堀井計プロフィールページ

2017年12月10日

リ・クリエーション(再創造)。保険募集人の事業承継を本気で考える

12月10日

2017年もあと僅かとなり今年もゴルフの100切りは現時点で叶わずこうなったら年明けから最近京都にもオープンしたライザップゴルフにでも入会してみょうかと真剣に考えている70歳からは占い師として生計を立てる予定の現役バリバリ経営者@ケーホリーですこんにちは。

ところで。

前回のブログで「保険募集人の事業承継を本気で考える」というテーマで書き始めたら前振りが長すぎて次回に持ち越すことになったのでその続きを書こうと思います。

なぜ敢えて年末の差し迫った時期にこのテーマで書こうと思ったかと言うと、来年の戌年には遂にワタスも還暦を迎えてしまうからです(かなりこじつけ・・・)

それでは。

日本国民同様、保険代理店の経営者及び募集人の高齢化が進んでいます。恐らく推定ベースでは経営者は60歳、募集人は50歳を超えている比率がかなり高いのではないでしょうか。弊社も例外ではありません。これは歩合制保険営業職のキャリア形成に一つの原因があります。

一般的には、新卒で様々なサラリーマンを10年程度経験した人を保険会社がフルコミッション(完全歩合)の保険営業マンとして転職させ、その環境で更に5年〜10年程度実績を積んだ優績者が更に乗合代理店の募集人として転換するパターンが多いのです。

何を隠そう私も一般企業のサラリーマンを10年経験し、32歳でカタカナ生保の完全歩合型募集人として転職し、10年のキャリアを経て42歳で起業、その後17年経営者としてのキャリアを積み、齢59歳になっちまったという訳です。

 写真 2014-09-18 17 02 20.jpg

よって60歳を既に超えている募集人は相当数存在し、その彼らのキャリアプランと担当している契約者への今後の対応をどうするかは、弊社としても保険業界全体としても真剣に課題認識をしたうえで対応を練る必要があるのです。

つまり。

保険募集人の高齢化対策は今後の保険業界や保険代理店経営の成長戦略として不可欠な要素であり、まさに「高齢(シニア)募集人を制する代理店が未来の保険代理店ビジネスを制する」と言っても過言ではないのです。

まぁ、月並みですが最も適切な対応はそれぞれの募集人が生涯現役、少なくても70歳くらいまでは元気に働ける体制を作るということでしょう。

ベストセラー「LIFE SHIFT 100年時代の人生戦略」によると、2007年に日本で生まれた子供の半分は107年以上生きることが予想され、50歳未満の日本人は、100年以上生きる時代、すなわち100年ライフを過ごすつもりでいたほうがいいと記されています。

    51m-LufRkSL._SX346_BO1,204,203,200_.jpg

また、100歳まで生きる時代に突入すると教育から仕事、仕事から引退後という「3ステージ」ではなく、70歳や80歳までを現役期間とし、新たなスキルや人的ネットワークを駆使し、「マルチステージ」で充実した人生を生きることを推奨しています。

続きは→http://www.holos.jp/holostyle/?t=1351


保険募集人の事業承継を本気で考えて制度化している代理店に興味がある方はこちらから↓
http://www.holos.jp/employ/orientation-session.html

  120_75.png
 https://holos-sim.com/wizard_start
posted by 堀井計 at 14:16| 京都 ☁| Comment(0) | 堀井計の午睡イントロ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

人気ブログランキングへ