロス@堀井ですこんばんわ(まだ読まれていない方はコチラ→http://kei-horii.seesaa.net/article/407797601.html

ところで。

度々このブログで登場する通称ボンクラツィンズことワタスの双子の愚息が経営する会社がテレビCMを打ちやがることになりました(今日から)

       fril-cm-20141028-003-thumb-660x451-331119.jpg

世間では既に親を超えたとの都市伝説?がある中、この度のテレビCM放映でその伝説が真実として確定したのではないかという噂もチラホラ聞こえてきます。

でもしかし。

実は弊社の方がテレビCMは先行して放映しているのです(今年4月)。そういう意味ではテレビCMをどちらが先に放映したかで勝負すれば半年の差で親(ワタス)が先行していますので完全勝利のボロ勝ちのコールド勝ちでいわば完膚なきまでに叩きのめしてひっくり返してロープ最上段からのフライングヘッドバットでとどめを刺してスリーカウントフォール勝ちしたも同然ですからもうこれ以上勝負する必要もないくらいに結果はでているわけですが・・・

問題はその中身だという了見が狭い?方もいらっしゃますので。

仕方ないのでどちらが消費者にインパクトを与えるかというコンテンツにもフォーカスして比べてみたいと思います(あくまで勝負はついているのですが)

比べるポイントは、出演者の知名度やメッセージ性、好感度、ターゲットへのインパクト、コストパフォーマンスあたりでしょうか。ではまずは両社のゲンブツをご覧いただきましょう↓

   
        フリマアプリ「fril」byファブリック

   
        お金も保険も人生も。「将来設計士」byホロスプランニング

皆さんご覧になっていかがでした?

もちろんワタス的には内容もボロ勝ちですなのですが。一応両者の比較をしてみますと、方やキャストは沢尻エリカさまを筆頭にシシド・カフカ、篠原ともえ、田中美麗の4名でご存じ話題のドラマ「ファースト・クラス」に出演中。制作陣には「Numéro TOKYO(ヌメロ・ トウキョウ)」 エディトリアル・ディレクターの軍地彩弓やスタイリストの長瀬哲朗などを起用した超豪華キャストとスタッフを配しています(かなりのお金がかかっていると思われます)

こなたキャストは弊社リアル将来設計士と本物のお客さま(決して予算をケチったわけではなくホンマモンの将来設計士の人間味溢れるキャラを体感して欲しかったということにしておきましょう)。ただ制作はこちらも負けていません。クマモン生みの親、おくりびとの脚本家として名を馳せている小山薫堂さん率いるオレンジアンドパートナーズさんにお願いしています。

         写真 2014-08-16 23 30 45.jpg

ターゲットは方や20代女性中心と此方シニア層男女、メッセージ性、好感度、インパクトはそれぞれにあるのではないでしょうか。フリルのCMはターゲットであるファッションに興味ある若年層女子には、人気ドラマをリメークしドンズバタレントを起用しているわけですから少なくとも競合のゲッツよりはかなりインパクトもあり好感度も高いでしょうが、将来設計士CMも弊社のユニークな社風や人間味溢れるキャラクターが画面からうかがい知れて、これまたじわっとくるインパクトとターゲット顧客に好感いただける仕上がりになっているかと思うのですがいかがでしょうか。

よって内容について敢えてジャッジするとすれば百歩譲ってドローということにしておきましょう。その結果今回のテレビCM親子ガチ対決の勝敗は客観的に冷静に公平に判断しても6か月も早く放映した(実はBSだけやけど・・)ワタスの完全勝利ということに満場一致でなりましたことをここに正式に発表致します。なお、この判定に異を唱えるヒトがいるかもしれませんが既に勝敗はついておりますのでもはや覆ることはあり得ないこともここに表明しておきますのであしからず(どや、まだ負けてへんぞ、こら(涙))

img_b4bb39691512475fb93f5bd64182f6989934597.jpg
        1017.JPG

ま、フリルのユーザーの方もリーズナブルにお洒落を愉しみながら、是非夢を叶えるご相談は弊社の将来設計士にご相談いただけますとこの上なき倖せにございます。
保険もお金も人生も。将来設計士へのご相談はこちらから→http://www.holos.jp/flow/index.html
           side_02.jpg


posted by 堀井計 at 00:27| 京都 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年10月26日

今日の日経「金融庁、保険ショップの手数料調査 販売手法を是正へ」を読んで思ふこと。

10月26日

中秋の日曜日。サザエさんの父波平さんがワタスより2歳も歳下ということが判明していささかショックを受けているこれでも未だ老眼鏡も毛染めももちろんカツラも装着したことがない21世紀壮年@堀井ですこんばんわ。

 isono-namihei-chafurin.png
              波平さん54歳

        1008.JPG
                   計さん56歳・・・

ところで。

今日の日経の朝刊に、「金融庁は、複数の保険会社の商品を取り扱う保険の乗り合い代理店(保険ショップ)の実態調査に乗り出した。勧める商品が販売手数料の高い商品に偏っているとの批判があるためだ。契約者が払う保険料のうち、販売手数料をいくら受け取っているのか、月内に報告するように求めた。販売手数料が高すぎ、販売にひずみがあれば、是正を求める考えだ。
 金融庁は9月中旬、保険会社を通じて、代理店に販売手数料の水準などの提出を要請した。対象になった代理店は数十社あるとみられる。必要に応じて、個別に聞き取り調査を実施する・・・」


と、ドンズバ弊社も展開する乗合代理店のことが書かれているのですが、実は弊社はこの調査対象になった数十社の中の1社。ただ調査内容は日経紙が限定している販売手数料の調査だけではありません。改正保険業法でまもなく施行予定の態勢整備義務にかかわるかなり広範囲な調査内容であり、その中の1つに販売手数料の調査もあるのが事実なので、日経紙の記事が間違っているわけではありませんが、手数料のみにフォーカスしたものでもありません(内容全部を開示はできませんが)

文末には、「保険販売の手数料開示を求める声もある。12年から13年にかけて開いた金融審議会では業界の反対が強く見送られたが、金融庁は調査で実態を把握し、「必要に応じて行政対応を検討する」(金融庁幹部)構えだ。」と〆られています。実はワタスはこの金融審議会に出席をしておりましたので、手数料開示議論がなされていたことは事実です。

この記事を読んで感じたことがいくつかあります。

まずは新聞記事の内容の精度。ワタスはこの記事に関してはかなりインサイダーに近い立場にいますので「当たらずとも遠からず」の内容を見るにつけ、あらゆる記事の精度についてもある程度割り引くか、複数の情報から推量して判断する必要性を感じます。

もう一つは、ではこの内容が的を得ていたとすれば本当に乗合代理店の手数料が開示され、販売手法が是正されるのかというところです。今般の保険業法の改正により比較推奨理由の明示(複数の商品の中からなぜその商品を勧めるのか)が義務付けされますので、ある意味「販売手法の是正」については既に織込み済みと言ってもいいでしょう。これは金融審議会の席上で手数料開示が議論されていた時、複数名の有識者が「乗合代理店は手数料の多寡でお客様に商品を勧めており、消費者の役に立っていない。」と半ば言い切られ、参考人の立場でありながら我慢できずに反論もしたのですが、結果的には手数料開示は見送られ、その代わり?に比較推奨理由の明示が法制化されたということになります。ただこの時は、本当に世間はそのように見られているのか、消費者からの支持なくしてこの10年ここまで乗合代理店が伸びることなどあり得ないだろうと思い、残念で仕方ありませんでした。

手数料開示については個人的(あくまで個人的)には次のように考えています。
グローバルスタンダード的には開示の方向に進んでいる。既にアメリカNY州(州法によって異なる)、イギリス、ドイツなどは開示済み。日本においても金融商品の中で手数料開示していないのが保険だけであり、消費者保護の観点からも消費者の希望的にも手数料開示を望んでいるなら抗うことはできない。ただするなら直販(メーカー所属の募集人)も同様にすべきである。なぜなら経験上、直販においても保険種類や払込年数で手数料が詳細に変化し、手数料の多寡を意識しようとすればいくらでもできてしまう。つまり乗合代理店の方が商品の選択肢は多いもののモラル的には同等にあるということだからです。

片方で感情的に少々納得いかない部分もあります。それはあらゆるビジネスで原価を開示する例はほとんどないということです。更に代理店という立場で物申すなら、保険料を形成する付加保険料には代理店手数料だけでなく保険会社の社員の人件費や広告宣伝費等多額な販売管理費も含まれているのだからして、代理店手数料だけを開示することが消費者から見て納得感のあるものとは思えないのです(代理店手数料は付加保険料の一部でしかない)

いずれにしましても。

保険ビジネスに限らずあらゆるビジネスに言えることでしょうが、目の前のお客さまから好かれ、信頼され、その商品やサービスに感動をしていただくことに、その結節点である募集人も間接スタッフも経営者も一丸となって取り組む組織が選ばれることに違いありません。例え手数料開示が現実になってもビクともしない、むしろその方がより成長が加速する組織作りを目指していく所存です(この程度の内容なら抹殺されないと思うのですが(笑))
posted by 堀井計 at 21:12| 京都 ☁| Comment(1) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年10月23日

最年少部長誕生。売れないダメダメ営業マンが成長できた理由とは。

10月23日

ここ最近ゴルフ場の玄関にゴルフバッグを置き忘れ携帯電話を新幹線に置き忘れ一昨日は出張先のホテルにネクタイを置き忘れて商談の直前に気が付いて慌ててネクタイを買って何とか凌ぎ今日は家に財布を置き忘れて東京出張にきた一文無しの要支援一歩手前野郎@堀井ですこんばんわ。

ところで。

今月11日付で弊社最年少部長が誕生しました。

以前もブログでアルバイトから部長になった女性社員を紹介しましたが。
「アルバイトから部長へ。昇進は叩いて上げるかどついて上げるかそれとも褒めて上げるのか」→http://kei-horii.seesaa.net/article/372700004.html
(実はこのブログがきっかけでワタスのブログを愛読していただいていた出版社の方から突然声がかかり女性の活躍を推進する厚労省の冊子に彼女の記事が掲載されることになりました。)

で、今回は前職の外資系生命保険会社の営業職ではダメダメ営業マンだった藤本真之くん33歳。

         IMG_0085.JPG

前職での2年間の完全歩合営業では月収がひどい時は7万円。最低維持基準をいったりきたりの正真正銘の食えないチン○ス営業マンで5年前に面接に来た時の印象もトッポくて自信なさげでいかにも売れなさそうな若者でした。事実1年目は鳴かず飛ばず。綺麗な奥さんとトレードして本気で主夫になった方がいいんじゃないかと言われてました。

それがなんと。

2年目から徐々に売れ始め、3年目はMDRT(世界の保険トップセールスマンに与えられる称号)に登録でき、4年目も連続で登録でき、今年は既にCOT(MDRT基準の3倍の実績)の入賞が決まっています。実は弊社の組織は創業期から優秀なフルコミッション(完全歩合)営業マンに商品やシステムや人で支援することで、より顧客志向を持って独立し、成功できるための言わばスーパーカーをより走りやすくするための仕組みを提供するという戦略で成長してきました。そして数年前からその仕組みに加えて、メーカーで売れなかった若手保険営業マンを固定給で雇用し、再教育しながら成長させる部隊を作ってきました。彼はその部隊22名をマネジメントするトップとなったのです。

元々ワタスはトップ保険営業マンの強みは、卓越したコミュニケーションスキル、人間関係構築力にあると思い、この強みを可視化しプログラムに落とし込み、更に現役のトップセールスがそのスキルを伝授するという建付けを実行すれば、保険営業マンだけでなくあらゆる営業マンのスキルアップに貢献できるのではないかという仮説のもとに研修事業を立ち上げたのですが、そのノウハウを他社や他業界だけに提供するのはあまりにももったいないと。また、高齢化する弊社プランナーたちのリタイアを想定すれば若手への事業承継を組織として着手しておかなければ企業の成長は無いと思ったのです。

藤本クンはその直販社員の3人目として入社したのですが、彼は生粋のKY野郎ではありますが「地頭」が良く、「素直」で吸収力があり、実績にこだわる「コミットメント力」もありました(恐らく奥さんの教育の賜物でしょう)。弊社が提供するノウハウや先輩の教えを愚直に実践しながら自分なりに工夫を加え、結果お客様から可愛がられて紹介がどんどん出だしたのです。そしてその成功体験を自分だけのモノにするだけでなく、後輩にも「オープン」にする度量がありました。藤本KY部長、当社を21世紀に燦然と輝くホワイト企業、世界で最も働きたい会社にしていきましょう。

          936511_496779557066415_182277074_n.jpg

あ、当社は元チンカ○営業マンでも、まだ33歳でも、わずかキャリア5年でも部長になれる会社です。役員には元お笑い芸人や元サーカス団団員や元暴走族のヘッドや現役の落語家(ワタス・・)もいます。人に誇れる成功体験や実績が無くても、素直さやシゴトに対する熱意や自己成長への自律心やユーモアのセンスを磨こうとする意欲があれば、渦の中に巻き込んで洗濯して気が付いたら在り方ややり方が今までとは全く違うニンゲンに変わっている可能性があります。常に弊社のビジネススタイルはユーモアビズ。決して力で無理やり変えようとはしませんし、そんなことしてもヒトの本質は変わらないことを知っています。個々の価値観を尊重し、指示命令を極力排除しながら自律を促す社風。少々辛いことや嫌なこともユーモアやギャグで笑いに転嫁する文化。そんな弊社にご興味ある方はこちら→http://www.holos.jp/employ/orientation-session.html

       10501590_669587196452316_6397880219186386451_n.jpg写真 2014-08-08 15 59 20.jpg
     10489635_512098098923347_152016838761063820_n.jpg

posted by 堀井計 at 20:02| 京都 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年10月19日

臆病者語る。怖くて怖くて仕方ないけどやめられないんです。

10月18日

今週は東京行き新幹線の車窓から富士山の初冠雪を拝ませていただきとてもラッキーでした。ただそこに在るだけで癒しや感動を与える存在はワタスの永遠の目標です。

       2014-10-16 09.46.35.jpg
      
ところで。

保険業界は今未曾有の転換期を向かえています。あと2か月ちょっとで委任型募集人制度(保険代理店の雇用関係ではなく委任契約の募集人)が業界から消滅するのです。

この影響はお客さまに直結するものではありませんが、代理店経営と募集人には極めて大きな影響があります。代理店経営には大きな態勢整備費用がかかり、募集人は社保負担含め大きく手取りが減少するヒトタチが発生するのです。

実はその中で今募集人の大移動が起ころうとしています。

移動を検討する動きは大別すると二つに分かれます。一つは緩くて安いディスカウントストア型組織への移動。もう一つは高くてて高付加価値を目指す百貨店型もしくは専門店型組織への移動です。前者はサービス機能はほとんどない変わりに控除も少なく(手取りが多い)更にコンプライアンスの意識や仕組みが低い組織で、後者は付加価値メニューや管理システムの導入等生産性向上に投資している分控除率もそれなりに高く、またコンプライアンスの意識や態勢も整えている組織。

弊社は今般の適正化が確定した時から後者の道を行くことを決めているのですが、それでも内心はかなりビビッています。大量の募集人が他代理店に移籍したらどうしようという不安です。実はワタスには過去のトラウマがあります。創業して数年経過し順調に成長していた時、経営方針の違いやワタスのリーダーシップの無さから大量の離脱者を出したのです。その時はマジつぶれると思いましたし、反面残って支えてくれたスタッフやプランナーの皆さんには今でも心から感謝しています。ただ当時のことは業界全体のことではなくあくまで当社内部で発生した事件でしたが今回はスケールが違います。恐らく何万人単位の募集人が潜在的に移籍を検討し、何千人単位の募集人が自らの価値基準で代理店を選択し移籍していくことでしょう。そして「魅力無き代理店」は委任型募集人の消滅に伴い代理店自体も消滅の憂き目に合うものと思われます。

流通業が業態(ディスカウントストア、専門店、量販店など)特化して来店してくれる消費者を選別しなければ経営的に生きていけないように、我々も全ての募集人の価値観を包括して受け入れられる組織作りは命取りになります。果たして弊社の進むべき方向を受け入れてもらえるのか・・みんなが受け入れられずにかつてのように、いやそれ以上に組織を離れていかれたらどうしよう・・そんな思いが頭をよぎり胸が締め付けられるのです。

ただその反面。

年明けからの新しい時代の幕開けに得も知れずワクワクしている自分が臆病者の自分と表裏一体で共存しているのです。このワクワク感は「最後は必ず弊社が選ばれる」という信念とそちらに進めという直感とそしてそれだけでなくそれなりの今実感できる根拠もあるからです。なぜならビジョンを定め、コンプライアンスを強化し、態勢を整えることは、お客様からの信頼を得ることもさることながらその姿勢や客観的事実はステークホルダー(株主や金融機関や保険会社)や提携先企業の共感を得れるのです。特に弊社よりもはるかに大きく信用力もある企業からの評価が得られ、ダイナミックなプロモーションや共同市場開拓や他社にはできそうもない付加価値サービスの共同開発を侵攻できるからです。ワタスはこれからの保険ビジネスは個の力(優秀な募集人の営業力)だけではなく総力戦
(組織と個の力を結集する)で顧客に貢献するところしか選ばれないと思っています。

恐怖感と高揚感、つまりビビりながらワクワクする気持ちはスカイダイビングで飛行機から飛び出す直前や(怖くてやったことないけど・・)

        2010-06-04-103956.jpg

ビッグウェイブが迫りくる直前のサーファー(膝くらいしか乗ったことないけど・・)のようなものかもしれませんね。

        ビッグウェイブ.jpg

そんな感情とずっと付き合いながらも、お客様や何より社員の倖せを信じて前進していくことを喜びとするのが経営のシゴトなんだとワタスは思うのです。

だから共に前進していこうではありませんか。

    写真 2014-10-04 18 42 32.jpg

将来設計士募集中→https://www.ins-navi.net/hit/holosfp201410/index.html
posted by 堀井計 at 00:34| 京都 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年10月12日

若者の定義。「挑戦」は若者だけの特権じゃなく挑戦し続けるものが「若者」である。

10月12日

先週は珍しく四国巡礼の旅(ウソ)で高松では本場の讃岐うどんや骨付き鶏を食し松山では道後温泉で一風呂浴びさせていただいたついでに坊ちゃんの部屋(夏目漱石記念部屋)や皇室専用の湯殿を見学しつつ豪華絢爛な金箔の部屋より幻の皇室専用トイレの方にいたく感動しガイドのおじさんにそこにしゃがんでいる写真を撮ってほしいと懇願したら一蹴されてしまった永遠のチャレンジャー@堀井ですこんばんわ。

2014-10-09 12.35.25.jpg
   
ところで。

10月10日付の日経産業新聞の「トップの挑戦」に掲載いただきました。さすがプロの記者さんですね。とてもわかりやすくまとめていただいてます。

   写真 2014-10-10 10 05 33.jpg
  全文はこちらから→日経産業新聞2014.10.10.pdf

因みにこの記事の中にワタス以外に二人の登場人物が出てくるのですが、お1人は日頃から尊敬して止まない将来設計士(R)生みの親でもある小山薫堂さん。そしてもう1人が日頃から侮蔑して止まないぼんくらツインズ2号(双子の息子の弟)・・・けんど記者さんからは親子でIPOを目指し息子から追い込まれている親の立場がいたく滑稽に写ったのかここははずせないネタだったようです(笑泣)

実はトップの挑戦はこれだけではありません。

来月11月15日には弊社イベントスペースLAC-座で『楽語家ホロス亭エロスの「笑いながら倖運を引き寄せる活き方実践高座」』を決行します。このイベントは夢を叶えたい若者から子育てに悩む母親から起業家を志すビジネスパーソンから若々しく元気に歳を重ねたいシニア世代の方々まで幅広い対象者に向けた落語と講演の1人コラボレーション。内容はまだ秘密ですが(実はまだノーアイデア・・)笑いをベースに運を引き寄せながらお金や身体や心の健康を手に入れるための在り方ややり方を伝授します。

  写真 2014-10-12 22 10 01.jpg
 
ヒトは誰でも年老いていくものですが「挑戦すること」は決して若者だけの特権ではありません。というより挑戦し続けるかぎりヒトは年齢関係なくいくつになっても「若者」と言ってもいいのではないでしょうか。

経営者として将来設計士として、そして芸人として?「あなたらしい素敵な活き方を応援する」特攻隊長ホロス亭エロスはまず自らがワタスらしい活き方を愉しみながら実践し、そのノウハウやドゥハウを惜しみなく共有しながら世の中に貢献していく所存でございまればどうか皆さまご支援ご鞭撻のほどよろしくお願い申し上げまする。

     2014-10-12 17.00.46.jpg
妖しいセミナーの申込みはこちら→http://fphoken.jp/holos/PublicSeminar.aspx?gId=1&sId=1&eId=256



   

posted by 堀井計 at 23:04| 京都 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年10月11日

怒りのエネルギーの取説。「お前ら俺をなめたらあかんで!」

10月11日

今週は青色発光ダイオード(LED)を発明した三名の日本人がノーベル賞を受賞され、日本中が誇りと喜びで湧き上りましたね。そのお三方のユニークで感動的なコメントが至る所で紹介されています。

         PK2014100802100005_size0.jpg

赤崎教授は『「我一人荒野を行く」心境でした。そのころ、出席者の誰一人として、窒化ガリウムに関心を持つ人がいなくなっていたのでしょう。しかし、私は、たとえ一人になっても、この研究をやめようとは思いませんでした。やはりリーダーがしっかり信念を持って行動、仕事をすることが大事だ。リーダーは絶対ぶれてはいけない。若い研究者によくいうことだが、はやりにとらわれず自分の好きなことをやってほしい。』

天野教授は、『なぜ青色発光ダイオードを選んだのかというと、まず一番大切なことは、その当時誰も成功していなかった非常にチャレンジングなテーマであったということです。要するに自分が一番になれる可能性があるということですね。これを作ればみんなの役に立てるという気持ちがありました。これは理由もないんですが、私は、とにかく何か人の役に立つことをしたいと思っていました。そのような観点に立つと、青色発光ダイオードが最も魅力的なテーマに映ったわけです。』

そして注目すべきは中村教授、『研究の原動力は「アンガー(怒り)だ。今も時々怒り、それがやる気になっている。怒りがなければ、今日の私はなかった』と。青色LED開発後、当時勤めていた日亜化学工業と特許を巡り訴訟に至った経緯に触れながら、怒りを前向きなエネルギー源に転換してきたと強調されています。

「怒りのエネルギー」

ヒトを動かすエネルギーには愛のエネルギー、感謝のエネルギー、喜びや充実のエネルギーというライトサイドのエネルギーと怒りや恨みや妬みや執念などのダークサイドのエネルギーがあります。天野教授はライトサイドなコメントですが、中村教授は気持ちいいくらいにダークサイドなコメントです(笑)

実は私にもダークサイドの「怒りのエネルギー」があります。

             7d93610176e5ed47354093c044255fde649012b3_m.jpg

続きは→http://www.holos.jp/index.php?page=lifecolumn_list&menu_year=2014&menu_month=10&exptitlename=2014-10

             
posted by 堀井計 at 13:14| 京都 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年10月05日

経営者の手帳。傍楽く・活きるモノサシを変える言葉とは

10月4日

今週は携帯電話を新幹線に置き忘れ品川駅降車後1分で気づいたものの職員さんにお願いするもマニュアル通りの対応で即車内確認されないままワタスの携帯電話は終点東京の清掃までもスルーしたまま折り返しなんと最終の博多駅で捕獲されなんとか事なきを得た最近忘却力MAX野郎@堀井ですこんばんわ。

ところで。

箱根で某外資系保険会社主催の優績代理店経営者会議が行われ、目下保険業界の最重要課題である規制適正化に伴うこれからの代理店経営についての講演とコーディネーターを務めてきたのですが。

       写真 2014-10-04 18 43 16.jpg

今回はワタス以外に「日本で一番大切にしたい会社」「経営者の手帳 働く・生きるモノサシを変える100の言葉」等であまりにも有名な経営学者坂本光司さんの講演がありワタスも聴講させていただきました。坂本さんの話しは3回目ですが何回聴いても気づきをいただけます。

やはり中小企業7000社の経営者を実際に訪問し、長期的に成長し続ける企業経営者の在り方を研究されてきたその言葉にはデータに基づいた説得力があり、ワタスも共感するところと反省するところが交錯しながらも今後の企業経営においてとても参考になりました。

            写真 12-07-01 11 37 57.jpg

せっかくなのでワタスの心に刺さったいくつかを共有させていただきますと。

「人材社員ではなく人財社員が最も嫌うのは管理や命令という刃物である。また人財社員が最も好きなことは自由度や温もりである。」

「業績の高い会社のモチベーションが高いのではなくモチベーションが高い会社の業績が高いのだ。だから業績を上げるには社員のモチベーションを上げること。」

「正しいことをしようとしている人々の邪魔になるルールにはリーダーは片目をつむって見守ってあげることことだ。いつも歴史はミクロが作る。」

「人を大切にしている会社の社員の子供の数は多く(500社調査)社員間結婚も多い。良い会社を作れば少子化は無くなる(日本の出生率1.43に対し某優良企業は2.1)」

「経営者の定年のシグナルは3つある。1.企業化精神が萎えた時。2.平時で2〜3年連続赤字。3.後継者が育った時」


いかがでしょうか。弊社は創業以来管理型マネジメントを否定してきました。なぜならワタスが何よりヒトに管理されることが嫌いだからです(笑)実は最近典型的な管理型マネジメントで事をなしてきた元スーパーサラリーマンと関わることがあり、そのコミュニケーションスタイルを続けているといかにやる気が削がれていくかを体感したところです。そういう意味では坂本先生のお言葉はある意味我が意を得たり的な話が多く勇気づけられたのですが、それでもまだまだ徹底できていないコトも実感した次第です。

実は最近弊社では若手社員が父親になったり、間もなく弊社初の社内結婚の挙式があったりとお目出たが続いています。坂本先生曰く幸せな会社のモノサシが社内結婚であり、出産の数だとすればいかにそれを後押してあげられる環境や人事制度を構築できるかを考え、自由や温もりを感じる社風や文化を意識することが経営者のシゴトであり、その結果が業績なのであるから業績が上がってから色んな制度を考えようとするのが当たり前と思いがちですがそれでは永続的に成長する社員が倖せに感じてくれる会社にはいつまでたってもならないということなのでしょう。

適正化をクリアすることも待ったなしの課題ですが、実はそれは一過性の問題に過ぎず、その後の新しい組織をどう創るのかどんな社風にするのか次第でその企業の存続が決まるということを肝に命じていきたいと思います(まずは忘却力を下げることから始めたいと思います・・)

  
写真 2014-10-04 18 43 08.jpg
posted by 堀井計 at 00:02| 京都 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
人気ブログランキングへ