堀井計プロフィールページ

2017年05月21日

哀悼。保険ビジネスにおける真の顧客本位とは。

5月21日

今週は水曜に保険代理店成長戦略セミナー、木曜日には恒例のホロスエリアカンファレンス、金曜日は某大手金融機関新任役員研修とイベントやセミナーが目白押しでした(エリアカンファレンスの話は改めて)

 写真 2017-05-18 15 06 20.jpg

その木曜日のイベント中に訃報が飛び込んできました。弊社の社員が亡くなったのです。しばらく前から闘病されていたのですが病魔には勝てなかったのです。

弊社の現役社員を見送ったのは初めてでした。享年48歳。あまりにも若すぎます。改めてここに謹んでお悔やみを申し上げたいと思います。

あえて故人のことをここで申し上げることは控えますが、長い間会社を経営していると社内恋愛で結婚する社員もいれば病魔に侵され私より先に亡くなる社員もいて、会社という小宇宙の中でも様々な出来ことが個々の人生の中で起こっているのだと改めて感じています。

社員の死に際し改めて考えたことが二つあります。

一つは、我々は「死」と向き合う仕事をしているということ。一家の大黒柱やそれのみならず愛する人に万一のことがあったとき経済的不安を取り除くための商品を提供しているということ。

私も過去に数人のお客様の保険金支払いを経験していますが、支払うときには申込書にサインをいただいた方は既に亡くなっていています。そういう観点から考えると、その人が自分の得ではなく、愛する人に遺してやりたいう想いで掛ける保険商品を扱う仕事は金融業の中でも特殊なのではないでしょうか。

今、金融事業者はフィディシャリーデューティということで、顧客本位の業務運営を求められていますが、イメージとしてこの顧客本位は資産運用上の損得、つまり情報格差が大きい、「金融知識の無いひとがプロに騙されないように受託者としての責任を遵守しましょう」ということです。もちろん保険商品もこの中に入るのですが、更に保険商品はその結果が出るときには既にその人はこの世にいないという商品でもあるわけですから、より販売者にはモラルが問われますし、特にその人の想いを遺族に届ける使命感が必要な志事だと思うのです。

だとすれば、金融事業者の中でも保険事業者は、「必ず保険金受取人同席で保証内容を伝え、契約をしていただくことを原則としなければならない」となります。つまり「顧客本位の業務運営原則」ではなく「顧客とその愛する家族本位の業務運営原則」を策定することが求められるのではないかと思ったのです。

もう一つは経営者が社員に提供できる「倖せ」とは何かということです。

弊社の社員数はグループ全体で270名を超えます。新たに入社する人もいれば辞めていく人もいます。結婚したり、出産したり、病気になったり、離婚したり、亡くなったりと色んなことがあります。もちろん社員にとっては選択の自由ですから嫌ならいつでも辞める権利があります。でもやはりうちにいる限り、いる間は、何かのご縁で来ていただいた限りは、少なくても倖せな時間を過ごしてほしいと思うわけです。

もちろん倖せの価値観や価値基準は人それぞれです。なのでまずはそのそれぞれを理解することが必要です。最近では、企業は顧客満足度を上げるより社員幸福度を上げるほうが業績が上がるという理論もでてきていますので、これからの経営者は、いかに社員を幸福にするかを考え実行することが求められる時代になっていくのではないかと思います。

「顧客本位」と「社員幸福」をいかに高めるか。

これがこれからの企業成長のキーワードになりそうです。

  2017-05-05 11.29.48.jpg

 顧客本位と社員幸福を追求する会社で傍楽くことにご興味のあるかたはこちらから↓
http://www.holos.jp/employ/orientation-session.html


posted by 堀井計 at 12:23| 京都 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月13日

感慨無量。保代協総会から業界の変遷を振返る。

5月13日

季節は初夏にさしかかり新緑が眩い今日この頃。先週がGWだったことももう遠い過去のように慌ただしく、今週も早や週末を迎えました。皆さん、心と身体のバランスは大丈夫ですか?

一昨日は一般社団法人保険乗合代理店協会の定時総会でした。

思い起こせば業界の大先輩から声をかけられ発起人に加わり、任意団体としてスタートしたのが平成19年ですから設立してもう10年になります。その後社団法人化して7年、そして昨年には「協議会」から「協会」と名称を変更して現在に至ります。

  IIAA漢字.jpg

設立当時は乗合代理店勃興期。時代を先取りした経営者達が資金繰りに苦しみながらも顧客の反応に手ごたえを感じ、積極的に業容拡大にまい進していました。そしてその後は予想通り、いや予想を超えて乗合代理店急成長の時代に突入していきました。その潮目が変わりだしたのが委託型募集人の適正化と保険業法の改正です。

「攻めにはめっぽう強いが守りはめっきり弱い。」乗合代理店経営者に共通する特徴です(笑)ここ数年は法改正を睨んだ体制整備等慣れない「守り」に専念せざるを得ない状況が続き、それでもこの業界で事業を継続したい我々はその存続をかけて変革に取り組みはじめたのです。そもそもの法改正の意図を組めば、潜脱的な運営でお茶を濁すのではなく、まっとうな王道を行くしかないと腹をくくり、当局や生保協会とも連携しながら啓蒙活動をしてきました。

その甲斐があってか。

一昨日の定時総会では、金融庁監督局保険課課長さまと生命保険協会業務企画委員長さままでもが来賓として祝辞をいただくことになったのです。もちろん「それがどうした?」と思う方もいらっしゃるかもしれません。けれどもこの10年を振り返ると、乗合代理店急成長期は大手生保の牙城を侵食する我々の勢いに、面白くないと思う保険会社さんもあったでしょうし、少なからず我々も慢心した部分があったでしょう。設立した当初は、我々のことを調子に乗ったヤンチャな軍団くらいのイメージでしか無かったのかもしれません。それが業界を司る当局と協会さんが我々の地道な活動に理解を示していただき、わざわざ祝辞を述べに来ていただいたわけですから時代の変化を感じないわけにはいかないのです。

因みに今期のスローガンは、

「守り(法令遵守)から攻め(顧客本位の業務運営)へ 〜消費者から信頼されるための態勢整備の確立と、顧客本位の業務運営を意識した経営に取り組み、乗合代理業の社会的地位を向上させていこう〜」

活動の柱は三つで、

1.会員拡大(目的やスローガンに共感いただく代理店の数を増やすこと。乗合代理店の公式団体として金融庁、生損保協会の意志や情報が早く、正確に、網羅的に伝えるためには一定以上の数が必要。その為に全国啓蒙セミナーを開催する)

2.顧客本位の品質向上委員会の設置(消費者から信頼されるための体制整備、顧客本位を意識した業務品質の向上を実現するために、管理系実務責任者を中心に学び、情報共有をしながら組織の仕組みに取込む委員会。)

3.顧客本位の生産性向上委員会の設置(上記2の守りをベースとしながら攻めに踏み出す時。あくまで「顧客本位」という姿勢を崩すことなく、いかに生産性を向上させていくかをメンバーで議論し、先行する代理店の情報を取込みながら自社の仕組みやサービス向上に活かす。分科会として訪問型、来店型に分けてチームを編成する)

上記2,3は、正会員、準会員、アドバイザー会員、特別会員問わず積極的に参加を募ります(既に表明されている代理店多数)ので会員さんは是非申し出をしていただきたいですし、こういう事なら今からでも入会しようと思うかたは是非入会をお願いします→http://hodaikyo.org/blocks/index/00010

いずれにせよ。

我々金融事業者は「顧客本位の業務運営原則」を真摯に捉え、形式的な顧客本位の皮をかぶった自分本位ではなく、本気で顧客本位とは何か?を考え、方針化し、更にただ絵に描いた餅を作るのではなくその方針に基づいた実行施策に落とし込み、行動することが求められていくのです。いや、そうしなければ結果的に消費者から選ばれず業界から去らねばならないということなのでしょう。

恐らくこの10年の変遷以上の変化をこれからの10年で体験することになるのだと思います。どうせなら、その変化を受けいれる側ではなく、変化を起こす側になりませんか?


  2016-06-28 11.17.03-1.jpg


変化を起こす側に回ろうとしている会社で傍楽きたい方はこちらから↓
http://www.holos.jp/employ/orientation-session.html
posted by 堀井計 at 17:32| 京都 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 保険ビジネス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月06日

GWに考える。果たして倖せと成功は両立できるのか。

5月6日

2017年のGWも明日を残すのみとなり今年も例年にもれずどこへ行っても高くて混んでる行楽地や海外に行くこともなくジモティとのゴルフや墓参りやスーパー銭湯に読書三昧と極めて充実した大型連休を過ごしているスーパーリア充@あーーーーーーーーー早くシゴトがしたいケーホリーですこんばんわ。

と言っても、今月は週明けには保険乗合代理店協会の年次総会があり、正式に協会化してから初めての総会でもあり、金融庁や生保協会からもご来賓として参加いただくことにもなっていて、その開会挨拶や年度方針プレゼンの準備や、その翌週翌々週には恒例のホロスカンファレンスが控えており、そのプレゼン資料の作成等もあり、それなりの情報収集や資料作成に取り掛かっております。

ところで。

毎年この季節に庭に咲いてくれるのが白いジャスミンと赤い薔薇。

2017-05-05 11.29.10.jpg2017-05-05 11.29.48.jpg

窓を開けるとジャスミンの香りが風に運ばれてリビングがその甘い香りで満たされます。豆から珈琲を煎れ、ジャズを聴きながら読書に耽ると。

「あ〜倖せやな〜」と感じます。

因みにジャスミンの香りは困難な事柄によって喪失してしまった自信を取り戻すのに役立つと言われていて、脳内麻薬と呼ばれるエンファリンや、快感ホルモンと呼ばれるドーパミンの分泌を活性化する作用から、自分を信じ前に進む勇気を取り戻させてくれたり、幸福感を感じられるように手助けをしてくれるらしく、また鎮静作用から不安や恐怖に苛まれているときや、ストレスによって心が疲れ果てて無感動・無関心になってしまった時にも、気分をゆったりと穏やかに開放してくれ、不眠の解消、感性や気力を取り戻すのに役立ってくれると言います。

更に。

赤い薔薇を剪定してトイレに活けておくと、トイレに入った瞬間薔薇の香りがトイレ中に立ち込めていてまさに天然の芳香剤。ここで用を足す瞬間・・

「あ〜倖せやな〜」と感じます(笑)

  2017-05-06 13.27.03.jpg

因みにバラに含まれるティーローズエレメント(化合物名ジメトキシメチルベンゼン)という成分には、森林浴の香りと同様の鎮静効果や抗ストレス効果があることが実証されていて、緊張を緩和して頭痛やストレスを解消したり、脳を活性化するという目的で利用されていて、心と体のリラックスやリフレッシュなど情緒を落ち着かせて肯定的な感情にさせる効果があると言います。


この2つの香りに反応するワタスは相当病んでいるのでしょうか・・・

でも、高いお金をかけて海外に出かけたり、高級フレンチを食べに行くこともいいですが贅沢をすることと「倖せ」を感じることは別物で。

目の前にあるリソース(資源)や目の前にいる人(家族や仲間)や目の前にある日常(健康で仕事ができること等)に改めて目を向けてみると「倖せ」に気づくことが結構あるものです。

「成功」の価値基準は他者が定量的に判断して決まることが多いと思いますが「倖せ」の価値基準はあくまで自分自身の心が決めるもので、目指すものというより気付くもの。

突き詰めると朝目が覚めて息をしているだけで倖せと思えるようになるんでしょうね(お前はお釈迦さんか)

倖せの土台は心身の健康。その上に家族や仲間等人間関係があり、更にその上には生き甲斐やりがいがあり、そして更にその上に幾ばくかのお金があるのではないでしょうか。

果たしてワタスは倖せ者になりたいのか成功者になりたいのかどちらなのでしょうか?

その答えは・・


どちらもです(強欲ものか)

なぜなら、弊社は「個人や企業に安心で豊かな生活と夢の実現を支援する」のが企業理念であり、「あなたらしい素敵な活き方を応援する」ことであり、倖せと成功の両方を経験していなければお客さまを支援することはできないからです(かなりのこじつけ・・)

ということで。

日々倖せを感じ、周りの人たちに感謝しながらも、16年前に起業して経営者になった以上は、明後日から引き続き成功も目指したいと思います(やっぱ強欲者か)

   写真 2015-07-18 23 15 47.jpg


倖せと成功の両立を目指す人を応援する将来設計士にご興味ある方はこちらから↓
http://www.holos.jp/employ/orientation-session.html

      flow_01.gif


posted by 堀井計 at 19:29| 京都 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
人気ブログランキングへ