堀井計プロフィールページ

2014年11月30日

タイ視察その1。委任型代理店経営のノウハウはタイの病院経営に活かせるかもしれない。

11月29日

ホロスプランニングの優績者表彰を兼ねて我が母国タイランドに帰国中の通称チャチャイ俗称珍北斎芸名ホロス亭エロス@堀井計ですサワディカップ。

昨年度はタイでの保険代理業の可能性を模索し国内大手保険会社と合弁で運営されている生保会社を視察しましたが今年は総合病院と不動産ビジネスの視察を行いました。総合病院は日本人に対する医療ツーリズムの可能性はあるのか。国内で人間ドッグを受信するよりも施設やサービスのクオリティが高く、価格も安い可能性があれば充分弊社のクライアントに紹介できるのではなかろうかと考え。不動産ビジネスは国内で不動産投資をするよりタイの不動産の方が利回りが高く資産分散上も海外に資産を移しながら運用できるならこれまた弊社のクライアントにご紹介できる可能性があるのではなかろうかと考えたわけで。

その詳細を報告いたしますと。

まずタイで株式公開をしているサミティベート病院へ。え?病院が上場しているの?と思うヒトもいるかと思いますがこちらでは可能だそうで、日本なら医療法人の理事長は医師でなければなれないのですがこちらはその制限もなく以前はサミティベート病院も会計士が代表だったこともあるそうで、医師でも医師業を辞めてMBAを取得しマネジメント側に回るヒトもいるそうです。

      2014-11-28 09.11.10.jpg

更に日本との違いでは、この病院はすべて自由診療で保険は一切効かないので必然的に富裕層に特化しており、さすがにその富裕層に満足を提供するために施設の設備もとても綺麗で最新式、ホスピタリティも入り口には来訪者が車から降りて病院内に入る際に日傘をさすだけの社員さんを配置しているほどでした。

     2014-11-28 10.46.48.jpg

皆保険制度の日本とは違いお金によって受けられる診療が差別されていることに違和感があるかもしれませんが、この病院のマネージャーによると「むしろ日本の方が収入によって保険料納付の額が異なるのに受けられる診療内容が同じな方がおかしい。必要ないのに3割負担で医療を受けることで保険制度の破綻が生じている」と。確かにすべて自由診療の自己負担なら無駄に病院に行かなくなり、病気にならないよう予防医療にもっと目が向けられるようになるのかもしれません。

     2014-11-28 09.35.04.jpg

更にワタス的に関心を持ったのはタイの病院経営のシステム。こちらではドクターは社員ではなく、委託型の契約だそうです。患者に請求する治療費もドクター次第。患者がドクターを決めるシステムなので人気があれば患者が集まり、なければリピートされず必然的に収入もかなりの差があると。つまり病院経営は優秀なフルコミッションの専門家をいかに組織内に取り込んで、その彼らを如何にサポートできる体制を整えるかによって決まるというワタスが日本でやっている委任型保険代理店の経営に極めて近いスタイルなのです(来年から変わりますが)その代表も医師免許は必要ないということなのでマネジメントのセンスがあればタイで病院経営ができるかもしれません。病院も上場できるということなので、日本からタイの病院に出資をして合弁で経営することも面白いかもしれませんね。

不動産投資の可能性は帰国後のブログで書きたいと思います。


         2014-11-28 09.06.52.jpg
posted by 堀井計 at 18:16| 京都 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年11月25日

理想的に歳を重ねるための8つのライフスタイルとは。

11月25日

週末の3連休は紅葉真っ盛りの伝統と革新の街京都に円安効果も手伝って世界各国から訪れる人出もピークになるのでその喧噪を避けるためにも京都から脱出し東京で過ごした一見タイ人実は京都生まれの京都育ち@堀井どすえどすですこんにちわ。

昨日はワタスのおばさん(母親の姉)が階段から転げ落ちて奇跡的に手首の骨折だけで済んだということでお見舞い方々訪問してきました。おばさんには昔から随分お世話になりました。サラリーマン時代には出張時に夜中に泊まるところがなくなり同僚数名と押し掛けたり、42歳で独立した当初お金も無かったので暫く居候までさせていただいていました。で、なぜ奇跡的かというと。

御年98歳だからです。

実はワタスのおばさんは強者揃いで以前にもブログで書いた通称タミーも凄いのですが(http://kei-horii.seesaa.net/article/403604095.html)トミー(トミ子おばさん)はそれよりまして凄いのです。何が凄いのかというともちろん階段から転げ落ちても軽傷ですんだこともさることながらこの歳でコーラスに通い自宅でピアノのレッスンも習い歩行速度は一般人とそん色なく記憶力は最近のことから昔々のことまでスラスラと出てきます。

写真 2014-11-24 14 00 49.jpg

今回も試しに関東大震災のことを聞いてみますと。

「当時は京橋に住んでいて近所のお友達といた時にグラグラときたのよ。その時は大丈夫だったんだけど、あとから火が出て家は燃えちゃったの。大八車に家財道具を載せてあちこち逃げたのよ。で、結局田舎の伊賀神戸(三重県の里)にしばらく疎開してたの。」

実に今から91年前の出来事です。ヒトがいつまで生きられるかは神のみぞ知るということですが、その計らいで長生きさせていただくことができたとしたら、どうせならボケずに若々しくそして愛されながら歳を重ねたいものです。トミーと接していて感じることは、

「のんびりしている。くよくよしない。いつも明るい。天然ボケである。サバサバしている。よく食べる。足腰が強い。趣味がある。」

東京という地で関東大震災や太平洋戦争という国家の大惨劇を乗り越えてきた昭和(大正)の女性は相対的に強いのかもしれませんが、それでも性格や活き方はとても大事だと思うのです。ワタスも8つのうち今はシゴト的にのんびりはしてられませんし、人工的にボケるときはありますが天然ではない(はず)のでパーフェクトとは言えませんがタミーとトミーの活き方を見習いたいと思います。
posted by 堀井計 at 20:40| 京都 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年11月19日

新幹線のトイレが汚れていた時の気持ちは如何に

11月18日

いきなりですが新幹線車内の毎朝快便男@堀井ですおはようございます。

ワタスはここ数年毎週新幹線に乗っているのですが移動が概ね朝早いこともあり、家と会社以外でいわゆる公衆トイレでう◯こをする頻度が最も高いのが新幹線なのですが。

実はワタスは新幹線車内で用を足そうとしてトイレに入りその便器が汚れていると。


ワクワクします(変態か)


なぜなら…

その便器をピカピカに綺麗にしてパタンと蓋を閉めておくことで臨時収入とか新たな出会いとか何かイイコトが舞い込んでくるような気がするからです。

    4A777441-226E-4D44-B49F-0B94B3A19206.jpg

今日もラッキーなことにとても汚れていました(笑)

新幹線のトイレ内は便座クリーナーがあり、便器がテフロン加工?で滑りやすいので実はお掃除がとても簡単です。水に流れるそのクリーナーで簡単に磨けますし少々手が臭くなっても手洗い洗剤が常備されているのですぐに洗えば安心です。

「よし、これでイーコトがあるぞ〜」っとなんでも面白がってやることで細胞レベルがワクワクすると、そこに意味やロジックがなくても自分が無意識に発信する振動数が変化して普段とは異なるHz数に共振するモノやコトやヒトが引き寄せられてきます。

我ながらかなり妖しい話しですがこの話は結構著名人も実践しているヒトが多い話しでもありますので騙されたと思ってやってみられてはいかがでしょうか(もちろん一切何の保証はしませんが(笑))

皆さんも今日も1日、イイうん(運)に恵まれますように。
posted by 堀井計 at 11:42| 京都 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年11月17日

屈指の霊能力者も推奨するKEIの新たな挑戦とは。

11月16日

テニス界の貴公子ニシコリケイの今年のイベントも世界べスト4という輝かしい戦績で無事終了したようですが保険業界の堕天使ホリイケイの今年のイベントも先週の金曜のオーナーズカンファレンスと土曜のLAC-座イベントで滞りなく終了しここしばらく週末は落語の練習や資料作成に時間を費やしてきたので今日は久々にそのプレッシャーから解放されてアホになっているまだ芸能人になりきれない中途半端なアホ経営者@Dr.エロスこと堀井ですこんばんわ。

それにしても今回のカンファレンスは企画担当から通常のラストスピーチに加えて分科会では弊社の社風「笑い」をテーマに1時間半の枠を与えられ、その2つのコンテンツの作成と更に勝手に無謀にも創作落語を作ることにしたものですからワタス的にはかなりハードでした。特に落語は書いたはイイけどそれを覚えて噺せるように練習しなければいけませんからなおさらです。また翌日も弊社イベントスペースLAC-座で一般の方を対象にした同様の企画がありました。これまた落語と予防医療をコラボした新しい試みでした。

1620862_817074921686073_5670811634544371393_n.jpg
    1234393_10204703982821362_490882194394245386_n.jpg

それにしても今回の連ちゃんのアウトプットはワタス的にはかなり勉強になりました。正直カンファレンスの落語の出来栄えはイマイチ、やはりいつもの会場でプロの噺家に交じって笑いに来てくれているお客さまの前座でやるのとホテルの大きな会場でそれも独演で落語そのものを観たこともないヒトタチの前でやるのとでは雰囲気がかなり違います。そんな中で創作落語までも披露するということでワタス自身がかなり緊張していたのでしょう。その緊張感が観客にまで伝わってウケる予定のところが思うようにウケないという事態となり、その焦りがさらにワタスの噺しぶりを固くしたのではないかと推測されます。お陰様でその反省を踏まえて翌日のイベントはかなり改善されました。

つまり。

これがライブというものであり、ワタス自身新しい試みにチャレンジしたことに大きな意義があったと思うのです。何事も思い切ってやってみないとわからないのでとにかく頼まれたことは引き受ける。演るからにはその期待値を超えようと自分なりに考えて行動してみる。それでももちろん上手くいかないこともある。でも諦めずにその経験を糧にブラッシュアップして再チャレンジする。この繰り返しで芸が磨かれていくのだということですね(お前は芸人か)

実はこの笑いをベースにした「ホロス亭エロスの活き方実践高座」は年明け東京にて200名くらいのキャパの会場で既にオファーが入っているのですが、今回の2回のチャレンジでワタスなりの改善点が見えました。前半のDr.エロスの講義と後半のホロス亭エロスの落語のコンテンツの繋ぎを連携させることで全体の企画が一体感を持ち、笑いと気づきを高めることができるのではないかと感じています。

     写真 2014-11-16 12 22 33.jpg

伊能忠敬が日本地図を作り始めたのが56歳。今のワタスの年齢です。それからなんと徒歩で全国を回り17年かけて完成させたと言うのですから凄いですよね。ワタスもまだまだこれからです。今まで学び、経験してきたこととこれからチャレンジしていくとを合体させながら来年は社会貢献活動の一環として一般生活者へのセミナーもどんどんやっていく所存。

あまり大きな声では言えない話しですが。

先週日本屈指の占い師さん?を縁あって紹介いただき観てもらう機会があったのですが、ヒトビトを笑いで溶かし、癒しを探求していくことはワタスのミッションであり魂の叫びなのでこれから先もどんどんやっていく方がイイと後押しをされました。また更に嬉しいことに会社はとこしえ(永久)に繁栄すると太鼓判を押していただきました(最近スピリチュアル系の方々に共通してこの2つを言われております・・)

大爆笑間違いなしの?笑いながら役に立つホロス亭エロスの活き方実践高座は間もなく案内開始ですのでどうかお楽しみに。

    写真 2014-11-16 20 25 18.jpg
posted by 堀井計 at 00:07| 京都 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年11月16日

涙と笑いに彩られた歴史に残るラストカンファレンス

11月15日

昨日は弊社恒例行事「第29回HOLOSオーナーズカンファレンス」でした。創業以来、まだ数名しか社員もプランナーもいない時から継続してきた一大イベント。弊社が何を考え、どんな実績を残し、そしてこれからどこに向かおうとしているのかをステークホルダーに開示する場。実はこのイベントには当時から一貫してこだわってきたことが3つあります。それは、

1.OPEN(関係者全てに数値を開示)
2.VISION(向かおうとしている方向を共有)
3.HUMOR(常に笑いで溢れる社風を創る)

当社が今、曲がりなりにも保険業界でそれなりの存在感を放っているのは、この3つを意識して年2回の開催を10年以上継続してきたからだと確信していま す。これによりプランナーさんとの結束力が強まり、社内外(業界)にファンを作り、そしてこの3つのコンセプトを汲んで企画運営に主体的に関わることで役員と社員が育ってきたのだと思います。まずは決めたら継続すること。ただ継続するだけでなく前回より更にクオリティを上げようと一人ひとりが意識して行動すること。与えられた役割を役割通りに 遂行するのではなく、その役割の期待値を超えた部分だけが相手に感動として伝わるのです。

因みに今回のテーマは「これからも素敵な活き方応援し続けます!」

写真 2014-11-16 11 33 06.jpg

弊社の普遍的コーポレートメッセージである「MAY I HOLOS YOU? 〜あなたらしい素敵な活き方応援します〜」を改めてこのタイミングで発信させていただきました。このタイミングとはもちろん委任型適正化というタイミング。今般の保険業法の適正化に伴い、委任型募集人が世の中から消滅し年明けからは全員が雇用制度に変ります。今まで委任型であるがゆえに「オーナーズ」というネーミングをあえて冠し、プランナーさんへの敬意と誇り、そしてモチベーションを持ってシゴトに臨んでいただきたいという思いを込めたのです。今回は私にとって、そして恐らく参加者の皆さま方にとってもとてもとても感慨深いカンファレンスだったのではないかと思います。

      IMG_0097.JPG

実は今回の適正化に伴い、いったい何人のプランナーさんたちが弊社を離れていくのかと思うと怖くて怖くて仕方ありませんでした。
http://www.holos.jp/index.php?page=lifecolumn_list&menu_year=2014&menu_month=11&exptitlename=2014-11


10655242_770738612987250_4362857131687017135_o.jpg
10393956_719652824779086_4431864994646246662_n (2).jpg
   1466225_719653668112335_8295741592039231976_n (2).jpg
posted by 堀井計 at 11:50| 京都 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年11月08日

社内結婚はエンプロイー・エンゲージメントの高さの証しか。

11月8日

本日はお日柄もよく、弊社創業以来初の社員同士の結婚式でした。

よってご両家の参列者のかなりの率が弊社の社員。ワタスはご両家の主賓と乾杯という大役を一手にお引き受けし無事滞りなく狙い通りのネタでそれなりの笑いを取ることができたのですが。

  写真 2014-11-09 11 24 25.jpg  

今回は社員同士の結婚、それも新郎は昨年大学を卒業したばかりの新入社員Mクン、はっきり言ってまだまだ営業パーソンとしては未知数の中、先輩社員のA子さんと恋に落ち?晴れて結婚と相成ったわけです。式は終始和やかに進行し、後半の新婦のご両親への感謝の手紙、新郎の両親や列席者への感謝と決意の言葉では感動で涙が止まりませんでした。

   写真 2014-11-08 13 58 13.jpg
          写真 2014-11-08 14 00 32.jpg

社員同士の結婚ということは、弊社の存在が無ければあり得なかったということ。今まで弊社はキャリアを中心に組織を大きくしてきたので既婚者がほとんどだったのですが、ここ数年は積極的に若手を採用し、育成に力を入れてきたので若手独身率が上がっておりこれからも社内結婚は大いにあり得ることになります。つまり企業を経営することは「縁を繋ぐ」役割もあるのだということを改めて感じた次第です。また、これから倖せな家庭を築いていくうえでも会社の存在、環境や業績はそれなりにその家庭に影響していくのだと思うと喜びと同時に、経営者として組織を永続的に成長させていくという使命を改めて感じました。

ところで。

この数年、人材教育や組織論の中で「エンプロイ・エンゲージメント(EE)」と言う言葉が良く出てきます。エンプロイーは従業員、エンゲージメントは婚約、約束という意味ですから、日本風に表現すると「愛社精神」と同義に近いかもしれません。そのエンゲージメントが高い状態とは、「その組織で働くことにより自分のありたい姿に向かって成長できるという実感があり、自己実現のための努力が会社のビジョン実現と合致している」と思う社員が多い状態。実はワタスが社内会議で未来戦略を発表した後に必ず最後のプレゼン資料で、

「会社のビジョンや方向性と皆さんの夢や目標を重ね合わすことができますか?」
  写真 2014-11-09 13 31 37.jpg

と問いかけて締めくくります。別に強制はしないけど、一致感を共有できればお互いにハッピーだよねと。まさにこれがEEの高い企業ということです。また、かのベストセラー「日本で一番大切にしたい会社」の著者坂本光司氏によると、ヒトを大切にしている会社は社内結婚の比率が高く、更に子供の数が多いとのこと。これも直感的に理解できます。若くて優秀な人財がたくさん集まる会社でシゴトに夢中になっていれば必然的にそこに愛が芽生え、それがまたエネルギーとなり、更にその結果業績も良いいので給料も高く経済的にも余裕があるので子供の数も多くなるということですね。

社内結婚の数は社員を大事にしている会社のバロメーターであり、EEの高さの証しなのかもしれません。弊社は対外的にも社内的にもヒトを大切にし、縁を繋ぎ縁を活かす組織でありたいと改めて心に誓った結婚式でした。

Mくん、A子さん本当におめでとう。そしてたくさん子供を作って日本国にも貢献してください(笑)


写真 2014-11-09 11 22 06.jpg
           
写真 2014-11-08 15 00 35.jpg
posted by 堀井計 at 19:54| 京都 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年11月03日

秋深き隣は何をする人ぞ。無趣味なオトコの文化の日。

11月3日

3連休最終日。今日文化の日は、国民の祝日に関する法律第2条によれば「自由と平和を愛し、文化をすすめる」ことを趣旨としているので今日くらいは文化的な趣味で1日まったりと過ごしたい気持ちは山々なのですが残念ながら文化的趣味が無いことにに加えいよいよ来週に控えた弊社一大イベントHOLOSオーナーズカンファレンスの準備に取り掛からないといけないので秋晴れの真っ青な空を窓越しに眺めながらいつも通り部屋に籠ってパソコンをピコピコしている自由と平和をこよなく愛するオトコ@ハロウィンにかこつけて今年の目標の女装をしたらよかったと後悔している堀井ですこんにちわ。

ところで。

弊社恒例のイベント「HOLOSオーナーズカンファレンス」は全国の将来設計士や取引先約400名が集う一大行事。これだけは創業以来13年間企業文化を創り、全員が同じ方向を向いてもらうために継続してきました。今般の適正化により雇用制度に変りますので、今後は趣向含めて形を変えていくことになります。そういう意味では実質このイベントはファイナルと言えるのかもしれません。

実は今回の準備はワタス的には今までに増してハードなのであります。なぜならそりは通常のプレゼンに加えて分科会にて初めて落語を披露するという企画になってしまっているからなのですが、更にその翌日にも弊社イベントスペースLAC-座にて今度は一般の方々を対象にした『楽語家ホロス亭エロスの「笑いながら倖運を引き寄せる活き方実践高座」』が予定されていて、この2つは単に落語をするだけでなく笑いをベースに運を引き寄せるための在り方ややり方の実践術をレクチャーするという新しい試みなのです。

         2014-10-12 22.10.01.jpg

これはその昔、かつては単なる居候、今は落語の師匠、来年2月には2,700名収容の大阪フェスティバルホールにて独演会を行うことを発表した上方落語会のホープ桂春蝶氏とスマコロジー(スマイルとサイコロジーの造語)セミナーと銘打ち、落語と心理学をコラボしたセミナーをやっていたのですが(お互いまだ忙しくないころ)そのコラボをピンでやるようなイメージです。落語に関していえば今回は前座でやるのではなくいわば独演会のようなものですのでかなりプレッシャーがかかっています。

そして実は。

無謀にもワタスの落語はまだまだ素人の域を出ていないにもかかわらず、何をトチ狂ったのか今創作落語をカンファレンス用に書いています。これが当日に披露されることになるかどうかはこれからの筆の進み方次第ですが、もしそれなりの出来になったとしてもそれを噺すお稽古をしなければいけませんのでそうなったら最早シゴトをしている場合ではありません(笑)

           写真 2014-10-21 23 20 14.jpg

お、ひょっとしてひょっとしたらこれはまだ楽しむという領域ではありませんが文化的趣味といえるのかもしれませんね。いずれにせよここ2週間は寝不足の日が続くことでしょう。

3連休最終日、みなさん愉しい1日をお過ごし下さい。

11月15日の申し込みはコチラから→http://fphoken.jp/holos/PublicSeminar.aspx?gId=1&sId=1&eId=256
2015年2月7日桂春蝶氏独演会はコチラから→http://ticket.pia.jp/pia/event.do?eventCd=1444748

           写真 2014-10-26 16 00 57.jpg
posted by 堀井計 at 15:37| 京都 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
人気ブログランキングへ