堀井計プロフィールページ

2017年08月27日

アセンション。保険業界は次元上昇夜明け前。

8月27日

今年の人間ドッグの数値が芳しくなく3か月前に全国的にも有名な主治医のところでレヨメーターなる妖しい波動測定機器で診断をしてもらったらやはり前立腺や胃や膵臓や血流がよくないとの指摘を受け乳酸菌と牛乳と肉の脂身をやめ野菜を増やし(ただし外食の生野菜はNG)毎日亜麻仁油を摂取するようアドバイスを受けその後3か月が経過し再度検診にいって全身を診てもらったらフィジカル的にはどこも悪くないと太鼓判を押されて安堵している永遠のアラカンボーイ@ケーホリーですこんにちわ。

ところで。

今般弊社は某保険会社さんと某PEファンドさんの組成する投資組合を引受先とする第三者割当増資を実施しました。プレスリリース(http://www.holos.jp/upimages/information0564_1.pdf?rand=86429099)を要約しますと。

その理由は。

2016年5月の保険業法改正以降、大手企業による保険代理店の系列化や大型保険代理店による中小代理店の買収など、保険代理店業界は大きな変革期を迎えております。当社は、この変革期をチャンスと捉え、戦略的な事業展開を加速させるため。

その目的は。

将来設計士の積極的なリクルート資金、来店型店舗展開資金、フィンテックを見据えたIT投資資金、M&A資金など、事業拡大による成長戦略に投資し、業界再編に向けた準備。

です。

実は今までにない調達額であり、大手生保さんとは業務提携契約を同時に締結していることもあり、ワタス的にもそれなりの決断ではあり、決まってからも社外に公表する前にまず社内に周知するために全国の各オフィスで説明会を開催してきました。

社外の方々も、「おめでとうございます!」「すごいですね。」「常に先行して仕掛けますね。」とたくさんの方にメッセージをいただきましたが、恐らく業界の方々の想いは様々だと思います。逆にネガティブな噂や感情を抱きながら面白くないと思っている業界の方々もかなりいるのではないかと推察します。でも、そんなことに気を留めている場合ではありません。

保険業法改正後にまっとうに体制整備に取り組む保険代理店の体力が奪われ、潜脱代理店が放置されたままはびこり、更に金融庁から提起されたFD宣言からの手数料減少や手数料開示への流れが進む中、国内保険業界は新たなステージに突入しようとしているからです。恐らく過去の延長線上や過去の成功モデルの先に未来はないのではないでしょうか。

少し話が変わりますが。

かつてスピリチュアルな世界で「アセンション(次元上昇)」という言葉が流行りました。これはフォトンベルト(宇宙空間にある光粒子の帯)が地球に衝突することで発生するとか、自身が持つ周波数(波動)を高めることで、今の三次元から五次元(時空間が無い自由な世界)の世界に移行するという話です(極めて妖しい世界の話です・・)

  フォトンベルト.jpg

当時(今でも?)一定以上の人類の波動が高まると地球という星は一気にガラリと次元上昇し、新たな世界が訪れる、なんてことが密かに囁かれていたのです(もちろんワタスが100%信じていたわけではありません)

この妖しい世界の話になぞらえると、保険業界はアセンション(次元上昇)を起こす一歩手前に来ているのではないかと思うのです。徐々に変化するのではなく、ある時一気に変わる。もちろん一瞬とか一日とかではなく、何十年とか何百年とかの歴史の中では、かなり短い時間の中で一気に変わるということです。まさにそれが「今」だということです。この混沌とした業界の募集人や経営者が「顧客本位」をベースとした意識に変わることで一気に業界が変わるのです。調達した資金はこのアセンション(保険ビジネスの次元上昇)のために大事に使いたいと思います。

因みに。

主治医からは、「フィジカル的にはどこも問題ないね。スピリチュアル的には・・(レヨメーターで測りながら)まだ抑えてるね。もっと開放したほうがいい。あなたの発想ややりたいことはまだまだ発揮できますよ。」と言われました(ちゃんとしたドクターです・・)もういつ死んでもおかしくない歳ですから、悔いのない毎日、悔いのない経営をしていくつもりです。

  写真 2017-07-09 18 18 47.jpg

保険業界をともにアセンションしようと思う志の高いかたはこちらから→http://www.holos.jp/employ/orientation-session.html
    index_title_01.png
   




posted by 堀井計 at 11:52| 京都 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

人気ブログランキングへ