堀井計プロフィールページ

2017年07月02日

リングの会。果たして適者として生存できる保険代理店は何%あるのか。

7月2日

一昨日ブログを更新していないにもかかわらずアクセス数が急増していたので何かと思ったらテレビ奇跡体験アンビリバボーで豊田商事の事件特集をやっていてその中で破産管財人に選ばれた故中坊公平氏の言葉「人を動かすのは正面の理、側面の情、背面の恐怖」が紹介されたようで、どうやらその言葉を検索したらワタスが5年ほど前に書いたブログが1ページ目に出てくるのが原因なようでやはり継続とパクリは力だと改めて認識した側面の情に極めてもろい経営者@ケーホリーですこんにちわ。
(そのブログ→http://kei-horii.seesaa.net/article/282558862.html

ところで。

昨日は毎年横浜パシフィコで開催される保険業界最大イベント「リングの会」に行ってきました。

19601344_1412652538803207_9040919254709578274_n.jpg

なんと今回は参加者が1600名を超えたそうです。ワタスも3年に一度くらいはスピーカーとして呼ばれているのですが、今回はブース出展と純粋な情報収集が目的でした。

ブース出展はここ数年で一番の盛り上がりでした。テーマを「生損保のクロスセル」に絞り込んだのが功を奏したようで、損保系代理店や損保会社の方々がひっきりなしにブースに訪れ、皆さん食い入るようにプレゼンを聞かれていました。

19477590_10211607559417643_5044253917266722197_o.jpg19657033_1412653025469825_132894420818237998_n.jpg

因みに今回のメインテーマは「適者生存〜歴史的転換の中で生き残り、成長を遂げる〜」。

ワタスも立場上色んなところで話す機会が多いので、常に良質なスピーカーの発信する情報をインプットして、そこに自分なりの考えや意見を加味しながらアウトプットするために積極的にセミナーには参加するようにしています(これぞパクリ力・・)今回も実にイイ勉強をさせていただきましたので、せっかくなので少しだけ備忘録として記しておきたいと思います。

適者生存のためにはまず今業界で起きている3つの変化を知ること。

第1の変化ー新しい募集ルールの登場
1996年、金融ビッグバンの下で行われた保険の自由化は、20年の時を経て今般の保険業法改正による保険募集制度改革が実施されることにより完結の時を迎える。ついに代理店が主役になるべき大変化が到来している。

第2の変化ー金融行政の改革
ルール(規則)ベースからプリンシプル(規範)ベースに軸足を移し、「顧客本位の業務運営(フィディシャリーデューティ)」を求めるというこれまでの金融庁とは大きく異なる新しい方針が打ち出された。保険代理店も金融事業者としてこれからどう対応するか、自らのスタンスを決めることが求められる。

第3の変化ーInsureTec(インシュアテック)
自動運転技術の加速度的な進化、テレマティクス自動車保険の広がりなど、大数の法則に基づく保険商品を代理店が募集するというビジネスモデルが揺らぎ始めている。そしてその背後に「Disruption(破壊的革新)」と称される劇的な変化が潜んでいる。

個人的には、やはりInsurTecに関心がありました。

「フィンテック始めITベンチャーはエンドユーザーのためにビジネスをする。モバイルから金融商品が簡単に購入でき、常にデータが蓄積され、属人的な恣意(手数料など)が働かない商品提案ができるサービスが可能になる。金融庁が消費者保護と利便性の向上が最大のミッションとするならば、そのためのサービスを実現するための支持をしないわけにはいかない。つまり、顧客の利便性を高めるために業法はどんどん改正されていく。事実、今般の国会承認を経て、銀行法が改正され、API導入が可能となった。」

森長官のコロンビア大学講演↓
http://www.fsa.go.jp/common/conference/danwa/20170525/02.pdf

ということでワタスの総括。

1社専属の営業職員チャネルをレガシー(過去の遺産)と表現し、我々乗合代理店が新しい潮流を創ってきたのはもう過去の話。そのレガシーと揶揄された大手メーカーは潤沢な資金を背景にインシュアテックやヘルステックの開発や投資に力を注いでいます。大手生保の底力は半端ではありません。そこに更に外からの新しい技術やサービスがどんどん保険業界にも入ろうとしている今。

乗合代理店こそがこのままではレガシーと言わざるを得ません。ただ乗合で複数の保険商品を提案するだけの代理店は適者としてこの業界で生存することは不可能でしょう。顧客本位を突き詰めたとき、本当に保険代理店として保険商品の提案だけでやっていくのか、自社開発が無理ならテック企業と提携してでも顧客の利便性向上のためのサービスの開発に着手するのか、顧客本位の信頼に耐えうる体制整備を構築するために合従連衡をしてでも規模拡大と効率化を推進していくのか。とにかく過去の成長の延長戦上に未来の成長はないということを肝に銘じることです。

インプットしたことはアウトプットしなければ何も価値は生みません。講演者としてのワタスのアウトプットは、業界に向けて広く啓蒙すること(伝えること)で事足りますが、経営者としてのアウトプットは実践して結果で証明することです。ヒト、モノ、カネ、情報を駆使し、リスクを取って前に踏み出す勇気と能力が問われるのです。経営者は能書きだけでリスペクトされることは有り得ないのです。

歴史的転換点の中で生き残り、歴史に残る企業になりたいと思います。



適者生存の代理店で将来設計士として顧客貢献したい方はこちらから↓
http://www.holos.jp/employ/orientation-session.html

       side_02.jpg





posted by 堀井計 at 12:09| 京都 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月10日

自己研鑽。中国4000年の歴史を学ぶ。

6月10日

「久しぶり、聞くに聞けない、君の名は」

「同窓会、みんなニコニコ、名前でず」

「備忘録、書いたノートの、場所忘れ」


上記は第一生命の第30回サラリーマン川柳コンクールのワタスの共感ベスト3@ケーホリーですこんばんわ。

いたずらに歳は取りたくないものですね。生きてる以上日々死に近づいているのですからある程度は仕方ないにせよ、やはり見た目も中味も若々しいにこしたことありません。ただやはりそれにはある程度の努力が必要です。

ここ数年は年初に「今年叶えたい100の夢リスト」を書いているのですが、その中に新しい勉強を最低一つは入れるようにしています。過去には、個性心理学やメンタリングマネジメント、予防医療診断士、天外塾など主に仕事に関連する知識や資格を勉強してきました。

理由は、


ボケ防止(笑)

もありますが、マジで言うとやはり歳をとっても謙虚に学ぶ姿勢を忘れないこと、好奇心やチャレンジスピリッツを忘れないこと、そしてそれができれば日々の仕事に活かせるものであることをインプットし続けるためです。

特にワタスは仕事柄アウトプットする機会が多いので、その為には新しいインプットをしておく必要があるのです。例えば、ワタスはここ数年某大手金融機関の取締役全員にコーチングをしています。某コンサル系エグゼクティブプランナーや税理士や経営コンサルタントにもコーチングをし、それなりの業績アップに貢献しています。もちろん社内外での相談やプレゼンや講演もそれなりにあります。こう見えても、プロのコーチとしては結構実績があるのです(どう見えてるかわかりませんが)

そんなワタスが今年選んだ勉強は。


四柱推命です・・・

実は2か月ほど前にとある師匠に弟子入りしました。相変わらず妖しい奴だと思われているでしょうが、四柱推命は侮れませんよ。なんたって中国4000年の歴史ですから(笑)世の中の経営者は経営コンサルタントの言うことより、むしろ占い師に最終意思決定を委ねることも多いのです。もちろん占いに人生を振り回されるのはナンセンスですが、それでもコーチング同様ヒトに気づきを与えたり、元気を与えたり、コミュニケーションを円滑にするツールとしては結構役に立つのです。

  3fa0ea57.jpg

もちろん免許皆伝はまだまだですが、その折には人生相談、恋愛相談、経営相談、金銭相談、健康相談等々あらゆる相談に応えることができる行列のできるプロ占術師としてデビューするつもりですので、皆さん、今から予約しておいてくださいね(一体お前はどこに行こうとしてるねん)


教育カリキュラムに四柱推命学を取り入れることを検討している総合保険代理店にご興味あるかたは↓
http://www.holos.jp/employ/orientation-session.html
posted by 堀井計 at 21:19| 京都 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月21日

哀悼。保険ビジネスにおける真の顧客本位とは。

5月21日

今週は水曜に保険代理店成長戦略セミナー、木曜日には恒例のホロスエリアカンファレンス、金曜日は某大手金融機関新任役員研修とイベントやセミナーが目白押しでした(エリアカンファレンスの話は改めて)

 写真 2017-05-18 15 06 20.jpg

その木曜日のイベント中に訃報が飛び込んできました。弊社の社員が亡くなったのです。しばらく前から闘病されていたのですが病魔には勝てなかったのです。

弊社の現役社員を見送ったのは初めてでした。享年48歳。あまりにも若すぎます。改めてここに謹んでお悔やみを申し上げたいと思います。

あえて故人のことをここで申し上げることは控えますが、長い間会社を経営していると社内恋愛で結婚する社員もいれば病魔に侵され私より先に亡くなる社員もいて、会社という小宇宙の中でも様々な出来ことが個々の人生の中で起こっているのだと改めて感じています。

社員の死に際し改めて考えたことが二つあります。

一つは、我々は「死」と向き合う仕事をしているということ。一家の大黒柱やそれのみならず愛する人に万一のことがあったとき経済的不安を取り除くための商品を提供しているということ。

私も過去に数人のお客様の保険金支払いを経験していますが、支払うときには申込書にサインをいただいた方は既に亡くなっていています。そういう観点から考えると、その人が自分の得ではなく、愛する人に遺してやりたいう想いで掛ける保険商品を扱う仕事は金融業の中でも特殊なのではないでしょうか。

今、金融事業者はフィディシャリーデューティということで、顧客本位の業務運営を求められていますが、イメージとしてこの顧客本位は資産運用上の損得、つまり情報格差が大きい、「金融知識の無いひとがプロに騙されないように受託者としての責任を遵守しましょう」ということです。もちろん保険商品もこの中に入るのですが、更に保険商品はその結果が出るときには既にその人はこの世にいないという商品でもあるわけですから、より販売者にはモラルが問われますし、特にその人の想いを遺族に届ける使命感が必要な志事だと思うのです。

だとすれば、金融事業者の中でも保険事業者は、「必ず保険金受取人同席で保証内容を伝え、契約をしていただくことを原則としなければならない」となります。つまり「顧客本位の業務運営原則」ではなく「顧客とその愛する家族本位の業務運営原則」を策定することが求められるのではないかと思ったのです。

もう一つは経営者が社員に提供できる「倖せ」とは何かということです。

弊社の社員数はグループ全体で270名を超えます。新たに入社する人もいれば辞めていく人もいます。結婚したり、出産したり、病気になったり、離婚したり、亡くなったりと色んなことがあります。もちろん社員にとっては選択の自由ですから嫌ならいつでも辞める権利があります。でもやはりうちにいる限り、いる間は、何かのご縁で来ていただいた限りは、少なくても倖せな時間を過ごしてほしいと思うわけです。

もちろん倖せの価値観や価値基準は人それぞれです。なのでまずはそのそれぞれを理解することが必要です。最近では、企業は顧客満足度を上げるより社員幸福度を上げるほうが業績が上がるという理論もでてきていますので、これからの経営者は、いかに社員を幸福にするかを考え実行することが求められる時代になっていくのではないかと思います。

「顧客本位」と「社員幸福」をいかに高めるか。

これがこれからの企業成長のキーワードになりそうです。

  2017-05-05 11.29.48.jpg

 顧客本位と社員幸福を追求する会社で傍楽くことにご興味のあるかたはこちらから↓
http://www.holos.jp/employ/orientation-session.html


posted by 堀井計 at 12:23| 京都 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月06日

GWに考える。果たして倖せと成功は両立できるのか。

5月6日

2017年のGWも明日を残すのみとなり今年も例年にもれずどこへ行っても高くて混んでる行楽地や海外に行くこともなくジモティとのゴルフや墓参りやスーパー銭湯に読書三昧と極めて充実した大型連休を過ごしているスーパーリア充@あーーーーーーーーー早くシゴトがしたいケーホリーですこんばんわ。

と言っても、今月は週明けには保険乗合代理店協会の年次総会があり、正式に協会化してから初めての総会でもあり、金融庁や生保協会からもご来賓として参加いただくことにもなっていて、その開会挨拶や年度方針プレゼンの準備や、その翌週翌々週には恒例のホロスカンファレンスが控えており、そのプレゼン資料の作成等もあり、それなりの情報収集や資料作成に取り掛かっております。

ところで。

毎年この季節に庭に咲いてくれるのが白いジャスミンと赤い薔薇。

2017-05-05 11.29.10.jpg2017-05-05 11.29.48.jpg

窓を開けるとジャスミンの香りが風に運ばれてリビングがその甘い香りで満たされます。豆から珈琲を煎れ、ジャズを聴きながら読書に耽ると。

「あ〜倖せやな〜」と感じます。

因みにジャスミンの香りは困難な事柄によって喪失してしまった自信を取り戻すのに役立つと言われていて、脳内麻薬と呼ばれるエンファリンや、快感ホルモンと呼ばれるドーパミンの分泌を活性化する作用から、自分を信じ前に進む勇気を取り戻させてくれたり、幸福感を感じられるように手助けをしてくれるらしく、また鎮静作用から不安や恐怖に苛まれているときや、ストレスによって心が疲れ果てて無感動・無関心になってしまった時にも、気分をゆったりと穏やかに開放してくれ、不眠の解消、感性や気力を取り戻すのに役立ってくれると言います。

更に。

赤い薔薇を剪定してトイレに活けておくと、トイレに入った瞬間薔薇の香りがトイレ中に立ち込めていてまさに天然の芳香剤。ここで用を足す瞬間・・

「あ〜倖せやな〜」と感じます(笑)

  2017-05-06 13.27.03.jpg

因みにバラに含まれるティーローズエレメント(化合物名ジメトキシメチルベンゼン)という成分には、森林浴の香りと同様の鎮静効果や抗ストレス効果があることが実証されていて、緊張を緩和して頭痛やストレスを解消したり、脳を活性化するという目的で利用されていて、心と体のリラックスやリフレッシュなど情緒を落ち着かせて肯定的な感情にさせる効果があると言います。


この2つの香りに反応するワタスは相当病んでいるのでしょうか・・・

でも、高いお金をかけて海外に出かけたり、高級フレンチを食べに行くこともいいですが贅沢をすることと「倖せ」を感じることは別物で。

目の前にあるリソース(資源)や目の前にいる人(家族や仲間)や目の前にある日常(健康で仕事ができること等)に改めて目を向けてみると「倖せ」に気づくことが結構あるものです。

「成功」の価値基準は他者が定量的に判断して決まることが多いと思いますが「倖せ」の価値基準はあくまで自分自身の心が決めるもので、目指すものというより気付くもの。

突き詰めると朝目が覚めて息をしているだけで倖せと思えるようになるんでしょうね(お前はお釈迦さんか)

倖せの土台は心身の健康。その上に家族や仲間等人間関係があり、更にその上には生き甲斐やりがいがあり、そして更にその上に幾ばくかのお金があるのではないでしょうか。

果たしてワタスは倖せ者になりたいのか成功者になりたいのかどちらなのでしょうか?

その答えは・・


どちらもです(強欲ものか)

なぜなら、弊社は「個人や企業に安心で豊かな生活と夢の実現を支援する」のが企業理念であり、「あなたらしい素敵な活き方を応援する」ことであり、倖せと成功の両方を経験していなければお客さまを支援することはできないからです(かなりのこじつけ・・)

ということで。

日々倖せを感じ、周りの人たちに感謝しながらも、16年前に起業して経営者になった以上は、明後日から引き続き成功も目指したいと思います(やっぱ強欲者か)

   写真 2015-07-18 23 15 47.jpg


倖せと成功の両立を目指す人を応援する将来設計士にご興味ある方はこちらから↓
http://www.holos.jp/employ/orientation-session.html

      flow_01.gif


posted by 堀井計 at 19:29| 京都 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月22日

人づくり。戦後の高度経済成長を支えた天才技術者の名言から学ぶ。

4月22日

今週は先週の日曜日にNYから帰国し月曜から会議に社内研修に新人オリエンテーションに金融庁訪問に保険業界向けセミナーに大手企業研修にと時差ボケになる暇もないくらい独楽鼠のようにはたらいた一体いつになったら楽になるのか底が見えないと思いながら深層心理的には好きで働いているに違いない仕事は恋愛と同じで苦しいと思えば苦しく楽しいと思えばこれほど楽しいと思えるものはないと思う今日この頃@ケーホリーですこんばんわ。

ところで。

某自動車メーカーのインストラクターを対象にした研修講師で宇都宮から車で1時間かけて栃木県の山奥にあるツインリンクもてぎくんだりまで行ってまいりました。ここには日本でも数少ないサーキット場やキャンプ場や遊園地など様々な施設があるのですが、その中に「ホンダコレクションホール」という歴代のホンダ製品が展示されているホールがあります。

「せっかくもてぎくんだりまで来ていただいたのですからご案内を」ということで、研修スタッフの方のご厚意で案内していただきました。

因みにワタスがこれまでの人生でホンダ製品にお世話になったのは、小学生の頃に親父が買った1300クーペ7、高校通学に使った原付バイクのスーパーカブ、モンキー。大学時代にはシビックやハンターカブという狩猟用のカブをお洒落に?乗っていました。その現物が数十年ぶりに目の前に現れると、甘酸っぱかったりほろ苦かったり当時の思い出が蘇りテンションが上がりました。古き良き時代です。

2017-04-21 13.30.27.jpg2017-04-21 13.31.31.jpg2017-04-21 13.41.36.jpg2017-04-21 13.44.27.jpg2017-04-21 13.47.20-1.jpg

また、歴代のASIMOくんも展示されており、その進化の変遷に驚かされました。なんと最初は足だけ?でその次は足にテレビのような箱だったとは。

2017-04-21 13.31.56.jpg2017-04-21 13.32.17.jpg2017-04-21 13.33.03.jpg

なんと最新のASIMOくんは周囲の人の動きに合わせて自ら行動する「判断」能力を備え、
1. とっさに足を出して姿勢を保つ「高次元姿勢バランス」
2. 周囲の人の動きなどの変化を複数のセンサーからの情報を総合して推定する「外界認識」
3. 集めた情報から予測して、人の操作の介在なしに自ら次の行動を判断する「自律行動生成」たことによって、これまでの「自動機械」から「自律機械」へと進化しています。科学技術の進化は凄いですね。

  2017-04-21 13.33.26.jpg

その展示車やASIMOくんに感動したのもさることながら、むしろそれより感動したのは至るとこころ掲げてあるホンダ創業者であり天才技術者の名言です。

2017-04-21 13.42.59.jpg2017-04-21 13.50.54.jpg2017-04-21 13.49.22.jpg2017-04-21 13.47.53.jpg2017-04-21 13.53.25.jpg

因みに本田宗一郎さんは66歳で本田技研工業社長を退き、取締役最高顧問に就任。以降取締役も退き、終身最高顧問となられ、84歳で亡くなられました。本田さんにせよ井深さんにせよ偉大なメーカーの技術者であり経営者は作品が形に残ります。ではワタスのようにモノ作りができない経営者は何を残せばいいのでしょうか。

やはりそれは「人づくり」しかありません。

「人を喜ばせたい。」
「我々は保険をやる以上一番困難な道を歩くんだ。」
「差ではなく違いで勝つ。」
「コンサルティング力で世界一になるんだ。」
「人に役立つ人を創ろう。」

ワタスもこんな言葉を残したい(笑)いずれにせよ、名言は結果を出した人にだけ与えられる特権です。


最後に。

「人は歩みを止めた時に、そして、挑戦をあきらめた時に年老いていくのだと思います。
この道を行けばどうなるものか危ぶむなかれ。危ぶめば道はなし。
踏み出せばその一足が道となりその一足が道となる。
迷わずゆけよ。行けばわかるさ。

いくぞ〜!!!!!1、2、3、ダ〜〜〜〜〜〜〜〜〜!!!!!」


これは、アントニオ猪木の名言です・・・

2017-04-20 20.44.32.jpg

失敗を恐れず共にチャレンジする仲間を募集中です↓
http://www.holos.jp/employ/orientation-session.html


posted by 堀井計 at 22:48| 京都 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
人気ブログランキングへ