堀井計プロフィールページ

2016年03月20日

内向型人間の時代到来?本当に最高のリーダーは何もしないのか。

3月20日

三連休の中日。個人的には母の命日。家に溜まっていた書類を整理したりメールを返信したりふるさと納税の注文したりした後に散髪に行って帰りに友人のすし屋で珈琲よばれてその後珍しくゴルフの打ちっ放しに行って今更に珍しく二日連続でブログをアップしています。

因みにワタスのおかんが死んだのはもう20年も前。その時は一人暮らしでお風呂の中で発見されました。享年72歳。今生きていたら92歳。大正時代に東京で生まれて東京で育ち東京大空襲を経験しています。結構なお嬢の生まれで普連土学園というカソリック系の女学校から日本女子大を卒業し家庭科の先生をしていたのですがどうやら嫁に行きそびれてなぜか京都に嫁ぐ羽目になったそうです。人付き合いがよく誰とでも友達になる外交型の女性でした。それに比して父はどちらかというと内向型。学生時代は弁論部に所属していたそうですが少なくとも家族の前では無口で気難しいタイプでした。

さて内向型の父と外向型の母の間に生まれたワタスは何型なのでしょうか。自己分析的には一見外交型の実は内向型です。もちろんどちらがイイとかワルいとかではありません。ですが男に生まれたからには正真正銘の外向型に憧れる自分がいるのも事実です。

でもしかし。そんな内向型のワタスに励ましを与える本が出ました。その本の名は。

「最高のリーダーは何もしない〜内向型人間が最強のチームをつくる!〜(藤沢久美著)」です。

  51-q6FEZZJL._SX345_BO1,204,203,200_.jpg

藤沢さんはその昔、20年くらい前に講演会で聴講したことがあります。その時の印象は綺麗な人というくらいで講演内容はあまり覚えていませんでしたが、その後様々な経験をされながらメディアでも活躍され、たくさんの優れたリーダーに直接触れながら感じてこられたリーダーの資質をまとめられたのがこの本です。

藤沢さんによると、いま最前線で活躍している優秀なリーダーほど、リーダーらしい仕事は何もしていないように見えると。リーダーというと、「即断即決・勇猛・大胆」「ついていきたくなるカリスマ性」「頼りになるボス猿」というイメージを持つ人が多いが、それは過去のモノになりつつあり、いま最前線で活躍しているリーダーたちは権限を現場に引き渡し、メンバーたちに支えられることで組織、チームを勝利へと導いているということです。

以下はワタスがiPhoneのメモに書き留めた備忘録の抜粋です。

・従来のトップダウン型リーダーシップだけでは「遅すぎる」。目まぐるしく移り変わる複雑なニーズに対応していくには、現場にいるメンバーたちが自律的に動き、個別に対応するしかない。

・何もしないリーダーの2つの能力
 @メンバーが共感して自ら働きたくなるビジョンをつくる力
 Aビジョンをしっかりメンバーに伝えて浸透させる力

・ほとんどの社長が自分の決断の理由を直感と答える。直感とは考えに考え尽くした末に、ふと浮かび上がってくる決意。考え続けた人にしか直感は降りてこない。チームの中で誰よりも考えているのがリーダー、気を抜くと仕事のことを考えている。

・リーダーにとって唯一の仕事道具は言葉。リーダーは誰よりも言葉に敏感でなければならない。常に誠実かつ正しい言葉を使うことは、リーダーが心がける最重要事項。広く共感を呼ぶようなビジョンを言語化するには、研ぎ澄まされた言葉の力が必要。言葉こそがリーダーの力の源であり、言葉の修練はリーダーに不可欠。

・大きな仕事をするリーダーほど実は嫌われない人。嫌われないリーダーは周りの人に対する愛情や感謝を忘れない。

・女性メンバーは炭鉱のカナリア。組織の空気の悪さをいち早く知らせてくれる存在。共に働く仲間へ。

・社長の仕事は、社員という孫悟空が自由に飛び回れるようお釈迦さまの手をどんどん大きくしていくことであり、現場で細かな指示をすることではない。


以上共感できるメッセージがてんこ盛りでした。指示命令しないマネジメントを志して早や15年が経過しましたが、今活躍されている優秀なリーダーが同じようなスタイルを実践されていることを知り、とても勇気づけられました。内向型に悩むリーダーは是非一読をお勧めします。
http://www.amazon.co.jp/%E6%9C%80%E9%AB%98%E3%81%AE%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%83%80%E3%83%BC%E3%81%AF%E4%BD%95%E3%82%82%E3%81%97%E3%81%AA%E3%81%84%E2%80%95%E2%80%95%E2%80%95%E5%86%85%E5%90%91%E5%9E%8B%E4%BA%BA%E9%96%93%E3%81%8C%E6%9C%80%E5%BC%B7%E3%81%AE%E3%83%81%E3%83%BC%E3%83%A0%E3%82%92%E3%81%A4%E3%81%8F%E3%82%8B-%E8%97%A4%E6%B2%A2-%E4%B9%85%E7%BE%8E/dp/4478068135


内向型のくせに落語で高座にはあがる変態創業者の元で将来設計士をやってみたいカタはこちら↓
https://www.holos.jp/ComInfoSn/

  index_title_01.png


posted by 堀井計 at 21:40| 京都 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 読書感人生観 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
4月から新しい部署の長になります。今回の取り上げられている本をさっそく読んでみます。

京都のハル、こと秋山哲治より
Posted by 京都のハル at 2016年03月21日 09:27
ハルさんは秋山さんでしたか。長になるということは元気にされてそうですね。
Posted by kei horii at 2016年03月21日 19:10
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/435341975

この記事へのトラックバック
人気ブログランキングへ