堀井計プロフィールページ

2017年02月25日

平日も休日も。プレミアムフライデーよりプレミアムエブリデー。

2月25日

皆さん昨日のプレミアムフライデーはいかがでした?ワタスはもちろん経団連の指示に則り15時に退社し夕方のフライトで香港に移動し本場の飲茶を堪能したあと香港式マッサージで身体を調整し今マンダリンオリエンタルホテルのスイートルームでこのブログを書いています。というのは真っ赤なウソで相変わらずコマネズミのように仕事して夜遅くに帰宅した妄想プレミアム爺@ケーホリーですこんにちわ。

  f9153a195953a720e0e39bb8711cf423.jpg

というわけで経営者という立場としては経団連が推奨するプレミアムフライデーを完全スルーし、ひょっとしたら弊社の中でも期待していた社員がいたかもしれないなと思うとまだまだその余裕がない状況に申し訳なさを感じつつ。超個人的には、

「俺のプレミアムは仕事だバカ野郎!お願いだから俺の一番楽しい時間を削るようなことはやめてくれ!!」

と抗議してくる社員が増える会社にしていかないと日本の未来は無いのではないかと。よって理想的には、

「社長、プレミアムフライデーを導入していただいたのはとても嬉しいのですが、私は仕事をしているときが一番楽しいので、お願いですから強制的に帰社はさせずにせめていつも通りの時間まで仕事をさせてください。」

「そうか、わかった。今回は君の気持を優先しよう。でも、たまには早く帰って家族サービスもしてくれよ。会社だけでなく、君の存在に、君と少しでも一緒にいることに喜びを感じてくれる人は他にもいるんだから。」

こんな感じがですかね(笑)

ところで世間ではマレーシアで正男氏が暗殺されたことが話題になっていますが。

ゴルゴ13や藤枝梅安(必殺仕事人)のように証拠を残さず殺ってしまうことは現実的には難しいのでしょうか。国家単位の仕事にしてはあまりにもその殺り口がチープというかずさん過ぎるような気がしているのはワタスだけでしょうか。

話はコロコロ変わってしまいますが。

明日は新月につき今日の午後から明日にかけてプチ断食をします。年に4回程度新月に近い週末に断食することを決めたのです。なぜ断食をするか。なぜ新月にするか。妖しい人の中では常識ですが普通の人のために解説しますと。

まずはダイエット効果(食べないので痩せる。それも脂肪燃焼するので体脂肪が落ちる)
それからデトックス効果(体の中の毒素を排出する。毒が出るから綺麗になる)
更に若返り果(延命効果)。これは敢えて飢餓状態を作ることで生き延びようとする延命遺伝子(サーチュイン遺伝子)が活性化し、結果若返るという考え方。

あえてもう一つ上げるとすると直観力が上がるから。

ちょっと考えれば、飢餓状態になるということは野生の動物が生きるために獲物を狙うトキは相当直観が冴えていると考えられるので、ヒトも常に満腹になっているより空腹状態の方が本来持っているはずの野生のカンが蘇りやすいということが理解できます(でも逆にイライラすることも有りますが)。つまり腸が綺麗になることで直観力が付くのです。

因みに「腑に落ちる」という言葉がありますが、これは「理屈ではなく心から納得すること」を意味します。

この「腑」とは臓腑、つまり腸のことで、他にも古来より日本には怒った時に「腹が立つ」「腸(はらわた)が煮えくりかえる」、ストレートに他者と向かい合う際に「ハラを割って話す」、グッと覚悟を決めて何かをするときに「肚を決めて」など腹に関連した言葉がたくさんあり、これは先人達がお腹、つまり腸に物事の本質があることを知っていたことがよく分かります。

つまり腸は単なる消化器官ではなく、「脳」(に相当)であり、表面的理性的に考える部分ではなく(これは脳の役割)本質的なコトを感じ取るためには腸を綺麗にしておく必要があるということです。

ワタスも過去を振返ると、人生を変えるような決断、転職や起業、事業のアイデアなどにおいて、基本上手くいくときは直感が先行し、それを理解してもらうために理論を後付で構築することが多いので、お客さまや社員の人生をよりヨクするミッションを背負ってる経営者は自己管理力で持ってやはりこの直観力を常に磨くクセ(習慣化するための行動)を付けておく必要があると思うわけです。

特に今は混迷、変化の激しい時代ですから、組織を成長させるために、これからの経営者はスピード感を持って的確な意思決定をすることが今後益々必要になってくるのでこの直観力が極めて必要と思うわけです。それを敢えて新月にする意味は、新月は浄化をする力が強い時期であり、ここから月が姿を現すということで始まりの日でもあるからです。

かのスティーブジョブズのスタンフォード大学卒業式のスピーチの一説です。

『「毎日を人生最後の日であるかのように生きていれば、いつか必ずその通りになる」。それは印象に残り、それ以来33年間毎朝鏡を見て自問している。「今日が人生最後の日だとしたら、私は今日する予定のことをしたいと思うだろうか」。そしてその答えがいいえであることが長く続きすぎるたびに、私は何かを変える必要を悟った。自分が間もなく死ぬことを覚えておくことは人生の重要な決断を助けてくれる私が知る限り最も重要な道具だ。』

平日も休日も。プレミアムエブリデーで行きましょう!

  写真 2017-02-18 12 55 43.jpg

プレミアムエブリデーを大事にする会社で仕事をしたい方はこちらから↓
http://www.holos.jp/employ/orientation-session.html






posted by 堀井計 at 12:25| 京都 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月19日

1丁目1番地。成果を裏切らない不変の法則とは。

2月19日

昨日はプロフィールの中で趣味が無いのも格好悪いので無理やり毎年目標設定している年に一日のスキー合宿(日帰り3時間・・)で緩斜面をタラタラと3時間滑っただけで足がヘロヘロになっちまったアルプスのバカ大将@ケーホリーですこんにちわ。

  写真 2017-02-18 11 28 20.jpg

スキーを始めてから40年になりますがこの年齢、この回数では到底上手くなりませんね。起業してからの10年は心と時間の余裕がなく、あらゆる娯楽から遠ざかっていました。それが50歳あたりからこのままでは面白くないニンゲンになってしまうような気がして無理やりでも時間を創っては娯楽的趣味やアンチエイジングに取り組むことにしたのです。その一つがスキーであり(といっても年に1日)、サーフィンであり(といっても年に1回)、加圧トレーニング(これは毎週)であり、落語(年4回)だったりもするのです。実はワタス、何かを決めてやらなければダラダラと仕事をし続ける面白くない奴なのです(逆説的には仕事が一番面白いのかもしれませんが)

ただ。

仕事においては、ダラダラは余計ですが時間(仕事量)が最も自分を裏切らない成果の指標だと思っています。自分が何とかここまでやってこられた要員は何かと聞かれれば運と仕事量だと言うでしょう(笑)

仕事量は営業職なら見込みとの面談数であり面談時間です。今更ですが、「業績向上の方程式=面談数×成約率(×単価)」です。前職の保険会社では完全歩合型の保険営業とマネジメントを都合10年と少し経験しましたが、基本的な考え方はどちらも同じ。つまり会う人の数が業績を決める1丁目1番地なのです。

著名営業コンサルタントの藤本篤志氏の言を借りれば、営業部隊も定期的に健康診断が必要で、その病名を特定し、各種処方をする必要があると。営業時間が少ないのは虚弱体質で、営業時間を1日240分取ることが最重要。200分以内は要検査、120分以内はメタボ確定で治療しなければその会社は潰れると。240分は1日8時間労働とすると4時間、つまり半分を営業に割いているかということになります。

また、ある保険営業のトップセールスは1週間で15面談を必ずしていくと業績は間違いなく上がると言い切ります。

これにはワタスも全く同感で、自分が営業1本のときも翌週のスケジュールにアポが入っていなければ、まずそれを埋めておくことを最優先に仕事を組み立てていました。その中の初回面談が契約に繋がる確率は約80%くらいでしょうか。それで大体自分の業績が読めるのです。前週までにアポが埋まらなければ、その日その日にあと1件回ろう、もう1人会いに行こうと目的はなんでも良いので会いに行く。ワタスは生粋の臆病者なので(笑)完全歩合の報酬制度の中では人に会い続けないと不安で仕方なかったのです。

これは後にマネージャーになって保険営業から人材採用が業務のメインになってからも同じです。マネージャーの仕事は採用と教育が両輪なのですが、採用の仕事は間違いなく営業です。リクルーターの第一印象や仕事に対する熱意や使命感、自社に対するロイヤリティ、プレゼンテーション能力など「質」ももちろん大事なのですが、それでも基本は営業量、つまり候補者に会う数、そのための紹介者への面談数が実績を決めるのです。


再度藤本氏の言を借りると。

  51czcXYrCOL._SX314_BO1,204,203,200_.jpg

「業績不振の営業部には悪性ウィルスが蔓延しだす。それは、
@会社、上司批判ウィルス
A同僚悪口ウィルス
Bさぼりウィルス
上記に共通することは自己反省がないこと。自分の正当性を主張したい心の表れだと。また、その対策としては、
@営業プロセス活動分析を行い、営業フライト時間の確保と適正なバランスに務める。
A日中は同行営業に費やす。
B1:1ミーティングを毎日行う。
C営業マニュアルを作成し、ナレッジの共有化を継続する。
D部下に関心を持ち、モチベーションケアに務める。


趣味にせよ仕事にせよ。

何事も成長したければ「量」が大事、それは練習量であり面談量。これには計画力(スケジュールの優先付け)と意志力(自分でやると決めたら愚直にやり続ける力)が必要で、それを自己完結でやるのかチームでマネジメントするのかでまた難易度が変わりますが、兎にも角にもそこにかけた「時間」は最も自分を裏切らないということです。

誰にでも平等に与えられた時間。あなたはその貴重な時間を何に投資をしますか?


「将来設計士」という時間投資をする価値がある職業に関心がある方はこちらから↓
http://www.holos.jp/employ/orientation-session.html

posted by 堀井計 at 11:52| 京都 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月11日

来店も訪問も。保険業界のタレントプロダクションはAIに勝てるのか。

2月11日

本日東証1部上場の兜ス和堂さんとの共同展開による「平和堂ほけんあるプラスbyHOLOSplanning」2号店が先月の香里園店に引き続き大阪は茨木にオープンしました。

開店前のミーティング時の松本店長の挨拶は気合と感謝が絶妙のバランスで朝から感動もの。やはり立場がヒトを成長させることを実感しました。

 2017-02-11 09.48.06.jpg

ワタスも微力ながらティッシュ配りからのアンケート記入誘導係りとしてエレベーターの前で米つきバッタ作戦を展開し集客に一役買わせていただきました(因みにもちろんアンケートの見返りに金券やポイント類はお渡ししていません)

  写真 2017-02-11 10 52 31.jpg

そのお陰もあって(笑)来店数は開店早々から上々の滑り出し。それも相談者にはしっかりとライフプランニングをした上で個別ニーズに合う保険設計を行うことに納得いただき、気持ちよく次回面談に繋がっているようで、3か月の集中研修の成果がしっかりお客様の心を掴んでいるようで安心しました。

2017-02-11 12.24.20.jpg2017-02-11 12.07.44.jpg

それにしてもこれから保険加入しようとする一般消費者はどこで相談しようとするのでしょうか。

一昔前は職場の中に保険のセールスレディが入り込み、休憩時間にアプローチする職域セールスが一般的でした。それが個人情報保護法の関係で職場の中から締め出されたのを機に、来店ショップが台頭し始めました。とは言え、いわゆる保険来店ショップはまだ全国で2300店程です(もうそんなあるのかという声もありますが)。保険代理店数は20万社強、保険会社の営業職員も20万人強、保険募集人資格を持っている人は金融機関の職員含めて100万人を超えていますので、まだまだショップ以外で保険加入されている人のほうが圧倒的に多いのが現実です。

ではフィンテックの影響はどうか。ネット生保も決して順調とはいえない中、その前に人工知能がヒトに知恵を提供して生産性を高めるとかマーケテイングの入口にフィンテック的アプリが活用されることはあっても、まだロボットが人の存在価値を完全消滅させるにはもう少し時間がかかるように思います。

そんな中、弊社は来店ショップ一本に舵を切るつもりはありません。弊社もAFG社と提携してフィンテックシステムの開発に着手しつつ、やはり保険営業の王道である訪問を主体としたフィナンシャルプランナーを「将来設計士R」としてブランディングし、業界屈指の質と規模を追求していくつもりです。

因みにその将来設計士ですが、保険の知識は元よりお金全般から人生全般までのあらゆる相談にお応えすることを基本コンセプトに、それぞれがそれぞれの個性を発揮しながらブランディングしています。

例えばその中でもかなり個性派として輝きを放っている将来設計士に「オネエフピーTK」がいます。

彼の本名は高橋和也(TK)

  16699955_1249057035176619_1605296843_n.jpg
     http://ameblo.jp/takahashi-kazuya-mrtk/

もちろんFPとしての専門知識をベースとしたコンサルティングを行いながら保険相談に応じているのですが、その傍らで本格的なマジシャンとしても活躍し、更に最近では「オネエ系FP」(本当にオネエかは不明)としても名を馳せてきているのです。

実は今その変幻自在のキャラが大人気で、企業や行政のイベント(不動産会社、葬儀社、お寺や地元行政など)で引っ張りだこ、その団体の集客支援コンサルとしてもお役に立っているのです。

保険加入に際したヒアリング項目からそのニーズに基づいた保険商品を選別し、適格な提案を行うだけなら今でもロボットが対応できるでしょう。でもこれは流石に人工知能やロボットではそう簡単には代用できないのではないでしょうか。

成長の定義とは「今までできなかったことができるようになること」です。

演算能力や知識量を人工知能と勝負しても勝ち目はないでしょう。でも五感や六感(直観力)を駆使し、人に喜んで貰えるために自分に何ができるか、自分の強みをどう活かすかを本気で考えれば、まだまだ成長余地は無限に沸いてくるのではないでしょうか。それは企画力であり企画脳です。

来店型でも訪問型でも。ロボットでは成し得ないヒトの魅力を引き出す保険業界のタレントプロダクションの道を突き進もうと思います。



来店型固定給FPも訪問型固定給FPも訪問型歩合給FPも募集中。あなたの強みを活かしたワークスタイルで活躍の場を提供しております↓
http://www.holos.jp/employ/orientation-session.html

    index_title_01.png   
posted by 堀井計 at 20:16| 京都 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月05日

噂の真相に迫る。乗合代理店の手数料開示は本当なのか。

2月5日

立春の昨晩、新しい年にふさわしくLINEの操作を誤ってすべての履歴を消してしまい茫然自失意気消沈の中、「一陽来復〜」と冬空に向かって大声で叫びながらこの失態を無理やりラッキーに変えようとしている迷惑野郎@ケーホリーですおはようございます(消えてしまった人ごめんなさい。復元にご協力ください)

2つのiPhoneに同じLINEのIDを登録することはできるのでしょうか。これをやろうとして失敗してしまいました。誰か知ってたら教えてください。


ところで。

昨日保険業界に激震が走るようなニュースが飛び込んできました。

  img_feeadb87505a5688c91f60b4a9dad0ea24827.jpg

金融庁が全保険会社の手数料開示を乗合代理店に要求したという記事が共同通信社からリリースされたのです→http://www.47news.jp/news/2017/02/post_20170204021210.html

更に追い打ちをかけるように中日新聞が同様の記事を配信しました→https://www.chugoku-np.co.jp/local/news/article.php?comment_id=316665&comment_sub_id=0&category_id=256

こちらは更に強烈で、「自社の営業職員による販売やインターネットを使ったダイレクト販売は他社の商品と並べて販売していないため手数料開示は求めない方針だ。」と結んであるのです。

要するに金融庁は乗合代理店にのみ手数料開示を求めると・・・


果たしてこのニュースは本当なのでしょうか?


火のない所に煙は立たぬと言いますが、恐らくどこかに「火」があるのは間違いありません。

続きは→http://www.holos.jp/holostyle/?t=1300



本物志向の乗合代理店で真の顧客貢献をしていきたい方はこちらから↓
http://www.holos.jp/employ/orientation-session.html

       index_title_01.png
posted by 堀井計 at 10:11| 京都 ☔| Comment(1) | TrackBack(0) | 堀井計の午睡イントロ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
人気ブログランキングへ