堀井計プロフィールページ

2017年06月25日

FD宣言プロジェクト発進。仏作って魂入れても動かなければ価値は無し。

6月25日

小林麻央さんが亡くなりました。ここに謹んでお悔やみを申し上げます。私の周り、同級生やお客様や同業の経営者など身近にもガンによる闘病生活を送っている人たちが結構います。自己責任による健康管理の大切さを痛感するとともに、常に病や死に関わる保険ビジネスに携わる我々が使命感を持って保障の必要性や予防医療の重要性を啓蒙していくこと、そして麻央さんがもっと生きたいと夢見たこの現生に今ボクは健康で生きているということに感謝しながら、改めて悔い無き1日1日を送りたいと思いました。

ところで。

先週の月曜日にフィディシャリーデューティ(FD)宣言プロジェクトのキックオフミーティングを行いました。

 19399739_1584868371532922_2322652218446059559_n.jpg

金融庁からすべての金融事業者に向けて発信された顧客本位の業務運営方針を真摯に受け止め、弊社も方針策定に向けて動き出したわけです。

若干突貫工事の体がぬぐえませんが、弊社は来期スタートの8月1日までにアップすることを目標に掲げています。

「何もそんなに焦らなくても・・」

という声も聞こえてきます。確かにまだ保険会社ですら出していない会社も結構あります。なのに代理店という立ち位置で保険会社を出し抜いて出す意味があるのかと。

「出来てもいないことを偉そうに宣言しても逆に入検(財務局検査)された時に指摘されるだけじゃないの?」

なんて声も聞こえてきます。確かに実態が全く伴わないことを宣言してもそれは絵に描いた餅にすぎないのでそれはどうかと思います。

それでも弊社は宣言することを決めました。それは。2年前に委託型募集人が現行業法に抵触していると否定され、去年の保険業法改正による乗合代理店への規制が強化がされた時。

その意図を真摯に受け止めて、弊社は。

「王道」を進むと決めたからです。

FD宣言は金融事業者に課された義務ではありません。あくまでプリンシプルベース(最善慣行)です。もちろん宣言しなくても処分の対象にもなりません。しかしながら王道を進むということは、できうる限りのプリンシプルベースで臨むということであり、それが結果的にお客様から選ばれる保険代理店になるということを信じてその道に進むということです。
続きは→http://www.holos.jp/holostyle/?t=1331

王道を進む乗合保険代理店の将来設計士として社会貢献したい方はこちらから↓
http://www.holos.jp/employ/orientation-session.html

      side_02.jpg
posted by 堀井計 at 12:09| 京都 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 堀井計の午睡イントロ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月18日

ホリエモンVSホリーモン。あなたの時価総額を劇的に上げるための処方箋。

6月18日

AKB48総選挙生放送SPでたまに映し出されるそこそこの年齢のオタッキー薄毛おやじたちを見ていて入賞するアイドルたちのインタビューよりむしろ彼らにインタビューがしたくなった隠れAKBファンのファン@ホリーモンですおはよーございます(ジョーダンデス)

  170519-i157_01.jpg

ところで。

実はワタス、隠れホリエモンファンです。

尖がった発言や行動に賛否両論があるとは思いますが、それでも起業家としても著作家としてタレントしても稀有な逸材であることは誰もが認めるところではないでしょうか。

もちろん近著の二冊「すべての教育は洗脳である」「他動力」も読了しました。

51I88dT75wL._SY346_.jpg51Ik2cXS21L._SY346_.jpg

彼の歯に衣着せない発言や態度に共感できない部分もないではないものの、それはある意味自分に正直に生きてる証であり、その価値観や発想や行動力には脱帽しないわけにはいきません。

まずその両著にも記されていた印象に残るフレーズを紹介すると、そりは。


「希少性」と「他動力」


自分の時価総額を上げていくには、よりレアな人材になること。代わりがいくらでもいるポジションではなく「多少のお金を積んでも、この人でなければ困る」と思わせる地位を得れば、時価総額は立ちどころに上がると。これが「希少性」。

この希少性は「要素タグの掛け合わせ」によって生み出せる。そのためには100万分の1のレア人材を目指せと。その考え方として、100万分の1になるのは相当難易度は高いが(普通は無理)、100人中の1人には1万時間(1日6時間×5年)あればなんとかなれる。あとはまったく違う2つの分野でも100分の1を目指す。そうすれば、100分の1×100分の1×100分の1で100万分の1の存在になれるのだと。

その例として厚切りジェイソンが紹介されています。彼は「在日外国人」「IT企業役員」「お笑いタレント」という3つのタグを備えた人物だと(彼は1つのタグに1万時間もかけていない)


そして「多動力」。

ホリエモン曰く、「あらゆる産業のタテの壁が溶けていく、かつてない時代に求められるのは、各業界を軽やかに超えていく「越境者」だ。そして、「越境者」に最も必要な能力が、次から次に自分が好きなことをハシゴしまくる「多動力」なのだ。」と

これからは1つの肩書に拘らず、快や好奇心の赴くままに、兎に角チャレンジしようという行動力とアイデアを進化させる力が求められるのだと。また、そのポイントとして、多動になるための最大のハードルは「他人にどう見られるだろう?」という感情。はっきり言って誰もあなたには興味はないので、好きなように生きて、思いっきり恥をかこうと。

更に。

「多動力は大人になるにつれ失われていく。つまり、未知なるもの、新しいことに興味がなくなったとき老いが始まるのだ。いつまでも3歳児のような好奇心をもって生きていこう。」と。

おまけに。

「本を何冊読んでも、現実は1ミリも変わらない。まずは一つでいいから実践してみてほしい。」と。

ここでワタスも自身の希少性について考えてみますた。

キャリア:一応これでも経営者歴16年で1社の社長と3社の会長と2社の理事長(100人に1人くらい?)
資格:CFP・1級FP技能士かつ心理カウンセラーかつ予防医療診断士(100人に1人くらい?)
趣味:落語家(100人に1人くらい・・・)

これでなんとか100万分の1のレア人材になっていないかなと(笑)

そして最後にそのホリーモン曰く。


「多動力」も大事だけれど「他動力」も大事。


「多動」は自分が多く動くことですが、「他動」は他人の力で動かすこと。多動力は個人の希少性を増し、個人の価値を上げる考え方ですが、他動力は組織の力を増し、チームの価値を上げる経営者のマネジメント力であり、部下が付いていきたくなる魅力そのものです。

そのためには。

「大きな夢を語ること」「言動と行動を一致させ結果を出すこと」「部下に対する関心と感謝と信頼」

月並みですがこんなところでしょうか。多動者を支援し、多動者を組織化する他動経営者こそがこれから求められる経営者なのかもしれません。

(引用:すべての教育は洗脳である 堀江貴文著 光文社新書
         他動力         堀江貴文著 NewsPicks Book)



多動社員を歓迎する企業で将来設計士として世の中に貢献したい方はこちらから↓
http://www.holos.jp/employ/orientation-session.html



posted by 堀井計 at 09:06| 京都 | Comment(0) | TrackBack(0) | 読書感人生観 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月10日

自己研鑽。中国4000年の歴史を学ぶ。

6月10日

「久しぶり、聞くに聞けない、君の名は」

「同窓会、みんなニコニコ、名前でず」

「備忘録、書いたノートの、場所忘れ」


上記は第一生命の第30回サラリーマン川柳コンクールのワタスの共感ベスト3@ケーホリーですこんばんわ。

いたずらに歳は取りたくないものですね。生きてる以上日々死に近づいているのですからある程度は仕方ないにせよ、やはり見た目も中味も若々しいにこしたことありません。ただやはりそれにはある程度の努力が必要です。

ここ数年は年初に「今年叶えたい100の夢リスト」を書いているのですが、その中に新しい勉強を最低一つは入れるようにしています。過去には、個性心理学やメンタリングマネジメント、予防医療診断士、天外塾など主に仕事に関連する知識や資格を勉強してきました。

理由は、


ボケ防止(笑)

もありますが、マジで言うとやはり歳をとっても謙虚に学ぶ姿勢を忘れないこと、好奇心やチャレンジスピリッツを忘れないこと、そしてそれができれば日々の仕事に活かせるものであることをインプットし続けるためです。

特にワタスは仕事柄アウトプットする機会が多いので、その為には新しいインプットをしておく必要があるのです。例えば、ワタスはここ数年某大手金融機関の取締役全員にコーチングをしています。某コンサル系エグゼクティブプランナーや税理士や経営コンサルタントにもコーチングをし、それなりの業績アップに貢献しています。もちろん社内外での相談やプレゼンや講演もそれなりにあります。こう見えても、プロのコーチとしては結構実績があるのです(どう見えてるかわかりませんが)

そんなワタスが今年選んだ勉強は。


四柱推命です・・・

実は2か月ほど前にとある師匠に弟子入りしました。相変わらず妖しい奴だと思われているでしょうが、四柱推命は侮れませんよ。なんたって中国4000年の歴史ですから(笑)世の中の経営者は経営コンサルタントの言うことより、むしろ占い師に最終意思決定を委ねることも多いのです。もちろん占いに人生を振り回されるのはナンセンスですが、それでもコーチング同様ヒトに気づきを与えたり、元気を与えたり、コミュニケーションを円滑にするツールとしては結構役に立つのです。

  3fa0ea57.jpg

もちろん免許皆伝はまだまだですが、その折には人生相談、恋愛相談、経営相談、金銭相談、健康相談等々あらゆる相談に応えることができる行列のできるプロ占術師としてデビューするつもりですので、皆さん、今から予約しておいてくださいね(一体お前はどこに行こうとしてるねん)


教育カリキュラムに四柱推命学を取り入れることを検討している総合保険代理店にご興味あるかたは↓
http://www.holos.jp/employ/orientation-session.html
posted by 堀井計 at 21:19| 京都 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月03日

5億年の記憶。なぜ子供はうんこが好きなのか。

6月3日

2017年も早や5か月が経過し昔は歳を重ねるごとに時はゆっくりと流れるものだと思っていたのがむしろ逆で時の流れもお金の流れも人の流れもどんどん早く大きく渦を巻くように加速していくことを実感している算命学的には今年は10年に一度のプレゼントがあるらしいのでその渦の勢いに身を委ねつつほのかにそのプレゼントを期待しながら後半に備えたいと思っている自称他力本願経営者@ケーホリーですこんにちわ。

ところで。

前回のブログでも少し触れましたが、いま世間では「うんこ漢字ドリル」が大ブレイクしていますね。なんと発売後2か月で227万部を記録したそうです→http://www.holos.jp/holostyle/?t=1323

実際にワタスもやってみましたし愛孫ミオしゃんにも早速プレゼントしやらせてみましたが、大人(ワタス)も子供も楽しみながら学べます。普通ならこれで楽しんで結果が出ればそれ以上にこの「うんこネタ」について深く話題にすることもないのでしょうが。

下ネタには異常に関心のある自称変態?のワタス的には「なぜ子供はうんこに興味を示すのか」を追求したくなり(ヒマ人か・・)色々な文献を探していたらそのヒントとなる書籍に突き当たりました。その書籍は。

「人体 5億年の記憶 〜解剖学者・三木成夫の世界〜 」著者布施英利 海鳴社

  写真 2017-06-03 11 55 43.jpg

伝説の解剖学者三木成夫氏の著書や講演内容を作者が整理し、わかりやすく解説する本著の中にそのヒントを見つけたのです(大げさなヤツ・・)冒頭から三木先生はことのほかうんちの話が好きだったらしく、うんちエピソードが至る所で披露されているのですが(笑)

本著の要旨は、ヒトの心と身体には5億年以上前、魚が陸に上がりだした頃からの進化の記憶が体に刻まれている神秘的かつ科学的な生き物であり、今も宇宙と一体となり生活しているのだよという内容で。

生命保険という生命に関わる仕事、心理カウンセラーという心に関わる仕事、予防医療診断士という健康に関わる仕事に足を突っ込んでいるワタス的にはとてもとても面白い内容でした。以下は「なぜ子供はうんこネタが好きなのか」に触れられいる部分を抜粋します。

「人体の見方は、動物的器官(餌に向かって動かし、そのために世界を知覚する目や耳や脳)と植物的器官(内臓など栄養やエネルギーを補給して生きる力とする体の部分)があり、まず生命の本質、人体の基本は植物的器官である。

その植物的期間であるからだの基本形は「一本の管」である。口から始まって、胃や腸を通り、肛門という出口へと至る一本の管。ナマコやミミズなどは今でも一本の管。

人間は魚類、両生類、爬虫類、哺乳類という過程を経て進化してきた生物であり、胎児の成長はその進化のプロセスがすべて顔に表れる。

一本の管である生き物は海の中の浅いところ、海辺で何億年も暮らした。その間、昼と夜、干潮と満潮、四季の温度変化、1日の日照時間の変化、これらの繰り返しのリズムが生命の記憶として刻まれている。四季や昼夜、海の干潮は、地球がその軸を傾けて太陽の周りを回り、太陽に向かって自転し、月と太陽の重力が海水を引っ張り(海の干潮)、という宇宙があったからだ。夜にも満月の夜と新月の夜があり、その月明かりの違いは月と地球と太陽の位置関係による。知性のない(脳のない)、一本の管だけの生き物であっても、それが何億回も繰り返され、体験されれば、その体に刻まれるのではないだろうか。この宇宙のリズムは、人間の脳による知性よりもはるかに根が深く、強いものである(よって「意識」は脳の領域であるが「こころ」は内臓の領域である)

一本の管である腸管に込められた生命進化の痕跡は、今でも進化した人の体の中にあり、この宇宙のリズムはほのかに作用している。私たちの内臓は、宇宙がどう動いているか今でもわかっている。何億年も海辺で生きてきた一本の管がそれを忘れるはずがない。」


ここまではいかがでしょうか・・かなりはしょってますが、ワタス的にはかなり共感し、かなり感動すら覚えました。で、このあたりからいよいよ子供がうんこネタがなぜ好きなのかに迫っていきます(え?興味ない?)

誰が考えたのか、大便は「大きな便り」と書かれる。それがどこからやってきた大きな便りかといえば、宇宙から、としか言いようがない(宇宙(水や植物や魚や動物)から与えられた食べ物を吸収し、からだに取り込み、そしてそのカスが大便として排出され、それがまた宇宙に帰っていくのだとすればまさに大便は大き宇宙からの便りである)

うんちには心が宿っている。子供はうんちの話に大笑いし、極めて素直な反応をする。それは子供がうんちというものが、からだや宇宙にとってどういうものか分かっているからなのではないか。子供にはこころに触れるなにかなのだ。


このあたりがワタスが発見した三木先生の子供がうんこネタに反応する下りです(え?ヒントになってない?)

これに敢えて変態野郎(ワタス)が補足するとすれば、うんこが出たとき(特に太くて長いイイうんこ)は理屈抜きに快感(発散効果)と共に「ウレシイ」気分になります。「ちょっと臭いけど気持ちイイ」「ちょっと恥ずかしいけどウレシイ」のです。これは、子供も大人も本能的にそう感じているのではないでしょうか。この、ちょっと臭いとかちょっと恥ずかしいというネガティブな感情とウレシイというポジティブな感情の絶妙なバランスが「笑い」につながるポイントのような気がするのですがいかがでしょうか(え?どうでもいい?)

ワタスのからだにもあなたのからだにも5億年の記憶が刻み込まれています。その事実(仮説)を自覚し、そのからだや心が機能しているのは宇宙からの大きな便りのお陰であり、また自分もうんちも大宇宙の一部なんだと認識するだけで、気のせいかもしれませんがワタスの体内の60兆個の細胞が活性化したような気がしました。これからもうんこネタと笑いを大切にしていこうと思います(笑)

参考図書:人体 5億年の記憶 解剖学者・三木成夫の世界 著者:布施英利 発行元:
https://www.amazon.co.jp/%E4%BA%BA%E4%BD%93-5%E5%84%84%E5%B9%B4%E3%81%AE%E8%A8%98%E6%86%B6-%E8%A7%A3%E5%89%96%E5%AD%A6%E8%80%85%E3%83%BB%E4%B8%89%E6%9C%A8%E6%88%90%E5%A4%AB%E3%81%AE%E4%B8%96%E7%95%8C-%E5%B8%83%E6%96%BD-%E8%8B%B1%E5%88%A9/dp/4875253303


笑いが絶えない企業で将来設計士として思い切りシゴトがしたい方はこちらから↓
http://www.holos.jp/employ/orientation-session.html


  写真 2017-05-27 19 17 54 (1).jpg
posted by 堀井計 at 14:44| 京都 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 読書感人生観 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
人気ブログランキングへ