堀井計プロフィールページ

2015年02月28日

笑う門には何が来る?スキー合宿のアクシデント。

2月28日

本日2月の最終日に恒例のスキー合宿に行ってきました。実は毎年1回はスキーに行くと決めているのですがその理由は、今年叶えたい100の夢リストに入っていることとプロフィールの中の趣味に「スキー」と書いているからです・・・

因みに弊社が公式に認定しているクラブ活動には、最大勢力のカラオケ部を筆頭にマラソン部、卓球部、写真部、そしてスキー部がありますが会社の補助はありません(公式認定の意味ないやろ・・)

ところでワタスがスキーを始めたのは18歳からなのでキャリアだけは長く、学生時代にはペンションで居候していた時もあり、初めて社会人として働いたシゴトではスキー用品のバイヤーもしておりました。バブル全盛時代のスキーブームに放映されたホイチョイプロダクションの「私をスキーに連れてって」が大ヒットした時は主役の三上博史にそっくりとヨク言われたものです(3回くらい・・)
        
   489548ab988036b22d2ae62715c8e539.jpg
        ・・・・

それが独立起業してからというもの10年はそんな余裕等全くなく遠ざかっていたのですが、ここ3年前に無趣味なまま死ぬわけにはいかぬと再開することにしたのです。

1年ぶりのスキーは晴天にも恵まれ最高のコンディション。今回の参加者9名はそれぞれがそれぞれのレベルでとても気持ちよく滑りを愉しみ、いよいよ山頂から最後の滑りで本日はフィニッシュと言うことになり「みんな、怪我が無いように気を付けて滑ろう!」と士気を高めて一斉に滑り出したのですが。

 写真 2015-02-14 22 50 16.png写真 2015-02-28 12 20 15.jpg

まさかここでアクシデントが起きようとは。

某弊社営業本部長の今村氏が転倒しストックが板と雪の間に挟まり抜けなくなり、肩が変な方向に引っ張られ無惨にも脱臼。パトロール隊に担架で運ばれる羽目になっちまったのです。

  写真 2015-02-28 23 03 03.png

その時ワタスは組織の長として、彼の容体と営業本部長という重責を担う者がこの怪我によりシゴトに支障をきたすことになる可能性に責任を感じながらも。

「俺もパトロール隊に先導されながらあの担架に乗ってゲレンデを運ばれてみたい」と不謹慎にも思ってしまったのです・・

結局は薬局で、もとい結局は山を下りたところにある接骨医さんで見事にその外れた肩を入れてもらい事無きを得。恐らく2015年のホロス10大ニュースにランキングされることが決定的となり、プロスベリスト今村の鉄板スベリネタとして後世にまで語り継がれていくでしょう(この実況中継はfacebookページに動画にてアップする予定です)
 https://www.facebook.com/holosplanning?fref=nf

<本日の気づきと学び>
自然。景色。風。無心。滑走感。仲間。やっぱりスキーは面白い。
スキーもビジネスもリスクがあるから面白くて楽しい。
楽しむためにはまず準備(基礎体力)が必要。
油断は禁物。何事も最後まで気を抜かないこと。
アクシデントは仲間で力を合わせて乗り切る。
いかなる状況にも「笑い」が大切。笑顔を忘れない。
一見深刻なことでもギャグにすることで運が味方をしてくれる。


写真 2015-02-28 12 18 32.jpg写真 2015-02-28 13 26 41.jpg

こんな僕たちと一緒にシゴトしませんか?

 side_02.jpg
      http://www.holos.jp/employ/





posted by 堀井計 at 23:46| 京都 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年02月21日

保険業法改正。「プロなら考えろ。君はただ守りたいだけなのか勝ちたいのかどっちなんだ。」

2月21日

突然ですが。

来年の5月からサッカーのルールが変わりヘディングが禁止になります。

とか。

ボクシングのルールも変更になりました。来年の5月からは肘打ちと頭突きが認められます。

さて、もしあなたがプレイヤーならどうしますか?猶予期間は1年と少し。

「まぁ、その時が来てから考えるか。」「まだ1年以上先のことなんでもう暫く様子を見てから練習を始めよう。」

なんて楽観的に考えてる選手はチャンピオンにはなれません。趣味としてただそのゲームを楽しんでいる草サッカーや健康維持の為にジムに通っているヒトはそれでもいいかもしれません。

でもしかし。

もしあなたがプロの選手ならいち早くその新ルールの内容を熟知したうえで、その新ルールに対応できるようトレーニングを始めることでしょう。でなければプロの世界で勝つことはできません。もう一つの選択肢があるとすれば、新ルールには対応できそうもないので潔く引退を決意することです。

   モハマドアリ.jpg

もう何が言いたいのかおわかりですよね。

18日に改正保険業法の監督指針案が公表されました。2年以内に今まで戦ってきたルールが変わるのです。スポーツの世界もビジネスの世界(特に認可事業は)もルール違反をすれば審判から退場を命ぜられるのです↓
http://www.fsa.go.jp/news/26/hoken/20150218-2.html

ここで「そうか。ちゃんとそれまでにルールを把握して退場させられないようにしよう!」と改めて気づかれた方。それだけならアマチュアの領域を出ていません。常にチャンピオンを目標にして戦うプロならこの局面にどう考えるのでしょうか。ただルールを守ることを目指すのではなく、その上でいかに勝つかを考え、即実践を見据えた練習に入るでしょう。

これを保険ビジネスに例えると『新ルール、即ち新保険業法を遵守する体制をいち早く整えるだけでなく、その上で「勝つ」つまり「お客さまから選ばれる体制やスキル」をどう磨くかを目標に置いていち早くその準備に入る。』ということになります。早く知り、早く動くことです。覚悟とスピードがその勝敗を決めるのです。

あなたは、今般のルール変更をただ守らないと退場になるから仕方ないなと思うのか、新たなルールに変ってからも勝ち続ける真のプロを目指すのか、どちらですか?

「保険ビジネス」というゲームにもプレイヤー(募集人)と審判(FSA)と観客(お客さま)がいます。オーナー(株主)も監督(社長)もコーチ(マネージャー)もトレーナー(スタッフ)もいます。審判の目を盗んでダーティなプレイで勝とうとするのではなく、チーム一丸となりクリーンなプレイで常に観客に感動を提供する真のプロフェッショナルチームを目指そうではありませんか。

その決断をするのは「今」です。

   写真 2014-11-16 11 33 51.jpg

将来設計士になりたい方へ→http://www.holos.jp/employ/orientation-session.html

ホロスプランニングfacebookページ→https://www.facebook.com/holosplanning

posted by 堀井計 at 13:45| 京都 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年02月14日

企業風土の創り方。今回のテーマはバレンタインドッキドキ大作戦。

2月14日

本日は聖バレンタインデイ。チョコレートの食べ過ぎで鼻血が止まらなくなったら大変なんで脱脂綿を大量に買いこんだにもかかわらず今のところ愛孫ミオしゃんから送られてきた1個のみという枯れかけ寸前の元色男@堀井ですこんにちわ。まぁ暫く会社に行ってないので恐らく週明けの月曜に行けばチョコレートが机の上にうず高く積まれていてシゴトができないので片付けるためにいつもより早く出社しようと思います(涙)

と言うわけで今週も月曜は名古屋で会議とセミナー、火曜は半期に一度の社員総会、祝日明けから高松、広島とまた会議とセミナーで今日も朝から大阪で某大手旅行会社の研修講師と結構充実した1週間でした。

目下弊社は7月決算なので1月で半期を折り返し下期に突入しています。その前期を振り返り後期をどうやり抜くのかを確認する意味でも、また新しい制度が1月よりスタートし委託型から全員が雇用に切り替わったこのタイミングでの社員総会はとても重要な位置づけ。全国からスタッフ系社員90名が京都本社に集まりました。そして今回もスタッフ有志が社員企画を練りに練ってくれたのですが、そのテーマは。

Shine総会「みんな大好き!俺たちはどうせ上手くいくに決まっている。〜バレンタインドッキドキ大作戦〜」

10959815_767436153334086_3896038672350751956_n.jpg10906161_767436030000765_6236870649024178992_n.jpg

これは各部署が目下抱える課題を事前に提出してもらい、その課題を各グループが客観的な目線でブレスト形式(どんどん数を出す)で解決策を出すというもの。一番の意図はたくさんのヒトタチの脳を借りながら画期的な解決策を導き出し、それをバレンタインドッキドキプレゼントとしてその部署に進呈しようということですが、もう一つは新人も増え、各部署が日頃何に課題があり、それをどう解決するかに悩んでいるかということを理解することで組織内のコミュニケーションが深まり、活性化に繋がるのではという意図も含まれていました。

10985364_10205955029538626_4843614578305813902_n.jpg10991058_10205955029378622_5110468651435150313_n.jpg10251901_10205955031818683_2791453174793349701_n.jpg

実はいつもワタスはこの社員達がワイワイガヤガヤ楽しそうにディスカッションをしている風景を見るたびに目頭と胸が熱くなります。十数年前に1人で起業した会社が今ではスタッフだけでも90名になり、そのメンバーがもっと自分たちの会社をヨクしようと企画自体を主体的に考え、真剣に話に耳を傾け、テーマを持って議論してくれているのです。数年前から社風創りの為の恒例行事として企画してきたイベントが、今ではまさにワタスが創りたかった「指示命令しなくても自立的に傍楽く企業風土」として、彼らのものとして浸透していると感じられるのです。

写真 2015-02-10 16 22 43.jpg写真 2015-02-10 16 23 52.jpg10959470_767437683333933_3222202936275180613_n.jpg10996463_767438673333834_843987643999808758_n.jpg2015-02-10 16.23.59.jpg

もちろんまだまだ課題は山積しています。ですがワタシタチはその課題も肯定的に成長余地があると捉え、目指すべき未来にワクワクしながらも、しっかり「今」と向き合い、今やるべきことに全力を注ぎ結果にコミットして行く所存です。

1560511_767439543333747_1892722602600730066_n.jpg10989162_767440756666959_1137507128156096899_n.jpg写真 2015-02-11 15 48 25.jpg10991091_767440540000314_1715659067672695801_n.jpg10959624_767439880000380_544129553326119250_n.jpg写真 2014-11-16 11 33 33.jpg

         みんな大好き!〜俺たちはどうせ上手くいくに決まっている〜


posted by 堀井計 at 20:32| 京都 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年02月11日

三菱財閥創業者岩崎弥太郎の教え?激変期のビジネスの要諦とは

2月11日

昨日は恒例の半期に一度の社員総会。グループ社員は半年前より12名も増え90名に。この1月からは今まで委託型だったプランナーさんも今般の適正化で雇用化されましたので総勢約240名の大所帯になりました。弊社は今法改正を間近に控え、本気の本気で体制整備に投資をしているのです(社員総会の模様は写真とともに改めてブログにアップさせていただきたいと思います)

     写真 2015-02-11 15 48 25.jpg

ところで。

先日某保険会社さまのカンファレンスが開東閣で開催されました。開東閣(かいとうかく)は、元岩崎家の別邸。岩崎家とは言わずと知れた三菱商事の創業者岩崎弥太郎から始まる三菱財閥のルーツです。 場所は高輪台の東、11,200坪の広大な敷地面積で、現在は三菱グループの倶楽部として使われており、一般公開はされていません。

岩崎弥太郎.jpg
       280px-Kaitokaku.png

その貴重な場で会議をすることもあり、創業者岩崎弥太郎をWikiで調べてみると面白い情報が飛び込んできました。

「最初に弥太郎が巨利を得るのは、維新政府が樹立されて紙幣貨幣全国統一化に乗り出した時のことで、各藩が発行していた藩札を新政府が買い上げることを事前に察知した弥太郎は、10万両の資金を都合して藩札を大量に買占め、それを新政府に買い取らせて莫大な利益を得る。この情報を流したのは新政府の高官と なっていた後藤象二郎であり、今でいうインサイダー取引であった。弥太郎は最初から政商として暗躍した。」(by Wikipedia)

私にとって何が面白かったかと言うと、当時巨万の富を得た取引を今この時代にしていたらインサイダー取引で逮捕(厳密に金商法の違反事項に該当するかは別にして)されているという事実。これは「法律」がビジネスに与える影響がいかに大きいかと言うこと。かつて巨万の富を得た事業も法律で規制されればできないばかりか法律違反で市場から追放されてしまうのです。

そしてもう一つは、ビジネスはいかに情報の上流をキャッチするかが肝であるということ。これは例えば↓
http://www.holos.jp/index.php?page=lifecolumn_list&menu_year=2015&menu_month=02&exptitlename=2015-02
posted by 堀井計 at 22:58| 京都 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年02月08日

志のロード迷走中。果たして人生の成倖は何で決まるのか。

2月8日

今週は月曜から北九州経由福岡から東京に移動して京都に戻ってそれから金沢に日帰りしてから翌朝にはまた東京に移動し更にそれから大阪に移動するという老体に鞭打ちすぎてむしろそれが快感に変わりつつある遅すぎた志のロード迷走中の変態老人@ホロス亭エロスこと堀井ですこんにちわ。

目下弊社では新制度が走り出し週2回のミーティングを全国のオフィスで開催していることもあり表敬訪問と未来戦略の共有を兼ねて全国行脚をしているのですが、その合間を縫って関東で初の試み一般生活者向け講演&落語会をやってきました。実はちゃんとしたステージでやるのは初めてだったこともあり今回はメークして臨んだのですがコンシーラー、ファンデーション、アイブローをプロに施してもらいみるみる綺麗?になっていく鏡の中の自分に、去年未達に終わっている「完全女装」へのモチベーションが益々湧いてきました(え?どうでもいい?)

写真 2015-02-03 9 41 32.jpg2015-02-03 09.41.20.jpg

因みにタイトルは「笑いながら倖運を引き寄せる活き方実践高座」。

ワタスは自分で言うのも何ですが保険業界ではそれなりに知名度があります。保険業界以外でも企業研修もそれなりにやっているので大手企業の人材開発部や教育部にも結構名が通っているかもしれません。けれど基本一般生活者の方々にはほぼ全く全然皆目知られていません。恐らくただのちっこいタイ人にしか見えないことでしょう。それがなんと今回200名を超える方々にお集まりいただいたのです。これは企画していただいたNさんとそのお仲間のお蔭以外の何物でもありません。

そしてその御恩に報いるためにもせっかくご参加いただいた方々の期待値を超える内容にせねばとそれなりに準備を重ねてきました。今回は前半が講演で後半に落語を一席。56年の人生、34年のビジネス経験、10年のフルコミッション、24年のマネジメント経験、13年の経営者としてのキャリアを経て体験してきたこと、学んできたことの目下の結論は人生の成倖は「コミュニケーションと運」で決まるというコト。そのどちらにも極めて大事なことは「笑い」であるというコト。前半ではそれを体系的に極力わかりやすく講義し、後半では理屈抜きに落語で笑っていただくという建付けでした。で、元々知名度もなく期待度も低かったこともありますが、その評価は上々でアンケートには「期待以上」「続きが聞きたい」と言うコメントがたくさん寄せられました。

2015-02-03 20.32.54.jpg2015-02-03 20.34.37.jpg

それにしても一体ワタスはどこに向かっているのでしょうか・・実は自分でもよくわかりません(笑)
ただ幾つになっても「やってみたい」という気持ちに素直に行動することを大切にしたいと思っています。3年前に本社1階に作ったイベントスペースLAC-座でプロが演じる落語を見ながら「俺もやってみたい」と素直に思いました。それから3か月後にプロに交じって初めて高座に上がりました。思えば僅か3年前。それが東京で200名の見知らぬ人たちを前にしてギャラを貰って独演で高座に上がり、たくさんの方にたくさん笑っていただき元気になって帰っていただくことになろうとは当時想像もしていませんでした。因みに弊社のコーポレートメッセージは、

「MAY I HOLOS YOU? 〜あなたらしい素敵な活き方応援します〜」

素敵な活き方を応援できるヒトはまず自分が素敵な活き方の実践者でなければできないでしょう。このメッセージ自体も創業間もない時に会社のトイレでのウ○チの最中に閃いたものですが、その発信者が実践者として見本になるのは当たり前。もちろん何が素敵かはヒトの価値観によりますが、幾つになっても「もう歳だから・・」と歳のせいにすることなく好奇心を忘れずワクワクすること愉しいことを実践していきながら、結果その行動がたくさんのヒトサマにイイ影響をご提供できるならこれからもやり続ける意味はあるのではないかと思っています。もちろんニーズがあればの話なので、その声がどこからかでも上がれば喜んで志のロードに出かけていきますのでお気軽にお声掛けくださいませ。


スクリーンショット 2015-02-07 23.52.59.pngスクリーンショット 2015-02-07 23.57.54.pngスクリーンショット 2015-02-07 23.58.19(2).png堀井さん5.pngスクリーンショット 2015-02-08 00.00.16.pngスクリーンショット 2015-02-08 00.01.18.png
posted by 堀井計 at 14:44| 京都 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
人気ブログランキングへ