堀井計プロフィールページ

2007年03月30日

哀悼 日本一の無責任男

3月27日


昨晩午前一時ごろ、私の師匠(もちろん勝手に)植木等さんを哀悼し、クレイジーキャッツ全集(CD)を聞いていたら・・


大学時代の親友から久しぶりに電話が。


「もしもし」

「お〜堀井〜、元気か〜?」

「どないしたんや?酔ーてるんか?」

「・・・」

「とうとう師匠、逝ってもうたの〜。」

「そ、それを言うな〜。今泣いてたんや〜もうやだ〜(悲しい顔)



大学時代の自転車競技部の主将(因みに私は副主将でした)。
インカレにも優勝したことある彼も熱烈な植木等ファンでした。


昨年暮れに逝去した青島幸男氏の詞と師匠の醸し出す雰囲気、演技力、声の絶妙なコンビネーションは芸人にとって(誰が芸人やねん)は憧れであり目標でした。(誰が芸人やねん)



「わかっちゃいるけどやめられない」


「黙って俺についてこい」


「はい、それまでよ」


「これで日本も安心だ!」



一般的には現状を否定し、否定され、目標に向かって突き進むことを求められるのが世の習い。


精神疾患で長期休業する社員が後を絶たない昨今。


自己と現状(自分と今)を肯定し、楽観的に活きることの大切さを、まるで現代社会を予測して警鐘を鳴らしていたかのようです。



植木等恐るべし。


本当に偉大なるヒトを亡くしました。


因みに数々の名曲の中で私が気に入っていた曲は、


「実年行進曲。」
            P1000871.JPG 


「気にしない気にしない 
ただ前進あるのみ 行くぞ!」           

1、おれ〜たちゃ〜実年〜 文句があ〜る〜か〜るんるん
  背ぃは〜低いが〜 プライド高い〜
  機械にゃ弱いが 女にゃ強い
  ガンガン行こうぜ  ま〜だこれからさ
  毎晩いっても大丈夫 大丈夫exclamation


2、おれ〜たちゃ〜実年〜 文句があ〜る〜か〜るんるん
  体は硬いが〜 頭も堅い〜
  気が短い分〜 説教は長い〜
  馬鹿にすんなよ〜 ま〜だこれからさ
  毎晩いっても大丈夫 大丈夫exclamation


おなじみ青島幸男氏の作詞ですが、なんと作曲は大滝詠一。


どうです?自分を認め、開き直った中にもできるコトを明るくヤリキル意欲を感じさせてくれる秀作だと思いません?


一般的な成功と個人の幸せは別物。

成功はヒトからの評価が付物ですが、幸せは個人の価値観。


この歌は、実年ど真ん中の私にとって、いやすべての実年男性にとっての応援歌であり、幸せに活きるための聖歌です(かなり大げさ)
ぴかぴか(新しい)


でもカラオケにないんですよね〜バッド(下向き矢印)


メロディ付で聞きたいヒト、アカペラでよかったらいつでも聞かせてあげますからねわーい(嬉しい顔)
posted by 堀井計 at 01:58| 京都 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
人気ブログランキングへ